アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2017/10/06 (Fri) みんな〜やってるか!

getting_any.jpg


英題    Getting Any?
公開    1995年
上映時間  110分
製作国   日本

監督    北野武
脚本    北野武

出演    ダンカン 他


あらすじ
 とにかく冴えない男、朝男は女とセックスがしたくて仕方がなかった。自分の夢と欲望を現実にするために行動を起こすも、頓珍漢な自分自身のせいでうまくいかず、当然女たちには見向きもされない。それに加えて朝男の周囲もどうしようもない人間ばかりとくれば、ただ事では済まないのである。





鑑賞日   17年10月5日
鑑賞方法  DVD
評価    2点


レビュー
 コメディ映画というものを実際に面白おかしく作り上げるのは相当の努力が必要になるでしょう。最低でも1時間半はあるであろう長尺の間、観客を笑いの渦に飲み込むのは作り手に相応のセンスが求められるのです。お笑い界そして映画界のどちらでも重鎮となったビートたけしにとっても、「笑える映画」は一つ大きな目標として掲げられていたのでしょう。少なくとも、この映画がそれを成し遂げられていないことは明白ですが。

 正直、筋らしい筋はほとんどありません。本当にあらすじの通りで、(エロ目的以外)ほとんど表情の動かないダンカンが演じる朝男が、ナンパを成功させるために馬鹿げた計画を繰り返します。結果的に彼自身の知能の低さと、いまいち噛み合わない周囲の人間のせいでもちろん失敗はするのですが。
 意外にもこのメインとなるコンセプトは悪くないのです。むしろ他の映画においてたけしがよくテーマに使っていた「狂気」や「執念」がそっくりそのまま「性欲」に変わっているだけで、わずかではありますがその異常性に対する気味の悪さには共通するものがあります。特に監督第二作の『3-4x10月』とは、メインの役柄にダンカンを使っていることもあり、「若者の狂気」という意味でもいくつかの類似性が見られます。このような点から推測されるに、おそらく監督の本来の意図は、通常であればくだらないと一蹴されるような妄想や性癖が、現実世界における私たちが持つような既成概念をぶち壊していく様を映し出したかったのでしょう。

 しかしながらその「馬鹿馬鹿しい世界」を本気で作り上げようという製作陣の心意気があまり見えないのが、このコメディにおける最大の難点なのです。
 圧倒的に目につく構造上の問題では、趣旨から外れた多すぎる小ネタが真っ先に上がるでしょう。上記の序盤のコンセプトを放棄し、時事ネタとも言えないくだらないパロディや本筋に必要のないキャラクターへのフォーカスなど、やりたいことをひたすら詰め合わせたかのような乱雑さばかりが次第に目につくようになります。もちろん、脈絡のない展開自体を一種のシュルレアリスムとして捉えるという見方もできますが、それでもより深い抽象度を持った主軸は必要不可欠であり、中盤以降の展開にはそれがまったく見受けられません。

 また内容以前の問題で、セットや備品のチープさが完全に悪い方向へと作用しているのも欠点と言えます。単純に地上波で流れるコント以下のクオリティに見えるという理由もありますが、何よりその不真面目さが「馬鹿げている」はずのストーリーを丸々多いかぶしてしまっているのです。
 実のところ、これは登場人物たちの配置においても同様の説明ができます。本来ならば主演のダンカンがこのめちゃくちゃなストーリーを引っ張っていかなければいかないところを、監督が目指す「馬鹿げた世界」の小道具の一つに成り下がり、誰も彼もがバカをやることで、本当にめちゃくちゃになってしまったのです。
 北野映画において見どころとなる点の一つに「シリアスな場面に潜む笑い」があります。彼はそれをよく理解しているにも関わらず、ここではその技法をあえて放棄し、真逆の表現、すなわち何もかもが緩んだままの場面を延々と繰り広げる展開を選択してしまいました。全体において、そういった緩急の見極めが甘い点も、面白くないコメディに仕上がった遠因と言えるでしょう。

 でも「最悪」になることを回避しているのは、評論家の淀川長治も言及したように、古き良きスラップスティックな仕掛けが随所に加えられている点なのです。朝男が殺し屋に勘違いされ組員と協力関係を結ぶ(おそらく作中で最も意味のないくだらない)展開では、繰り返し行われるギャグが不思議と笑いを生み、あと一歩で飽きるところをギリギリのところで止めています。終盤のたけし自身が「透明人間推進協会・会長」として登場する際のエピソードも、ベタもいいところではありますが、本筋に戻ってきたこともあってなかなか悪くないのです。(とはいえ、そのあとの『ザ・フライ』のパロディから始まるおふざけは蛇足もいいところですが。)

