アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017/09/04 (Mon) Death Note/デスノート

death_note2017.jpg


原題    Death Note
公開    2017年
上映時間  100分
製作国   アメリカ

監督    アダム・ウィンガード
脚本    チャールズ・パーラパニズ/ヴラス・パーラパニズ/ジェレミー・スレーター

出演    ナット・ウルフ
      ラキース・スタンフィールド
      マーガレット・クアリー


あらすじ
 シアトルで警官の父親と二人暮らしをしている高校生ライト・ターナーは学校である日「デスノート」と書かれた黒いノートブックを拾う。記載されたルールによると名前を書かれた人間は何かしらの方法で死ぬという。頭は良かったものの冴えない高校生活を送っていたライトにとって、「デスノート」は最高の道具と成り得ることを確信し、学校のチアガールのミアと一緒に世の犯罪者を裁いていくことに決めた。そんなライトとミアの前に、"L"という名の匿名の探偵が立ちはだかる。





鑑賞日   17年8月26日
鑑賞方法  Netflix
評価    1.5点


レビュー
 今や漫画史に残る名作と名高い、大場つぐみと小畑健による『DEATH NOTE』。アニメはもちろん、日本ではスピンオフも含め実写映画が4本も製作され、作中の「デスノート」同様、社会現象と呼べるまでのものに発展してきました。商魂たくましいハリウッドがこんな美味しい話を逃すはずがなく、なんと10年も前から映画化の話は勧められてきたのです。しかしながら、日本漫画のハリウッド実写化の例に漏れず、製作はなかなか進展が見えず、監督探しが難航。一時はガス・ヴァン・サントやシェーン・ブラックなど有名監督や脚本家にも話が回ってきていました。その後2年ほど前に新進気鋭のホラー映画監督アダム・ウィンガードに白羽の矢が立ち、無事製作にこぎつけたのですが、結論から述べますとその出来栄えはとても無事とは言えないものでした。

 そもそも、日本の漫画だろうがアメリカのコミックだろうが、一つの壁として立ちはだかるのは生身の人間が演じるとどうしても馬鹿らしい部分が浮き彫りになってくる点でしょう。ピチピチタイツのヒーローが回りくどいやり方を好む悪役と町中を破壊しながら戦ったり、おかしな髪型の主人公がおかしなマスコットキャラクターと一緒にファンタジー世界を旅したり。アニメなどでは許せても、実際の人間が演じればおかしな部分はたくさんあります。
 漫画『DEATH NOTE』もその例から漏れることはないでしょう。そもそも名前を書くだけで人を殺すことができるノートブックというコンセプトが馬鹿げていて(読み切り版を読めばより一層わかることでしょう)、その後の頭脳戦もよくよく考えると荒唐無稽なものばかり。インターネット上でも多くの場面が切り取られ、ネタとしてジョークにされてきました。

 しかしながら、あれだけのヒットにつながったのにはもちろん理由があります。現実的な世界において人を殺すという少年誌においてギリギリの倫理観を提示し、それを肯定するキレ者を主人公に据えたこと。それに対峙する人間が、風変わりでとても普通とは言えないものの生き生きと描写された本名不詳の天才。殺人という反モラルに読者を巻き込み、それに伴うスリルと快感を共有するという点において、これほどまでにエンターテイメントを理解した漫画はないでしょう。
 日本での実写版を見た記憶があまりはっきりとしませんが、その主人公とライバルの関係性を全面的に押し出し、漫画的な部分も含め比較的原作に忠実に、なおかつ映画としても成立するよう上手に調理できていたような気がします。決して傑作ではないかもしれませんが、国内外含め多くのファンに未だ愛されているのも頷ける出来栄えでした。

