アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017/10/11 (Wed) Dolls

dolls.jpg


英題    Dolls
公開    2002年
上映時間  114分
製作国   日本

監督    北野武
脚本    北野武

出演    菅野美穂
      西島秀俊
      三橋達也


あらすじ
 とある男、松本は恋人の佐和子と婚約までしたにも関わらずそれを破棄し、勤める会社の社長の娘との結婚を決めた。式の当日、佐和子との共通の友人から佐和子が自殺未遂を起こしたと聞き、松本は式を放り出して佐和子に会いに行く。そこで待っていたのは虚ろな表情で碌に話すこともできなくなった、変わり果てた佐和子の姿であった。そんな彼女を連れ、松本は当てもなく放浪を始めることとなる。





鑑賞日   17年10月10日
鑑賞方法  DVD
評価    2.5点


レビュー
 たけしが持つ暴力性とは正反対の、繊細である意味ロマンチストな部分が存分に発揮された作品です。日本という文化ならではの死生観や色彩感などを盛り込みながら、極力セリフを廃するという彼の持ち味を前面に出した象徴主義とも言えるそのスタイルは、北野映画の中でも異質の存在とも言えるでしょう。彼の意図したテーマが明確に表現された部分も数多く見受けられますが、それ以上に目立つ未完成のままの脚本の骨子と映像構成の粗、そしてチープすぎる「死」というギミックの用い方。「これまでで一番暴力的」とはよく言ったものです。

 上記のあらすじは、実際には映画のパートの一部分に過ぎず、大きく分けてストーリー上3つのパートがあります。一つ目がその松本と佐和子の物語。二つ目がヤクザのご隠居と彼との再会を待ち望む老婆の話。そして最後がアイドルとその熱心な追っかけである男の話。このほとんど接点のない3つの話が四季に沿って描かれながら、映画の冒頭と終盤には文楽の演目(近松門左衛門の『冥途の飛脚』)を挿入するという、一見凝りに凝った構成となっています。もちろんこの映画のテーマである「人形」や「愛と死」を明示するために用いられているのですが、これがなかなか曲者なのです。

 実のところ、文楽のパートによって提示されたテーマを忠実に追っているのはメインの「松本と佐和子」のみとなっているのです。抜け殻のようでいながら子供のような存在となってしまった佐和子を見かねて、松本は彼女を物理的に離さないように互いを赤い紐で結びつけます。そこから互いにほとんど口を開くこともなくなり、現実とも悪夢とも思えない、幻想的な映像がひたすらに映し出されていくのです。その映像は舞台装置のようなライティングを意図して行うことで、「文楽を映像化する」という監督の一つの目標を成し遂げていると言えるでしょう。さらに放浪の旅を続けているにも関わらず、決して汚れることのない二人の服装もまた、現実から乖離し象徴的に主題を表そうとする目論見に沿って、完璧に計算されています。過去の北野映画でも度々見られた「現実において存立する夢想」という映画的表現の一つの到達点になっていることは間違い無いでしょう。

 しかしながらそれらの完成形も、時折見られる安易なカメラワークや画作りによって台無しにされています。また無意味なメタファーも散見され、前半に至っては自らのアイデアの軽薄さを過剰な象徴主義に走ることで取り繕った学生映画のようです。それはおそらく、北野武が論理と経験によって映像を制作する人間だからでしょう。そのために、本人が明確な体験やそれを通した時に味わう感情を知っている場合は、ヒリヒリするようなリアリティと熱に浮かれたような妄想の見事な融合を見せますが、今回のような描きたいテーマが先行した場合にはそれらがちぐはぐになってしまうのです。