 全体を通して見ると、監督の目標が成し遂げられていれば、一転して傑作に変わっていたかもしれない可能性はちらほら見受けられます。ですが、出来上がったのはこれなのです。とてもじゃないけど、褒められない。でもガダルカナル・タカの”あれ”を見て笑ってしまった以上、自分はこの映画が好きなのかもしれないとも思ってしまうのです。

スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/28 (Fri) バッドボーイズ

bad_boys.jpg


原題    Bad Boys
公開    1995年
上映時間  119分
製作国   アメリカ

監督    マイケル・ベイ
脚本    マイケル・バリー/ジム・マルホランド/ダグ・リチャードソン

出演    マーティン・ローレンス
      ウィル・スミス
      ティア・レオーニ


あらすじ
 マフィアから押収した1億ドル相当のヘロインが何者かに盗まれ、麻薬課の刑事であるマーカスとマイクは捜査を命じられる。浮かれた犯人グループの一人がコールガールを呼んだことをきっかけに、一般人のジュリーは事件に巻き込まれ、2人に事件解決まで匿ってもらうことになる。





鑑賞日   17年7月28日
鑑賞方法  Netflix
評価    2点


レビュー
 CMやMVの監督として名を馳せていたマイケル・ベイによる初の長編作品です。典型的な彼の作品のイメージである爆発に次ぐ爆発や、無意味に登場するセクシーな女性など、この時から彼が何も変わっていないことを確認できて、嬉しいような悲しいような気持ちです。

 おそらく世間的にはマイケル・ベイの、というよりは主演のマーティン・ローレンスとウィル・スミスが出演する映画としてのイメージの方が強いのではないでしょうか。コメディアンだったローレンスを(コメディ要素のあるものばかりではあるが)映画俳優にし、ヒップホップの歌手であったウィル・スミスをスターにしたのですから、ある意味では映画業界に貢献しているでしょう。他にも手持ちカメラを多用したクローズアップやCM・MVから流用した当時最先端のスタイルが、90年代後半に作られた数々のアクション映画に影響を与えたのも事実です。

 ですが今現在、いざこの映画を見ると、そういった印象は全く受けません。それどころか、典型的な90年代の時代遅れの産物そのものなのです。
 まず初っ端から鼻につくのは、MTVにでも出てくるかのような色調と構図です。当時は最高にイケていたのかもしれませんが、こういった時代を象徴するものはいつしか廃れるものです。端的にいってしまえば、最高にダサい。そのわざとらしいカット割りが、いかにもブラックカルチャーを悪い意味で取り込んでいる白人的なのも最低です。

 言わずもがなですが、プロットは無いに等しいです。敵の思惑や心情など、どんなアクション映画でも提示される情報は何も無く、ただただ無意味な会話を繰り広げ、銃撃戦をしたいがために死んでいきます。おそらく銃撃戦をすることをまず始めに考え、そのあと脚本の肉付けをしていったのでしょうが、その肉付けが最悪なのです。マーカスとマイクがしばらくの間入れ替わる展開は尺を持たせるためだけに作られたことは明らかで、それ自体は面白くともなんともありません。他のキャラクターも無理やり問題を起こしているだけで、何一つ自然な流れはここには無いのです。

 もちろん「アクション映画なんだからそんなものだろう」という話もあります。しかし、そのバカらしさの中にも説得力を持たせることは非常に重要なことであり、観客には脚本上の欠陥やおかしなセリフを意識させてはいけないのです。『バッドボーイズ』はそれがまったくできておらず、中学生になりたての男子が繰り広げるような、大人には苦痛な会話劇が繰り広げられるのです。劇中、ジュリーが敵に投げかける「Do you go to college?」(字幕では「下品ね」)という言葉は、まさしくこの映画の製作陣にも聞いてみるべきでしょう。

 ここまで苦言ばかり呈してきましたが、悪い点ばかりではありません。実のところ、メインの人間の演技たちはなかなか上手なのです。
 ローレンスが出る場面は、セリフは面白くともなんとも無いにもかかわらず、不思議と笑みがこぼれ、彼がマーカスというキャラクターを上手く自分の中で解釈しているのがわかります。そこにウィル・スミスが加われば、飽きが来そうな展開にも観客はついていくことができるでしょう。スミスは主役級を演じるのがほぼ初めてにもかかわらず、非常に安定した演技を見せ、そのあと大ブレイクするのも頷けます。
 ヒロインを演じたレオーニは、突拍子も無いキャラクターを(しかも女性蔑視としか思えないミニスカートを履かされて)押し付けられたにも関わらず、不思議なことに説得力があるのです。決して名演技ではありませんが、後半に進むほど良くなっていくのには驚かされました。

 結局のところ、骨格自体が古き良き刑事ものやバディもののパクリで、今となってはアクションシーンも古びている以上、今更見る価値はないことは明白です。でも多くの量産された酷いアクション映画同様、『バッドボーイズ』にもノスタルジアを感じる人がいるのであれば、この映画がレンタルコーナーに並ぶ価値はあり続けるのです。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2013/03/31 (Sun) 名探偵コナン 水平線上の陰謀(家で鑑賞)

名探偵コナン 水平線上の陰謀

公開   2005年
上映時間 107分

監督   山本泰一郎
脚本   古市一成
原作   青山剛昌『名探偵コナン』

声の出演 高山みなみ ···江戸川コナン
     山崎和佳奈 ···毛利蘭
     神谷明   ···毛利小五郎


あらすじ
 コナンとその仲間たちは園子の計らいで、豪華客船「アフロディーテ号」の処女航海に招待された。一行はおおいにクルーズを楽しんでいたが、船内でのかくれんぼの最中に園子が何者かに拉致・監禁されてしまう。コナンの推理によって無事に助け出される園子。しかし今度は、八代造船の社長・八代貴江が何者かに刺殺され、会長の八代延太郎も行方不明になってしまう…。


評価:2点(5点中)


レビュー
 色々とツッコミどころはあるが、「名探偵コナン」シリーズにそういうのは野暮というものだろう。
 でも、一応レビューだから(笑)。

 まずミステリーとしてはかなり展開が甘い。どうでも良いシーン(少年探偵団のかくれんぼ、蘭の回想などなど)が多くて、事件の本筋がかなり荒くなっているのだ。犯人のバックグラウンドがほとんど描かれないのもマイナスポイントである。
 何よりもいらないのが、蘭の「助けて…新一…」のくだり。いや確かに「コナン」シリーズでは一つの重要な要素だし、メインに持ってくるのも分かる。大抵の場合見ていて苦笑するレベルだが、ファンは定番を求めているのだから、当然必要なわけだ。
 
 だが今回の脚本ではどう考えても不必要だ。なぜなら今回一番光っているのは「おっちゃん」こと毛利小五郎だからだ。彼が見せたどんでん返しは、この映画一番の見所であり、いつものおちゃらけた感じから一転、最高にキマってる。(まあ私が個人的に「毛利小五郎が活躍する回」が好きなのもあるが)
 だからこそ「新一…」は不必要であり、むしろ入れたことで終盤はグダグダになってしまった。誰だって蘭が助かることを知っているから、スペクタルも糞もない。

 とは言っても、見ている間はなんだかんだ楽しんでしまった。劇場版の中では意外性のある展開も含め、総合的にはまあまあな出来だと思う。
 そもそも見に行く人は一般的なミステリーを求めているのではなく、「名探偵コナン」を見に来ているのだからこれで良いのだろう。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2012/03/19 (Mon) スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 3D(映画館で鑑賞)

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス 3D
 
監督 ジョージ・ルーカス
出演 リーアム・ニーソン
   ユアン・マクレガー
   ナタリー・ポートマン

あらすじ
 平和な惑星ナブーが銀河通商連合に襲撃され、事件の調査に向かったジェダイ騎士クワイ=ガン・ジンとそのパダワンのオビ=ワン・ケノービは、宇宙船の不調で砂の惑星タトゥイーンに不時着する。そこで出会った9歳の少年アナキンの中に秘められたフォースの力を感じたクワイ=ガンは、アナキンをジェダイ騎士団に入団させようとする。

評価 SWファンとして:5点  映画オタクとして:2点(5点中)

レビュー
(スター・ウォーズファンとして)
 ああ、もう最高!!映画館でエピソード1が拝めるなんて!しかも3D!第三世代のファンの僕にとってはスター・ウォーズを映画館で見るまたとない機会。もう今なら死ねる。あ、全6作見てからじゃないと死ねない。うわ、まじで最高ぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!!!!