 しかしながら今作はそういった原作の良さをほとんど無視し、悪い部分ばかりをより際立たせ、なおかつ大味な設定にしてしまったのです。
 まず誰もが酷いと思うことは登場人物たちの描き方でしょう。原作に比べ、主人公のライト(原作における夜神月)が普通の人間の域を出ていない点は評価できます。もちろん原作の重要なエッセンスでもありますが、夜神月の天才ぶりは上記のバカバカしさを象徴するポイントであったのも事実です。それに対し、今作ではライトが徐々に冷徹な殺人鬼になっていく点が(少しだけではありますが)垣間見え、『DEATH NOTE』という題材のポテンシャルの大きさに改めて気付かされました。しかしながら、それ以外は最低の一言で片付けられます。「デスノート」の真の持ち主である死神のリューク(ウィレム・デフォーが完璧な声色で演じてくれます)と出会った時の素っ頓狂な叫び声を聞けば、この映画の行く末に絶望しないわけにはいきません。それ以外も行動に主体性があるとは言えず、なぜこんな人物が100分の上映時間の間主人公扱いされているのか首を傾げずにはいられないでしょう。
 そしてライトが割りを食う結果になったのに対し、サイコパスとしてグイグイ主張してくるミア(原作における弥海砂)もまた原作の良さを潰しています。ミサのことを道具としてしか見ていない月と、狂信者的に月を盲信するミサの歪んだ関係性もまた、魅力の一つであったのにもかかわらず、ここでの2人はどこにでもいる殺人カップルにすぎません。さらにライトからカリスマ性が失われた分、彼女の殺人への信奉ぶりが悪い方向へと暴走し、ストーリーにおけるチープなスリルにも見事に貢献してくれます。
 最後に主人公の好敵手となるべき探偵L。原作では、風変わりで社会性が無いように見えるものの、奥底に秘めた冷静さと執念が読者を惹きつけて離しませんでした。ところがハリウッド版では脚本の組み立ての甘さにより、自分のことを天才だと思い込んでいるとんだ勘違い男に変貌を遂げてしまいました。尺の都合もあるのだとは思いますが、割と序盤から大した推理もなくライトを犯人だと決めつけ、ストーキングを繰り返し、終盤では私怨でライトを追い詰めるただのプッツン男に成り果ててます。原作そして日本版では月とLの邂逅が見ものでしたが、この映画でそれを期待してはいけません。オツムの足りていない2人が、言葉を覚えたての2歳児のように、一生懸命会話のようなものを繰り広げている場面しかありませんから。

 もちろん上記3人に全ての責任があるわけではなく、基本的には脚本家の原作への無理解が全ての原因には違いありません。いかに「デスノート」のルールが緻密に組み立てられていたか、そこを主軸とするプロットの優秀さが懐かしく思えてくるほどに、稚拙でIQの低いストーリーが終始展開されます。この手の映画で最もしてはならない「観客に疑問を抱かせる」という悪手を、製作陣はぴったり選んでしまっているのです。
 ですが、アダム・ウィンガードの監督としての手腕はあるのだと思います。日本での実写版では今ひとつ足りていなかった一つの映画としての見せ方はこちらの方が遥かに優っており、ライトの悪夢を表すかのような構図や鬱屈した映像は魅惑的と言えるまでの仕上がりです。自らのトレードマークである過激なゴア描写も彼は忘れていません(とはいえ、脚本上不要なものであることは明らかですが)。
 終盤に進めば進むほど、ただでさえ良いとは言えないストーリーに粗が出てきて、クライマックスは間違いなく失笑ものです。そしてエンディングに近づいた時、苦しみから解放されたいがために、最後に書き込まれる名前が自分であることを誰もが願わずにはいられないでしょう。

スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/09/04 (Mon) ターミネーター2

terminator2.jpg


原題    Terminator 2: Judgment Day
公開    1991年
上映時間  137分
製作国   アメリカ

監督    ジェームズ・キャメロン
脚本    ジェームズ・キャメロン/ウィリアム・ウィッシャー

出演    アーノルド・シュワルツェネッガー
      リンダ・ハミルトン
      エドワード・ファーロング


あらすじ
 サラ・コナーと未来から来た兵士カイルの活躍により、殺人サイボーグ「ターミネーター」の危機は去ったかに思われた。しかし10年後、不良少年として非行にに明け暮れていたサラの息子ジョンの前に、以前と同じ姿をしたサイボーグT-800が再び姿を表す。だが今回は未来のジョン自身によって味方として、新型ターミネーターT-1000の魔の手から子供のジョンを守るためにやって来たのである。