 そして残りの2つのパートに、論理だけで作り上げられたツケが回ってきているのは明白です。「アイドルと追っかけ」のエピソードには光るものはあるものの、2000年代にしてはやや古めなオタク描写や作り込みの甘さが目立ち、さらには映画全体のテーマとあまり上手に噛み合っているとは言えません。特にその結末は酷いもので、詳しくは後述しますが、「死」というこの映画における大きなテーマを台無しにしてしまうほどです。
 「隠居のヤクザ」に至っては、学芸会レベルの出来で開いた口が塞がりません。監督が自身のヤクザ映画の出来損ないのコピーを作っているようなもので、登場人物にまつわるバックグラウンドや長年の人生から見える様々な情感は全く期待できません。「松本と佐和子」だけでは長編映画としての尺が足りないことで付け足されたことは明らかで、文楽というモチーフがあったことをすっかり忘れてしまうほどに、物語の軸から離れたテイストになっています。

 以上の大筋自体もかなり粗があるのですが、何と言っても重要な「死」の用い方が絶望的に酷いのです。監督は以前、これに関するインタビューで「過ちを犯した者が後悔したのちに改心しようと試みるも、それが達成される前に死を迎えてしまう」といった内容の発言をしていた記憶があります(出典が分からず申し訳ありません)。それに対しては重ね重ね同意できることでしょう。実際映画のギミックとして、幸せに到達する直前に訪れる悲劇というものは一種のカタルシスとして機能するものであり、多くの映画でも採用されています。しかしそれが本当に機能するには、そこに至るまでの人物たちの感情の揺れ動きや緻密に描かれた関係性が不可欠であり、それらが不足したまま仮に登場人物が死を迎えたとしても、それが観客に残すものは何もありません。文字通り無駄死になのです。
 残念ながら、「松本と佐和子」以外のエピソードはこの悪手を地で行ってしまいました。埋め合わせとして用意されたのだから当然ですが、「死」を描くための道具としてしかキャラクターが働いていないのです。結果としてテーマを浮かび上がらせるどころか、その意味を希薄にし、映画が持つポテンシャルを見事なまでに潰してしまいました。

 ですが、メインストーリーではその逆で、徹底した象徴主義で描かれているにも関わらず、「死」にきちんと意味を持たせている点はさすがでしょう。その理由は、終盤の松本と佐和子の見せる表情に全て込められています。それまでの徐々に人間から離れていき、人形のような無機質な存在(物語上のメタファーの一つ)と成り果てた二人が最後に人間的になる瞬間は、ただ文楽を映像媒体に移植するのではなく、映画自体が本来持つ魅力へと昇華させることに成功した時そのものなのです。それがあるからこそ、それまでの過剰なメタファーのオンパレードが意味を成し、結末にも奥深い絶望とともに一種の救いが生まれました。

 総合的に見て、もう一度見たいと思える作品ではありませんし、映画そのものへの感想というよりも、素材を活かしきれなかったという残念な気持ちだけが心に残ってしまいました。もしかしたらアイデアはあったものの、商業的側面などから動的なエピソードを盛り込んだのかもしれません。とはいえ、どんな理由にせよ、いっそのこと無理に長編にせずに中編作品として仕上げても良かったのではないかと思うほどです。最近刊行された監督の手による小説『アナログ』も本人は映画化したいそうですが、いやはやどうなることでしょうか。時代に生き遅れ、死を間近に控えたアナログ世代の慰めにしかならないような安易な映画にならないことを祈ります。

スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/30 (Sun) カーズ2

cars2.jpg


原題    Cars 2
公開    2011年
上映時間  106分
製作国   アメリカ

監督    ジョン・ラセター
脚本    ベン・クイーン

声の出演  オーウェン・ウィルソン
      ラリー・ザ・ケーブルガイ
      マイケル・ケイン


あらすじ
 新しいバイオ燃料「アリノール」のキャンペーンとして開催される「ワールド・グランプリ」に出場を決めたライトニング・マックィーン。友人のメーターも連れて参加をするが、行く先々で問題を起こすメーターに彼はうんざりしてしまう。その頃、大会の裏では世界を揺るがす陰謀が進行しており、たまたまあるスパイから重要な証拠を受け取ったメーターがそこに巻き込まれて行く。