(映画オタクとして)
 私はスター・ウォーズが好きだ。というか愛していると言っても過言ではない。初めて本気でのめり込んだのがこの映画だからだ。だから全作が3D上映されると聞いたとき、胸が躍った。実際、3D効果はすごかった。特にぽっ土レースのシーンはより迫力が増していて、きらびやかに光るライトセーバーもいつもより前に出ていた。
 だが内容は正直言って最悪だ。期待した分だけがっかりした。
 まずキャラクターから。クワイ=ガン・ジンは重い。存在そのものもそうだし、リーアム・ニーソンがアクションに不慣れなのか動きに切れがない。なんで今まで殺されなかったのか不思議なくらいだ。オビ=ワン・ケノービは存在感がなさ過ぎる。ユアン・マクレガーがとても演技力があって素晴らしい俳優なのに、台詞がないから何も出来ない。ナタリー・ポートマン演じるクイーン・アミダラは薄っぺらいの一言に尽きる。ポートマンはご存じの通り演技力があるのに、こんな誰でも演じられそうな役じゃどうしようもない。例外として悪役のダース・モールは(戦闘シーンはそんなに無いのに)存在感はばっちりだ。これ一回しか出ていないのが悔やまれる。しかし他のキャラクターを全部吹き飛ばすほど酷いキャラクターは存在した。アナキン・スカイウォーカーとジャー・ジャー・ビンクスだ。前者は純粋でかわいいだけで、とてもじゃないがダース・ベイダーになる子供には見えない。いちいちリアクションがガキっぽくて見てられない。後者は言わずもがな。ただいるだけでイライラする。
 そしてストーリー。2時間ちょっとの映画なのになんでこんなに長く感じるのか。それは切れのないアクションシーンと無駄な場面が数多く挿入されているからだろう。唯一ポッドレースだけは最高だ。でも肝心のライトセーバーで戦うシーンが期待させるほど面白くないのだ。銃撃戦でも戦ってるのがナブーの兵士だからか、どこか「のほほん」とした感じを覚えさせる。台詞も馬鹿みたいな物が多い。
 この際はっきり言おう。ファントム・メナスはスター・ウォーズ・シリーズとしてもアクション映画としてもSF映画としても落第点だ。もちろん旧三部作の足下にも及ばない。おそらく第1世代、第2世代のファンはジョージ・ルーカスに期待していた。旧三部作のようなスリルあふれる冒険活劇をまた蘇らせてくれると。だがルーカスはどこかに魂を売ってしまったらしい。

追記
 それとルーカスアーツが新しいメディアでスター・ウォーズを再発し直すたびに、修正を加えるのも気にくわない。いや、修正すべき点も多くあるが、それにしても蛇足だ。今回はエピソード1だから目立つのはヨーダぐらいだが、九3部作に至っては・・・

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/25 (Mon) 想い出の微笑(家で鑑賞)

想い出の微笑

監督 ダイアン・キートン
出演 アンディ・マクダウェル
   ジョン・タトゥーロ
   マイケル・リチャーズ

あらすじ
 両親と妹と幸せな日々を送っていた12歳のスティーブン。母が余命わずかと知り、動揺したスティーブンは、風変わりな2人のおじの家でしばらく過ごすことにするが、そこでの生活は奇想天外なものだった...。
 スティーブンは、彼らとの共同生活を通して大人へと成長していく...。

評価 2点(5点中)

レビュー
 好きになりたいのに好きになれない映画だった。
 この物語で描きたいのは「愛する人の死を前に揺れ動く父親と子供」だったはずなのに「変人」なのか「常人」なのかいまいちはっきりとしない父親の陰が薄すぎて、テーマがどっかへいってしまっている。叔父達の「変人」度が強すぎて「スティーブンと叔父達」に比重が置かれているように見える。父親を演じるジョン・タトゥーロは今回ばかりは「常人っぽい変人」という持ち味を生かせなかった。
 でも、後半になると家族の絆が見えてきて少しずつ気分が盛り上がる。ストーリーに起伏が欠けるためいまいち盛り上がらないが、母親を撮影したフィルム、つまり「想い出」により感動はさせられる。
 スティーブンの死に対する考えの甘さ(子供っぽい)、父親の陰の薄さ、強烈すぎる叔父がそれぞれかみ合っていない。でもその全員が集合したときは不思議なマジックが起きる。子供っぽいと思っていたら大人だったり、しっかりしているようで全然だったりする。すごく好きにはなれないが一度は見てみても良いだろう。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。