鑑賞日   17年9月1日
鑑賞方法  映画館
評価    4.5点


レビュー
 この映画を見るたびに、金曜ロードショーやらレンタルやらで幾度となくハラハラした思い出が浮かび上がります。それほど、個人的には思い入れの深い作品で、きっと多くの人にとっても同じような思いが募る映画ではないでしょうか。

 前作がB級スリラーの形をした、奇跡のようなSF作品なのに対し、こちらは予算をふんだんに使った見事なまでのSFアクション大作に仕上がっています。その恩恵は至る所から伺い知ることができ、かの有名な液体金属で構成されたT-1000の描写やT-800の特殊メイクまで、微々たるところも含めてパワーアップしています。また当時はCGの作成に多額の予算が必要だったためいくつかの部分は古き良きアニマトロニクスで作られていますが、それが戦いの生々しさや臨場感に拍車をかけていて、今のアクションでは見られない迫力を生み出しているとも言えます。

 今回鑑賞した3Dバージョンについては、長短両面あります。昨今のタイタニックなどの3D化同様、比較的丁寧に変換が行われているので、映像に自然な奥行きが生まれ、監督のヴィジョンに沿って各構図がいかに計算されて出来上がっているものかよく分かります。また題材がそもそも3D向きであることは明らかなので、25年ほど前の作品にもかかわらず失われていないスリルがそこにあるのです。ただやはり映像のリマスタリングも行われたせいか(もしくはCGIの発達によるものか)、当時最先端でも今の目から見ればチープさが否めないのも否定できません。もちろん、それはそれで程よいノスタルジーを生み出しているので一概に悪いものとは言えませんが。

 映画自体の内容に言及すると、アクション映画としての組み立てはほぼ完璧に近い仕上がりになっています。ターミネーターたちの正体が判明するショッピングモールでの緊迫感溢れる銃撃戦から、バイクと巨大トラックのカーチェイスが行われるド派手な場面まで、シーンごとのメリハリがはっきり付いていて、この映画において観客が飽きるということはまずあり得ないでしょう。
 前作では敵役だったT-800が味方になるという『ターミネーター2』を象徴する物語上のパーツも、ただの冒頭のどんでん返しに終わらず、登場人物同士の関係性を深める上での重要な要素の一つとなっている点も見事です。「ヒットしたから続編を作る」という必要性を感じない多くの続編映画とは異なり、世界観を広げ各々の役割について理解を深める助けになっているので、ある意味では『ターミネーター』シリーズにおいては最重要作品とも言えるのではないでしょうか。(そのターミネーター自体が不要な続編群に塗れてしまったのは皮肉という外ありませんが。)

 技術が上がった分、暴力描写もまたパワーアップしていますが、全体のトーンは逆により子供向けになったと言えるでしょう。主人公に少年のジョン・コナーを据えることで、あくまでスリラー映画として成立していた前作では成し得なかった、親子の愛情や機械に芽生える心など、共感しやすいハートフルな側面がフィーチャーされています。これについては正直なところ賛否両論あるかもしれません。いかにも80年代後半〜90年代前半にありがちなティーン向け映画のような馬鹿げた掛け合いもいくつか見受けられますし、何より殺人サイボーグとしての一種のカリスマ性を発揮していたターミネーターが不器用な笑顔を見せることにがっかりすることもあるでしょう。
 それでもなお、この映画が提示したテーマはただのSFアクションという枠組みを超え、それ以降のジャンルにおけるマイルストーンになったことは間違いありません。またシュワルツェネッガーが大幅にレベルアップした演技力で意外にもチャーミングなターミネーターを見せてくれるため、いくら前作の無骨なサイボーグが好みであっても、結局は『ターミネーター2』でのT-800も愛さずにはいられないのです。これ以降お決まりとなっていくセリフやスタイルが明確に確立された点も、映画史に残る作品としての象徴的な部分なのです。