鑑賞日   17年7月29日
鑑賞方法  Blu-ray
評価    2.5点

レビュー
 続編、というよりはスピンオフに近い作品です。あらすじを見ればわかる通り、意外にも地味な前作とは真逆を行く、爆発に次ぐ爆発とめまぐるしい展開が待ち受けています。

 実質上の主人公はライトニング・マックィーンではなく、その友達メーターです。これがそもそもの元凶と言いますか、サイドキャラであれば愉快であっても、主役を張ればとんでもなくイライラさせるキャラクターに様変わり。行く先々で面倒を起こし、典型的な「アクションを見せたいがために問題を起こすドタバタキャラ」に成り下がっています。
 彼が絡むキャラクターもほとんどがスパイとその敵のみになっているのも寂しく思いました。せっかく前作であれだけのキャラクターを出したのに、そのほとんどが友情出演レベルの扱いなのです。主演のマックィーンですら“準”脇役というのはいかがなものでしょうか。続編ものが持つコンテンツの優位性を全く活用できていません。

 ストーリーはあまりにもせわしなく、他のピクサー作品が持つ余韻を味わうような瞬間はどこにもありません。ただひたすらに監督の描きたい世界観を見せられ、スパイものというにはあまりにお粗末な結末が待ち受けています。まあ、ジョン・ラセターがやりたいことをやってくれれば良いという話もあるのですが。

 強いて言うのであれば、前回のレビューでも言及した通りCGの完成度は本当に素晴らしい。登場する各都市にぴったりの演出を見せ時には実写と見紛うほどの出来は、6年経った今でも見るに値します。レースシーンが(ドタバタスパイ劇に邪魔されつつも)多く登場する点も、前作を凌駕するポイントの一つでしょう。実写映画をも超える迫力ある場面は必見ものです。

 映画館で鑑賞した時よりも今回の鑑賞の方が、全体の統一感の無さや粗が多く目立ったように思いました。また小ネタやオマージュも少しの登場なら良いかもしれませんが、全編でひたすら行われるとどうにも疲れてしまいます。亡くなったポール・ニューマンへのトリビュートと、本当に素晴らしいCGだけが、他の感動的なピクサー作品の水準に並んでいると言えるでしょう。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2015/07/31 (Fri) サマーウォーズ

サマーウォーズ


英題   Summer Wars
公開   2009年
上映時間 115分
製作国  日本

監督   細田守
脚本   奥寺佐渡子

声の出演 神木隆之介
     桜庭ななみ
     谷村美月


あらすじ
 高校2年生の小磯健二はある日、憧れの先輩である篠原夏希から「バイト」と称して彼女と一緒に実家へ行くことを頼まれる。その実は「夏希の彼氏のフリをすること」だと現地で聞き、健二は渋々「バイト」をすることにする。
 そんな中、世界中の人が利用する仮想世界「OZ」が何者かによって乗っ取られる。「OZ」は現実世界の様々なシステムをも集中制御しており、乗っ取りにより世界は大混乱に陥るが、健二はその原因の一端が自分にあることに気付く。




鑑賞日  7月30日
場所   家
評価   2.5点


レビュー
 「時をかける少女」に引き続き、細田守監督作を鑑賞した。大きく話題となったのは、彼の作品群の中ではこれが初めてだと記憶しているが、実際の内容面はそれに見合うものだったのだろうか。

 物語の始まりは至って平凡な「暑い夏に憧れのあの人と…」という展開から始まる。この時点でヒロインの夏希に対してイライラを覚えていたのはもちろんなのだが。
 ともかく、序盤の展開はなかなか良くできている。高校生のラブコメ的ストーリーに、ハイテクな仮想世界を舞台とするSFをうまく絡ませられている。実際テンポも良く、夏希の親戚たちを順番に見せていく場面もくどくなり過ぎず、上手に紹介していた(ここで重要なのは個々のキャラクターよりも、親族の規模をアピールすることであるため)。

 だがその後は問題だらけだ。まずエンターテインメント作品としてはあまりにも敵キャラクターの印象が薄い。人工知能にしてしまったことが問題だとは思うが、没個性的でその造形も恐怖を感じさせるものではない。むしろ変身前の、どこぞのネズミにそっくりな姿の方がよっぽど不気味だった。それに相まって、戦闘シーンも盛り上がりにかける仕上がりになっている。なにしろ、出来の悪いデジモンとドラゴンボールの二世みたいなものなのだ。せっかく「OZ」などという仮想世界を考えたのだから、もっと自由な想像をして欲しかった。

 その次に夏希のキャラクターの弱さ。「イライラさせられた」と書いたが、印象に残っているのがそもそも序盤だけで、あとは彼女の人物像をまったく思い出すことができないほどである。なぜ主人公を真の意味で頼りにし始めるのか、どうして侘助に惹かれていたのか、なぜ彼女が一家の中心みたいな扱いをされているのか。どれもこれもまったく語られることはない。そもそも主人公を物語に巻き込んだだけで、戦いには対して役にも立っていないくせに、最後のおいしいところだけ持っていくのは筋が通らない。大体、あれほどメタファーのように扱われる花札も、なぜあれほどまで思い入れのあるものなのか分からないのだ。

 そしてこの映画のテーマにも関わることだが、「家族の絆」の描き方があまりに陳腐だと感じた。一家の大黒柱が90で大往生を迎えたことをきっかけとして、敵に反旗を翻す。これがそもそも疑問である。私自身、「旧家」といった古い繋がりを重要視する人間ではないからかもしれないが、なぜあの家族のあり方を正しいものとして描きたがるのか。もちろん今の現代社会ではなかなか見られない家族のあり方ではあると思う。だが、それにも問題点があることを一切提起せず、「家族って温かい」などという使い古されたネタを振りかざす理由がわからないのだ。
 途中、侘助という(夏希から見て)曽祖父の妾の子が登場するが、彼の存在を軽んじている点もマイナスである。自分の特異な出自から、ややニヒルな性格となっている彼に対し、攻撃的な態度をとる親族たち。ある意味、この点はリアルとも言えるが、問題はその後だ。なんと侘助が「母親(夏希の曾祖母)の死」を前にすると、なんの葛藤もなく、気づけば親族たちに協力しているのだ。彼にとって、どれほど母親の存在が大きかったのか。その表面をサラッと撫でただけで、彼の行動の根拠になると思ったら大間違いだ。それを「みんな仲良しに戻ったから解決」などと言われたら、観客も呆れかえるだろう。

 この映画にもいいところは沢山ある。先ほども言ったが、物語のペースや(少なくとも表面上は)生き生きとしたキャラクター。そして日常と非日常のバランス。しかしそれらをもってしても、以上の問題点を看過することはできない。
 ハイテク(といっても、「仮想世界」「集中管理システム」「アバター」など今まで幾度となくSFでは語り継がれ、現実では時代遅れとなりつつあるものばかりだが)なものを「古き良き伝統」に織り交ぜるのもいいアイデアだったかもしれない。だが、ただ単にセンスのあるようなアニメを作りたかったようにも受け取れる。新機軸を打ち立てたように見せながら、干からびた考えに固執している今一歩な作品となってしまった。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2013/04/30 (Tue) L.A. ギャング ストーリー(試写会で鑑賞)

L.A. ギャング ストーリー

原題   Gangster Squad
公開   2013年
上映時間 113分
製作   アメリカ

監督   ルーベン・フライシャー
製作   ダン・リン/ケヴィン・マコーミック/マイケル・タドロス
脚本   ウィル・ビール
原作   ポール・リーバーマン『Tales from the Gangster Squad』

出演   ジョシュ・ブローリン ···ジョン・オマラ
     ライアン・ゴズリング ···ジェリー・ウーターズ
     ショーン・ペン    ···ミッキー・コーエン


あらすじ
 ロサンゼルスの大物ギャングのミッキー・コーエンは、ドラッグや銃器取引、売春で得た金を使い、警察や政治家をも意のままに操っていた。しかし、そんなコーエンを打ち破るべく、6人の警察官が立ち上がる。警察当局は一切の責任を負わないという命がけの任務に就いた6人は、警察官という素性も名前も隠し、コーエン率いるギャング組織へ戦いを挑む。





評価:2.5点(5点中)


レビュー
 予告編を見れば分かると思うが、この映画はあくまで「事実を元にした純然たるフィクション」である。それもダイ・ハード並みに。

 別に私はその点について、とやかく言うつもりは無い。むしろこの映画の馬鹿げた部分を気に入っているぐらいだ。
 「いかにも」な戦後のLAがスクリーンいっぱいに登場し、挿入曲もこれまた「いかにも」時代を感じさせるものばかりだ。だがこの映画はリアリティを追求する類いの映画ではない。近年はまったく見られなくなったコテコテのギャング・アクション映画なのだから。

 それでもこの映画に魅力があるのはひとえに俳優たちの力量によるものだ。ジョシュ・ブローリンは向こう見ずなタフガイをしっかり演じてくれている。彼がとる行動はどれもこれも無謀としか言いようが無いのに、良くも悪くも不安感を感じさせない。意外と銃器を使いたがらないところもミソだろう。
 ライアン・ゴズリングはこの映画の中で一番素晴らしいシーンを担当している。彼が演じるジェリーは初めのうち、他の汚職警官と同じようにギャングの悪事を見過ごしている。だがあることがきっかけで(といってもかなり陳腐で唐突だが)凄まじい豹変を見せる。あの「ドライヴ」のライアン・ゴズリングがここでも見ることができるのだ。目が笑ってない時の彼はびっくりするほど凄みがあって、この映画で唯一鳥肌の立つシーンであった。
 その他の役者も洗練されている。チームを編成する際、それぞれに特技があるおかげでとても楽しめるものになっている。何より誰一人としてキャラクターが被っていなかったのが良かった。

 次に、ミッキー・コーエンを演じたショーン・ペンなのだが、前半はまあまあだった。静かな狂気を見せる場面が多くて彼の演技を生かすには十分だった。だが後半になると、次第にコミック調の大げさな「ギャングの親玉」に変貌していく。はっきり言って怖いとも何とも思わないが、そのコテコテの演技が見ていて楽しい。「サンタのお出ましだぜ」のシーンには笑わせてもらった。
 彼の愛人を演じたエマ・ストーンは魅力的ではあるが、ファム・ファタールを演じるには色気が少ないように感じた。良い役者なのにほとんど出番が与えられず、たとえあったとしてもほとんど無意味な場面ばかり。とはいえ、序盤で見せるライアン・ゴズリングとの掛け合いは良く、台詞の中に40年代らしい華やかな雰囲気を感じさせてくれた。

 それでも後半に行くに従い、この映画は自らの弱点を次々と露呈していく。
 まずキャラクターの使い方がまったく上手くない。これだけ素晴らしい役者が際立ったキャラクターを演じているのに、肝心の戦闘シーンではまったく活躍していない。本当に、びっくりするぐらい。その銃撃戦の場面そのものも最低だ。まったくテンションの上がらないマシンガンの撃ち合いには飽き飽きさせられる。前半などで見せた殴り合いのシーンは効果音もぴったり調和していて、生々しさが良く出ていたのに。
 よくわからない思わせぶりなシーンも気になる。本筋には全く必要のない無駄なシーンを多く含んでいるせいで、陳腐なストーリー展開がますます間延びすることになるのだ。
 しかも、なぜだか後半では急に映像の質感が安っぽくなる。中盤の電信会社の襲撃シーンなどは陰影が際立っていてなかなかかっこよかった(馬鹿げたマシンガンもほとんど登場しない)。それなのに最後のホテルでの銃撃戦は妙に平坦な映像でまったく映画に入り込めなくなる。まるで映画が観客を拒絶しているみたいだ。
 でも一番最悪なのはジョンとミッキーが退治するシーン。手元に銃があるのに、あえてジョンはそれを捨て、ミッキーとタイマンで勝負をする。ここから平坦な映像とヘタクソな構図が安っぽさを存分に引き出してくれるのだ。不良高校生だってもっとマシな決闘を見せてくれる。最後の最後で台無しになってしまった。

 結局どうなのかというと、つまらなくは無かった。こういう何も考えなくて済むアクション映画には別の楽しみ方があるし、現に私は映画全体に流れる妙にのほほんとした空気感が嫌いじゃない。
 最後の方でダメになったのは、おそらくシリアスさを引き出そうとしたせいだろう。何人かの仲間が倒れるのだが、あまりにも適当に盛り込まれているからまったく感動できないのだ。そんなことなら、最後まで頭空っぽアクション映画に徹して欲しかった。
 はっきり言って良い映画ではない。でも意外と楽しめたのも事実である。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2011/05/30 (Mon) アジャストメント(映画館で鑑賞)

アジャストメント

監督 ジョージ・ノルフィ
出演 マット・デイモン
   エミリー・ブラント

あらすじ
 バレリーナのエリースに一目ぼれした政治家のデビッドは、決められた運命を逸脱しないよう世の中を監視している「アジャストメント・ビューロー(運命調整局)」に拉致されてしまう。同局は、本来なら出会う運命にはないデビッドとエリースを引き離そうとするが、2人はその運命にあらがう。

評価 2.5点

レビュー
 まず初めに言っておくが、映画としては良くできていてクライマックスのチェイスシーンも結構楽しめる。だが原作を読んでしまうとかなり物足りなくなってしまうだろう。
 原作ではラブストーリーなどに重点は置かれず(というかそんな様子さえない)、ひたすら調整班(映画の運命調整局)の不気味さが描かれている。だがこの映画においてはラブストーリーを物語の主軸においたのは成功であり、失敗でもあった。コレにより得られるメリットは「物語を映画用に長くできる」「ストーリーに緩急がつけられる」といった物があるが、デメリットは何よりもめんどくさくなることである。主人公に説明するだけでもかったるいのに、その彼女にまで事態を完璧に理解させるのは不可能であり、その結果なぜかヒロインが状況をしっかり把握しているという(戸惑うのは数分)無理が起こる。さらにキャラクターの人物描写が浅く、「デビッドとエリースがなぜ惹かれあったのか」「運命調査局の人間がなぜデビッドに力を貸したのか」などが「感情によるもの」と適当な理由で終わっている。結末でさえそうなのだ。これでは観客は納得できるはずもなく、最後になぜかすっきりしない感情が残る。それと運命調整局の人間の設定の曖昧さも気になる。人間みたいな天使といった立ち位置で存在のリアルさに欠け、帽子の能力もはっきりしていない。議長の存在を神のように扱っているところも欧米的で鼻につく。
 だがフィリップ・K・ディック原作の映画としてではなく、普通のSF作品としては平均以上どころかトップクラスの面白さだと思う。上に書いたのはあくまでも僕個人の意見であり、あまり参考にはならないだろう。それに主演はマット・デイモンである。彼の演技力が政治家という特異なキャラクターを自然な物に見せている。彼のおかげでこの映画は一気にレベルアップしていて、ぼくがディックのファンで無ければ4.5点はあげられる。映画館に行って1800円(大人料金)支払っても全然損はない。むしろおつりが来るくらいだと思う。

レビュー | trackback(0) | comment(1) |


| TOP | next >>

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント