アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/03/31 (Sun) 名探偵コナン 水平線上の陰謀(家で鑑賞)

名探偵コナン 水平線上の陰謀

公開   2005年
上映時間 107分

監督   山本泰一郎
脚本   古市一成
原作   青山剛昌『名探偵コナン』

声の出演 高山みなみ ···江戸川コナン
     山崎和佳奈 ···毛利蘭
     神谷明   ···毛利小五郎


あらすじ
 コナンとその仲間たちは園子の計らいで、豪華客船「アフロディーテ号」の処女航海に招待された。一行はおおいにクルーズを楽しんでいたが、船内でのかくれんぼの最中に園子が何者かに拉致・監禁されてしまう。コナンの推理によって無事に助け出される園子。しかし今度は、八代造船の社長・八代貴江が何者かに刺殺され、会長の八代延太郎も行方不明になってしまう…。


評価:2点(5点中)


レビュー
 色々とツッコミどころはあるが、「名探偵コナン」シリーズにそういうのは野暮というものだろう。
 でも、一応レビューだから(笑)。

 まずミステリーとしてはかなり展開が甘い。どうでも良いシーン(少年探偵団のかくれんぼ、蘭の回想などなど)が多くて、事件の本筋がかなり荒くなっているのだ。犯人のバックグラウンドがほとんど描かれないのもマイナスポイントである。
 何よりもいらないのが、蘭の「助けて…新一…」のくだり。いや確かに「コナン」シリーズでは一つの重要な要素だし、メインに持ってくるのも分かる。大抵の場合見ていて苦笑するレベルだが、ファンは定番を求めているのだから、当然必要なわけだ。
 
 だが今回の脚本ではどう考えても不必要だ。なぜなら今回一番光っているのは「おっちゃん」こと毛利小五郎だからだ。彼が見せたどんでん返しは、この映画一番の見所であり、いつものおちゃらけた感じから一転、最高にキマってる。(まあ私が個人的に「毛利小五郎が活躍する回」が好きなのもあるが)
 だからこそ「新一…」は不必要であり、むしろ入れたことで終盤はグダグダになってしまった。誰だって蘭が助かることを知っているから、スペクタルも糞もない。

 とは言っても、見ている間はなんだかんだ楽しんでしまった。劇場版の中では意外性のある展開も含め、総合的にはまあまあな出来だと思う。
 そもそも見に行く人は一般的なミステリーを求めているのではなく、「名探偵コナン」を見に来ているのだからこれで良いのだろう。

スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2012/03/19 (Mon) スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 3D(映画館で鑑賞)

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス 3D
 
監督 ジョージ・ルーカス
出演 リーアム・ニーソン
   ユアン・マクレガー
   ナタリー・ポートマン

あらすじ
 平和な惑星ナブーが銀河通商連合に襲撃され、事件の調査に向かったジェダイ騎士クワイ=ガン・ジンとそのパダワンのオビ=ワン・ケノービは、宇宙船の不調で砂の惑星タトゥイーンに不時着する。そこで出会った9歳の少年アナキンの中に秘められたフォースの力を感じたクワイ=ガンは、アナキンをジェダイ騎士団に入団させようとする。

評価 SWファンとして:5点  映画オタクとして:2点(5点中)

レビュー
(スター・ウォーズファンとして)
 ああ、もう最高!!映画館でエピソード1が拝めるなんて!しかも3D!第三世代のファンの僕にとってはスター・ウォーズを映画館で見るまたとない機会。もう今なら死ねる。あ、全6作見てからじゃないと死ねない。うわ、まじで最高ぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!!!!

(映画オタクとして)
 私はスター・ウォーズが好きだ。というか愛していると言っても過言ではない。初めて本気でのめり込んだのがこの映画だからだ。だから全作が3D上映されると聞いたとき、胸が躍った。実際、3D効果はすごかった。特にぽっ土レースのシーンはより迫力が増していて、きらびやかに光るライトセーバーもいつもより前に出ていた。
 だが内容は正直言って最悪だ。期待した分だけがっかりした。
 まずキャラクターから。クワイ=ガン・ジンは重い。存在そのものもそうだし、リーアム・ニーソンがアクションに不慣れなのか動きに切れがない。なんで今まで殺されなかったのか不思議なくらいだ。オビ=ワン・ケノービは存在感がなさ過ぎる。ユアン・マクレガーがとても演技力があって素晴らしい俳優なのに、台詞がないから何も出来ない。ナタリー・ポートマン演じるクイーン・アミダラは薄っぺらいの一言に尽きる。ポートマンはご存じの通り演技力があるのに、こんな誰でも演じられそうな役じゃどうしようもない。例外として悪役のダース・モールは(戦闘シーンはそんなに無いのに)存在感はばっちりだ。これ一回しか出ていないのが悔やまれる。しかし他のキャラクターを全部吹き飛ばすほど酷いキャラクターは存在した。アナキン・スカイウォーカーとジャー・ジャー・ビンクスだ。前者は純粋でかわいいだけで、とてもじゃないがダース・ベイダーになる子供には見えない。いちいちリアクションがガキっぽくて見てられない。後者は言わずもがな。ただいるだけでイライラする。
 そしてストーリー。2時間ちょっとの映画なのになんでこんなに長く感じるのか。それは切れのないアクションシーンと無駄な場面が数多く挿入されているからだろう。唯一ポッドレースだけは最高だ。でも肝心のライトセーバーで戦うシーンが期待させるほど面白くないのだ。銃撃戦でも戦ってるのがナブーの兵士だからか、どこか「のほほん」とした感じを覚えさせる。台詞も馬鹿みたいな物が多い。
 この際はっきり言おう。ファントム・メナスはスター・ウォーズ・シリーズとしてもアクション映画としてもSF映画としても落第点だ。もちろん旧三部作の足下にも及ばない。おそらく第1世代、第2世代のファンはジョージ・ルーカスに期待していた。旧三部作のようなスリルあふれる冒険活劇をまた蘇らせてくれると。だがルーカスはどこかに魂を売ってしまったらしい。

追記
 それとルーカスアーツが新しいメディアでスター・ウォーズを再発し直すたびに、修正を加えるのも気にくわない。いや、修正すべき点も多くあるが、それにしても蛇足だ。今回はエピソード1だから目立つのはヨーダぐらいだが、九3部作に至っては・・・

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/25 (Mon) 想い出の微笑(家で鑑賞)

想い出の微笑

監督 ダイアン・キートン
出演 アンディ・マクダウェル
   ジョン・タトゥーロ
   マイケル・リチャーズ

あらすじ
 両親と妹と幸せな日々を送っていた12歳のスティーブン。母が余命わずかと知り、動揺したスティーブンは、風変わりな2人のおじの家でしばらく過ごすことにするが、そこでの生活は奇想天外なものだった...。
 スティーブンは、彼らとの共同生活を通して大人へと成長していく...。

評価 2点(5点中)

レビュー
 好きになりたいのに好きになれない映画だった。
 この物語で描きたいのは「愛する人の死を前に揺れ動く父親と子供」だったはずなのに「変人」なのか「常人」なのかいまいちはっきりとしない父親の陰が薄すぎて、テーマがどっかへいってしまっている。叔父達の「変人」度が強すぎて「スティーブンと叔父達」に比重が置かれているように見える。父親を演じるジョン・タトゥーロは今回ばかりは「常人っぽい変人」という持ち味を生かせなかった。
 でも、後半になると家族の絆が見えてきて少しずつ気分が盛り上がる。ストーリーに起伏が欠けるためいまいち盛り上がらないが、母親を撮影したフィルム、つまり「想い出」により感動はさせられる。
 スティーブンの死に対する考えの甘さ(子供っぽい)、父親の陰の薄さ、強烈すぎる叔父がそれぞれかみ合っていない。でもその全員が集合したときは不思議なマジックが起きる。子供っぽいと思っていたら大人だったり、しっかりしているようで全然だったりする。すごく好きにはなれないが一度は見てみても良いだろう。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2011/01/30 (Sun) グリーン・ホーネット

グリーン・ホーネット

監督 ミシェル・ゴンドリー
出演 セス・ローゲン
   ジェイ・チョウ
   キャメロン・ディアス


あらすじ
 新聞社の若き社長ブリット・リードが、緑のスーツとマスク姿の正義のヒーロー“グリーン・ホーネット”となって夜な夜な悪に立ち向かう姿を描いた60年代の人気TVドラマを映画化。


評価 Lv.4

レビュー
 覆面ヒーローアクションは映画館で久々に見た。んで、率直な感想だが「微妙」。明らかにジャンルとしてはアクション・コメディを狙っているのに、全体的に中途半端さが目立つ。笑えるシーンは思い切り笑えるわけではないし、アクションシーンもすごく迫力があるというわけではない。だって肝心のクライマックス・シーンよりもそこらへんのチンピラをたたきのめすシーンの方がおもしろかった。ネタはすごくいいのだから、もっと馬鹿さ加減を強くしてほしかった。
 でも個人的にはヒーロー物が好物だし、ブラック・ビューティー(専用車)のガジェットもメチャクチャ格好良かった。でもそれだけだ。

レビュー | trackback(0) | comment(2) |


2009/10/18 (Sun) ワイルドスピードMAX レビュー

20091009_1024938ワイルドスピードMAX

見てきました。ヾ(´ω`=´ω`)ノ<イェーイ

とりあえず、見た感想はLv.10の中でLv.4だったかなぁ。(・∀・)つ



これよりネタバレ注意






まず、良いところは、
1.やっぱりあのカーレースのシーンは最高だったね。
                        ・


以上
というよりかはほかのシーン(ドミニクとブライアンのたわいもない会話)は
薄っぺらい人間たちにしか見えない。ドミニクの彼女レティもあっさり死んでドミニクも悲しんでいたのははじめの方だけで結局はカーレースそのものを楽しんでしまっていた。
ブラガと共にいた女(名前忘れた。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ)とドミニクの恋バナが発展するかと思いきやちょっと手伝っただけで後は何にもしていない。
まあ、ストリートレースのときは面白かったけどひとつ言わせてもらおう。

ニトロ使ってんの一回だけじゃんっ

いっつもあれを楽しみにしているのにほんのちょっぴり。


ところで、友達が言っていたのだが「前作見てないからわからない」
とのこと。だったら全作品見てみようと思うのは僕だけだろうか。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。