 俳優陣の演技も申し分なく、アクションとしての出来も最高。少年時代に誰もが胸を高鳴らせた数々の展開を目にすれば、誰もこの映画を嫌いになることなどできるはずがありません。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/08/31 (Thu) ターミネーター

the_terminator.jpg


原題    The Terminator
公開    1984年
上映時間  108分
製作国   アメリカ

監督    ジェームズ・キャメロン
脚本    ジェームズ・キャメロン/ゲイル・アン・ハード

出演    アーノルド・シュワルツェネッガー
      マイケル・ビーン
      リンダ・ハミルトン


あらすじ
 近未来の世界では人間と機械の間で戦争が行われており、一時絶滅の危機に追い込まれた人間たちだったが、一人の男ジョン・コナーの指揮のもと、次第に優勢へと転じていた。しかしジョンの存在そのものを消すために、機械軍を指揮する人工知能スカイネットは殺人サイボーグ「ターミネーター」を、ジョンが生まれる前のロサンゼルスへと送り込んだ。
 知らないうちに危機にさらされることになったジョンの未来の母親サラを救うため、人間側から兵士カイル・リースもまた送り込まれ、ターミネーターとの戦いを繰り広げる。





鑑賞日   17年8月31日
鑑賞方法  Hulu
評価    4.5点


レビュー
 ジェームズ・キャメロン自身の手による2作が製作された後、大型フランチャイズと化した『ターミネーター』シリーズですが、後年のいくつかの作品は正直な話できがいいと言える代物でないものもありました。しかしながらB級映画のコンセプトを見事なSFアクションへと流用した本作は紛れもない傑作でしょう。

 これ以降手がける作品が軒並み高予算の超大作ばかりとなるキャメロン監督ですが、『ターミネーター』を見るたびに、彼の手がける映画の面白さは予算のおかげではなく彼の才能によるものだと再確認させられます。低予算であること、スターとはまだ言えない出演陣、あまりにも特徴的すぎる訛りを持つ筋肉男。ぱっと並べただけでも失敗しそうな要素ばかりですが、それらを逆転の発想で使いこなし、緊迫感溢れる一級品に仕上げてしまうのは神業と言う他ないでしょう。

 もちろん監督の腕前のみならず、メインの3人がとても良い仕事をしている点も映画の素晴らしさのひとつになっています。どちらかというと押しの弱いタイプのリンダ・ハミルトン演じるサラ・コナーが、続編『ターミネーター2』で見られるような"強い女性"に変貌していく様はとても丁寧に描かれています。本作中では目に見える行動で示すわけではないものの、表情の作り方や口調からその強い意志が伝わり、彼女こそシリーズの中心であることを改めて思い知らされるのです。
 今や完全なB級映画でしかお目にかかれなくなったマイケル・ビーンもまた、80年代当時はピークにあったことをどんな人間でも理解できるでしょう。荒廃した未来世界で過ごした男が、写真でしか知ることのなかった女性を目の前に恋に落ちるという、文面にするとバカみたいなシチュエーションでも、彼の瞳を見れば納得してしまうというものです。

 そして何と言ってもアーノルド・シュワルツェネッガー。映画史においてこれほどアイコニックな悪役はダース・ベイダーぐらいのものでしょう。サイボーグであれば関係ないはずなのに鍛え上げられた筋肉や、80年代特有のレザーファッション、そしてきちんと理由付けがされているサングラスという3点セットは、数々のパロディになりながらもやはり本物を見ると心惹かれてしまいます。
 ほとんど口を開かず、たまに話したかと思えば棒読み気味のオーストリア訛りで"I'll be back."。ほとんどSF要素が見当たらないのに、彼の演技が妙にSF感を醸し出しているのも、まさに奇跡です。皮肉に聞こえるかもしれませんが、だれでも1度目にすれば2度と忘れることのないほど印象的なのですから、間違いなく名演と言えます。

 当然、CGIのチープさやあくまでB級である点など、現在の視点から見れば目につく点は多々あるものの、数あるSF・アクション映画でこれほど面白い映画は未だになかなか出会えないでしょう。まだ見たことがないなら今すぐにでも見る必要があるでしょうし、見たことがあるなら何度だって見るべき真の傑作です。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/08/30 (Wed) 俺たちポップスター

popstar.jpg


原題    Popstar: Never Stop Never Stopping
公開    2016年
上映時間  86分
製作国   アメリカ

監督    アキヴァ・シェイファー/ヨーマ・タコンヌ
脚本    アンディ・サムバーグ/アキヴァ・シェイファー/ヨーマ・タコンヌ

出演    アンディ・サムバーグ
      アキヴァ・シェイファー
      ヨーマ・タコンヌ


あらすじ
 ラップ・グループの『スタイル・ボーイズ』として一世を風靡したコナー・ローレンス・オーウェンの3人だったが、次第にコナーにばかりスポットライトが当たるようになり、彼の身勝手な性格も重なりグループは解散してしまう。そしてグループ解散後、ソロとして成功を収めたコナーの栄光と没落の軌跡をカメラは追うことになる。





鑑賞日   17年8月30日
鑑賞方法  映画館
評価    4点


レビュー
 ロブ・ライナーによる『スパイナル・タップ』は、80年代当時大仰しいまでに成長を遂げたロック界への愛と風刺を描いた傑作モキュメンタリー(ドキュメンタリー風のフィクション)でした。いくつかの媒体でも「21世紀版スパイナル・タップ」と評された本作は、馬鹿げた外見に反して、意外にもテーマに真摯に向き合って作られたもう一つの傑作なのです。

 21世紀のアメリカ音楽界を舞台にする以上、その標的となるのは間違いなく肥大化したポップミュージックに他なりません。ありきたりなメロディ、意味のない歌詞の繰り返し、しつこいほどのラップパート。そのようないわゆるステレオタイプを的確に観察し模倣した曲を冒頭から湯水のように使用し、観客をエゴの渦巻く世界へと映画は放り込みます。(ただし関わっているミュージシャンが大物ばかりなので、「あれ、いいなぁこの曲」とそのキャッチーさに多くの人は惹かれるでしょう。)

 もちろんパロディはそれだけにとどまらず、ポップアイコンそのものにも切り込んでいきます。今回主役であるコナーは、昨今話題に上がるスターたちの悪いところの寄せ集めのようなキャラクターです。取り巻きを侍らせ、自分が王様だと言わんばかりに傍若無人に振る舞いますが、数々のプロデューサーを揃えた自作のソロアルバムは大爆死。その自作の曲も、社会へのピントのずれた提言や女性蔑視に塗れ、そのひどい私生活も相待って多くの批判にさらされていきます。不思議なことに、ここまで極端でなくとも似たような人間が思い当たってしまう点がこの映画の怖いところでしょう。

 上記のような直接的に音楽に関わる部分はもちろんのこと、その他の馬鹿げた小ネタも含め、かなり念入りに構成されているので妙な信憑性を持っているところから製作陣の力の入れ具合がわかります。監督・製作・脚本・主演を担当した『ロンリー・アイランド(3人組のコメディグループ)』が自分たち自身の関係性をそのまま劇中の役に取り入れている点も、不思議なリアリティに一役買っているのでしょう。バラバラだった3人が如何に仲直りするのかという物語上の軸になるエピソードがなかなか感動的なのも頷けます。

 惜しむべきは、その仲違いした『スタイル・ボーイズ』の関係に話がフォーカスしていくので、前半では怒涛の勢いで描かれた風刺的描写が次第に薄れていくことでしょう。モキュメンタリーというスタイルが唯一無二の価値を生み出していたにもかかわらず、最終的にそこから離れてしまっては普通のフィクションのコメディ映画と大差ありません。ドキュメンタリータッチという構図から軸足を動かさなければ、真の意味での「21世紀版スパイナル・タップ」になれたかもしれません。

 そのような欠点はあるものの、それがこの映画の笑いの要素を損なうようなことはありません。アメリカ音楽を知る人ほど、「俺たちポップスター」の馬鹿げたパロディに終始笑わされることに違いはないのですから。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/08/12 (Sat) ザ・ロック

the_rock.jpg


原題    The Rock
公開    1996年
上映時間  136分
製作国   アメリカ

監督    マイケル・ベイ
脚本    デヴィッド・ウェイスバーグ/ダグラス・S・クック/マーク・ロスナー

出演    ショーン・コネリー
      ニコラス・ケイジ
      エド・ハリス


あらすじ
 その昔海兵隊の英雄として名を馳せていたハメル准将は、ある作戦に参加した部下たちがアメリカ政府によって見殺しにされた事実に、不満を抱いていた。彼らの遺族への賠償金を勝ち取るために実力行使に出た准将たちはアルカトラズ島を占拠し、要求が通らなければサンフランシスコの街をガス兵器で攻撃すると政府を脅迫する。
 そんな彼らの作戦を止めるために、FBIの科学班に所属するグッドスピードは元アルカトラズ刑務所の囚人メイソンと共に、テロリストの巣食うアルカトラズに潜入する。





鑑賞日   17年8月4日
鑑賞方法  Blu-ray
評価    3.5点


レビュー
 基本的にはいつものマイケル・ベイと同じく、ほとんどあってないような脚本に、アクションに次ぐアクションを肉付けしたという構成になっています。しかしこの『ザ・ロック』は、おそらく彼の作品の中でもっとも良心的な存在と言えるのではないでしょうか。

 正直な話、テロリスト集団の計画性やシールズ部隊による作戦の甘さなど、あまりに馬鹿げた点も多くジョークにすらならないような点も数多くあります。すべては主演の2人にスポットを当てるための駒でしかなく、どのキャラクターが戦死しようが、こちらにはこれっぽちも同情する気が起きません。
 ただし決してそれは間違っていることではなく、この映画においては正しい選択なのです。徹底的にメインのキャラクターのみを追うことで少なくとも本筋に関してはとてもテンポが良くなり、まさに手に汗握る展開が待ち受けるのです。

 もちろんこれだけだと、その他の彼の作品と大差ありません。主演に焦点が当たるということは、当然彼らに魅力がなければ話になりません。その点、ニコラス・ケイジとショーン・コネリーという2人なら間違い無いと言えるでしょう。
 普段のシーンですら大味な演技になってしまうケイジと007時代からほとんど進歩の見えないコネリーは、作品によっては最悪な相性となり得るでしょうが、このアクション大作においては完璧なコンビネーションを発揮しています。繊細な若者と大胆不敵な老人という組み合わせもユニークで、彼らの掛け合いを見られるだけで前後の茶番も許せてしまうというものです。

 そして何と言ってもエド・ハリス演じるハメル准将。誇り高い軍人としての側面を強く見せ、紋切り型のテロリストのボスには決してなりません。脚本段階から彼のキャラクターに深く切り込んだおかげで、薄っぺらなはずの敵味方の関係性に重厚感が表れ、不思議とセリフにも詩的なトーンが生まれてくるのです。

 いくつかの構成の甘さは鼻につくものの、トータルとして見ればそれすらも魅力に変えてしまうような力強さを『ザ・ロック』は持っています。『バッドボーイズ』が往年アクション映画の模倣に過ぎなかったのに対し、この映画はそのものがクラシックとなりうるのです。傑作とは言いがたいかもしれませんが、思い出した時に何度でも見てしまう映画には違いありません。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント