アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017/10/13 (Fri) イン・アブセンティア

in_absentia.jpg


原題    In Absentia
公開    2000年
上映時間  20分
製作国   イギリス

監督    ブラザーズ・クエイ (スティーブン・クエイ/ティモシー・クエイ)

出演    マレーネ・カミンスキー





鑑賞日   17年10月13日
鑑賞方法  Blu-ray
評価    3点


レビュー
 英BBC製作の“Sound on Film International”という、映画製作者と作曲家のコラボレーション企画の一つとして、現代音楽の巨匠シュトックハウゼンの曲が全面的に用いられた作品です。アイデアのベースとなったのは、精神病棟の居住者たちによる作品の展覧会にて見つけた手紙でした。それは早発性痴呆(現在では統合失調症にカテゴライズされる)と診断された女性が自らの夫へ宛てたもので、同じ言葉を何度も何度も鉛筆で書きなぐってあったそうです。まさに題名の通り、精神を病み自己存立が危ぶまれた人間の精神状態を映像化したと言えるでしょう。

 一見とても魅力的なコンセプトなのですが、実際にはこれが兄弟の持つ魅力を半減しているのです。彼らの作品で名作と言われるものの多くは、限りなく無機物的な人形が人間のグロテスクな部分のみを吸収していることで表れる、なんとも居心地の悪い不気味さが全体のトーンを占めています。要するにそもそもの起点となるアイデアが人間でないものからスタートしているからこそ、一層の不条理さが感じられるのであって、精神が破綻していようが人間の行動そのものがベースとなっている本作は、むしろ正常だと思えるほどに近しい存在へと変わってしまっているのです。

 映像が高画質になり、カット割りなどの技術が上昇したことも、悪い方向へと影響しています。また製作者の意図を覆い被すほどの過剰な照明やカメラワークが目立ち、スタイリッシュになった分、一つの作品というよりもシュトックハウゼンのMVに成り下がっているという印象を受けなくもないです。正直な話、『X-ファイル』の一場面と言われてもそんなに違和感がありません。

 もちろん悪い部分ばかりであるはずがなく、他の作家には真似できないような部分も多く存在します。精神をすり減らす女性が鉛筆を削る描写は、キリキリするような張り詰めた空気が取り巻いており、耳障りとも言える音楽と組んで強烈なタッグになっているのです。そしてストップモーションパートはやはり素晴らしく、以前よりもシンプルな作りの人形が、主人公にとっての現実世界そのものに歪みが生じていることを暗示していて、別種の気味の悪さを醸し出しています。

 実写をメインとした演出にシフトするのも、新たな試みとして悪いものではありませんし、個々の作品に適した方法として幅を広げていくことは間違いなく素晴らしいことです。しかしながら結局のところストップモーションであったことが兄弟の作品の魅力を多分に占めていたことを証明してしまったのも、また事実です。生々しさを併せ持った無機物という存在は、まさしく彼らだけが生み出せる悪夢に他ならないのですから。

スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/10/11 (Wed) Doodlebug(原題)

doodlebug.jpg


原題    Doodlebug
公開    1997年
上映時間  3分
製作国   イギリス

監督    クリストファー・ノーラン
脚本    クリストファー・ノーラン

出演    ジェレミー・セオボルド


あらすじ
 神経質そうな男が、自分の部屋にいる“虫のようなもの”をどうにか潰そうとする。





鑑賞日   17年10月11日
鑑賞方法  Blu-ray
評価    3点


レビュー
 クリストファー・ノーランが、商業作品以前に作った短編作品のうちの一つです。その他に存在が知られているものとして、大学在学中に作成された“Tarantella”と“Larceny”があります。前者はインディペンデント系の映像作品を放送する番組にて放映され、後者は映画祭に出品され大学史上最高の短編映画とまで言われたそうですが、残念ながらそのどちらも今の所はソフト化されていません。なので、日の目を見た作品、という意味でいうと最初の作品になるのがこの“Doodlebug”です。ちなみにこちらは日本ではソフト化されていませんが、海外ではクライテリオン社によるノーランの初長編作『フォロウィング』のブルーレイに特典として収録されています。

 非常に短い作品なので、何か奥深いテーマ性などが見えるわけではありません。本当にあらすじの通りで、『フォロウィング』でも主役を演じたジェレミー・セオボルドが同様のパラノイア気味の男を、今回は少々大げさに演じています。
 この作品において特筆すべきは舞台における数々の仕掛けでしょう。ネタバレなしに書くことは困難なのであえて結末から触れますと、男が追っていた「虫のようなもの」は実のところ数秒先の男自身で、それをなんとか叩き潰した直後に今度はさらに大きな自分に叩き潰される、という陰湿なショートショートのようなエンディングを迎えます。このオチに関するヒントは劇中で随所に込められていて、例えば男がやたらと時計を気にしていたり、電話がかかっていることを半ば分かっていたような行動を見せるのもその一つです。観客にほんの少しだけストーリーの方向性を提示することで、フラストレーションを感じさせることなく謎の解明へのスリルを体験させる手法はこの時から片鱗を見せていたのかもしれません。

 とはいえ、所詮は超低予算の短編映画なので、大きな価値があるかと言われると疑問ではあります。しかしながら、この作品で『フォロウィング』に関わるスタッフが揃った事実は紛れもなく重要なことであり、この短編もまた彼のスターダムの足がかりとなったことは間違い無いのです。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/10/10 (Tue) レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー

lego_ninjago_movie.jpg


原題    The Lego Ninjago Movie
公開    2017年
上映時間  101分
製作    アメリカ/デンマーク

監督    チャーリー・ビーン/ポール・フィッシャー/ボブ・ローガン
脚本    ボブ・ローガン/ポール・フィッシャー 他

声の出演  デイヴ・フランコ
      ジャスティン・セロー
      ジャッキー・チェン


あらすじ
 ニンジャゴーシティーに住む少年ロイドは、実の父親が悪の帝王ガーマドンであることを理由に、町中の人から嫌われていた。そんな彼の裏の顔は正義の味方グリーン・ニンジャであり、チームのリーダーとしてガーマドンの手から街を守っていた。しかし父親との確執が原因で、ロイドは使ってはならないとされていた最終兵器を使用してしまい、その結果チームは壊滅に追い込まれ、街も破壊されてしまう。名誉回復のため、そして真のニンジャとなるために、ロイドは仲間と共に最終“最終兵器”を探す旅に出る。





鑑賞日   17年10月7日
鑑賞方法  映画館
評価    3点


レビュー
 レゴの映画シリーズもついに3作目、スピンオフとしては2作目ですが、今回はレゴ自身が持つおもちゃライン「ニンジャゴー」の映画化です。とはいえ、元々人気のシリーズだったため、すでに子供向けの3Dアニメとしては映像化されていて、それもすでにシーズン7に達しているとのこと。それをいかにして、映画という媒体ならではの表現を用いて調理をするかが見ものでしたが、良くも悪くも「子供向け」というカテゴリーからは離れていないアニメに仕上がっていました。

 『レゴ バットマン』ではDCおよびワーナー・ブラザース映画のパロディのオンパレードでしたが、今回は戦隊ヒーローや古き良きカンフー映画などからのオマージュをメインに笑いを生み出しています。忍者にも関わらず、真昼間の大都市をロボットに乗り込み戦う様は日本人には別の意味で笑いがこみ上げてきますが、そういったバカらしさも含めて難しすぎないジョークに好感が持てます。ただこのシリーズの問題として、言葉遊びが多数見られるため、その全てを字幕・吹替では楽しむことができないのが難点でしょうか。上のポスターにも記載されている「内なるピースを探せ」という言葉も、「内なる平和(ピース)を求めよ」という『ベスト・キッド』フォロワーでは定番のキーワードを文字っていますが、これですらもなかなか表現が難しい。

 そうはいっても、これらの問題点はまさに1ピース1ピース、子供向けだと思って妥協せずにこだわり抜いて作られていることに起因しているのでしょう。幅広いターゲットに楽しんでもらおうと製作陣が試行錯誤した形跡を、簡単に推し量ることができます。ですが、やはりベースとなっているのは子供向け玩具の子供向けライン。初期の敵であるガーマドンを主軸としたストーリーに決着をつけるために、展開は詰め込みすぎのきらいがあるのです。
 序盤のロボット同士の戦闘はレゴ映画シリーズ中でも屈指の迫力で、とても手のひらサイズのミニフィグが繰り広げているとは思えませんが、実際はほとんどが起承転結の「起」に相当する部分なので、そのあとの落差も含め退屈に思えるでしょう。また主人公ロイドの友人たちで、同様にニンジャでもある面々のストーリー上の活躍が実質ここがピークであることも期待はずれでした。普通の学生が実はスーパーヒーローで…という誰しもが憧れた展開で学園生活は不可欠な要素ではないのでしょうか。もちろん後述する大テーマがあるため、とてもじゃありませんが盛り込めないことは理解できますが、それでもあれだけユニークなキャラクターたちがもったいないというのも事実なのです。

 さて、ではこの映画のテーマは一体なんでしょうか。「努力を怠らなければ誰しもが強くなれる」? 「信頼こそ仲間との友情の鍵」? 「親子の愛情は簡単に断ち切れるものではない」? 脚本で重点が置かれているのは一番最後でしょう。ロイドとガーマドンの関係はなかなかにハートフルで、彼らが旅を通じて親子としての情を取り戻す様子も非常に丁寧に描かれています。ジム・クローチの"I Got a Name"をバックに2人がキャッチボールの練習をする場面で、心が温かくならない人は絶対にいません。
 しかしながらそのほかのテーマもそこそこ描きたいのか、結果として終盤の展開はアクションを除いていまいちまとまりが無いのです。どれもが他のレゴムービー同様に奥深い主題を提示できる可能性があったにも関わらず、そのどれもが中途半端なために「クオリティの高いTVムービー」の域を出ないのが残念なところでしょう。

 80〜90年代のカンフー映画、それに影響された子供向け映画の数々を今でもこよなく愛する人にとってはなかなかに楽しめる映画でしょう。(当然ジャッキーの起用にも意味があります。)時間を割いてまで見る必要はないかもしれませんが、見て後悔するような代物でもない。それどころか少しだけほっこりした気持ちにしてくれる、とにかくまあまあな映画なのでした。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2013/04/02 (Tue) メッセンジャー(映画館で鑑賞)

メッセンジャー

原題   The Messenger
公開   2009年
上映時間 113分
製作国  アメリカ

監督   オーレン・ムーヴァーマン
製作   マーク・ゴードン/ローレンス・イングリー/ザック・ミラー
脚本   アレサンドロ・キャモン/オーレン・ムーヴァーマン

出演   ベン・フォスター  ···ウィル・モンゴメリー軍曹
     ウディ・ハレルソン ···トニー・ストーン大尉
     サマンサ・モートン ···オリヴィア・ピターソン


あらすじ
 イラク戦争で戦果を上げながらも負傷し、帰国した米軍兵士のウィルは、戦死した兵士の遺族へ訃報を伝えるメッセンジャーの任務に就くことになる。上官のトニー大尉とともに訃報を伝えていくウィルは、遺族たちの怒りや悲しみを目の当たりにし、苦悩する。そんな時、夫の戦死により未亡人となったオリビアと出会ったウィルは、失われた心を取り戻していく。一方、長い軍隊生活で冷え切っていたトニーの心もまた、ウィルに友情を感じることで少しずつ氷解していく。





評価:3点(5点中)


レビュー
 正直この映画には結構期待していた。戦死者の遺族に第一報を告げる軍人は今までも映画に登場していたが、彼らを主役に据えた映画は見たことがない。戦争の実態を別の角度から切り込んでくれる、そう考えていたのに残念ながらそうではなかった。いや確かに切り込んではいるのだが、それが限りなく甘いのだ。

 前半部分は素晴らしい出来だ。主人公のウィルは(心に傷を負っているとはいえ)イラク戦争で活躍したという自負があり、メッセンジャーの仕事が面白くない。対する上官のトニーは“歴戦の兵士”だ。メッセンジャーの仕事に関してはプロだが、本当は実戦経験がないことを引け目に感じている。
 この2人の間の微妙な関係が絶妙に描かれている上に、メッセンジャーの過酷さも“ミッション”からはっきりと伺える。遺族たちは誰もが悲しみ、泣き叫び、時には逆上して怒り狂うこともある。その一報を伝えにいく自分たちも辛いのは同じなのに、戦地にいないからとなじられて、プライドもずたずたにされる。見ている側も苦しくなるほどだ。(ちなみにスティーヴ・ブシェミが戦死者の父親役で少し出ているが、相変わらず強烈な演技を見せてくれる。)

 だが未亡人となったオリヴィアが登場してから(登場シーンは感傷的で良いのだが)、物語は変な方向へと走り出す。今まではメッセンジャーの仕事を通じて、「2人の傷づいた男が真の友人となる様」を描いていたのに、なぜか「メッセンジャーと未亡人の許されざる恋」も盛り込み始める。しかもそれが限りなく中途半端なのだ。(というのも、この「許されざる恋」を気に入ったのはあのシドニー・ポラックらしい。彼に配慮したのかなんだか知らないが、余計なことをしたものだ。)オリヴィアの息子との交流もほとんど描かれず、なぜ彼らが精神的に互いを必要としていくかがさっぱり分からない。オリヴィアが自分の心情を吐露する場面も唐突で(しかもくどい)、付け焼き刃としか思えない。

 後半になると、メッセンジャーとしての場面はほとんど登場せず(中途半端に登場したオリヴィアと息子も消え)、今度はウィルとトニーの交流を描き出す。ベン・フォスターとウディ・ハレルソンの演技は素晴らしいのだが、このパートではなぜかベン・フォスターが息切れ状態に。前半では心に抱えた影を上手く表現できていたのに、その傷もいつの間にか癒えたのか、後半では何の深みも感じさせない。
 彼に対し、ウディ・ハレルソンは最初から最後まで魅せてくれる。メッセンジャーの仕事の苛酷さを知るからこそ、遺族にはあえて触れない彼は、プロ意識の固まりだが負い目も感じている。ウィルと出会い、少しずつ変化していく様子もごく自然だし、彼の話を聞いて泣き出す場面はこの映画のピークだ。

 良い場面もたくさんあるのに、「ウィルとトニーの友情」「ウィルの元カノとの決別」「ウィルとオリヴィアの恋」この3つを盛り込んだせいで、肝心の心の傷が見えにくくなってしまった。題材が良いだけに非常に残念である。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2012/12/20 (Thu) 人生の特等席(映画館で鑑賞)

人生の特等席

監督 ロバート・ロレンツ
出演 クリント・イーストウッド
   エイミー・アダムス
   ジャスティン・ティンバーレイク

あらすじ
 大リーグの伝説的なスカウトマンとして知られるガスは、年齢による視力の衰えを隠せず、その手腕に球団フロントが疑問を抱き始める。苦しい立場のガスを、長年離れて暮らしていたひとり娘のミッキーが手助けすることに。父と娘が久々に対じすることにより、秘められた過去と真実が明らかになる。


評価 3点(5点中)


レビュー
 イーストウッドが俳優として久々に復帰した。「憎まれ口を叩く、いけ好かないじじい」の役はもはや鉄板であり、安定した演技を見せてくれる。口下手だから娘に思いを伝えられなくて、時折見せる悲しそうな表情はとても繊細だ。

 そのイーストウッドの娘役がエイミー・アダムスと来れば文句なし。男勝りのキャリアウーマンだが、内面では父親の愛を欲している。楽しそうなときもどこか物憂げなところが役に深みを与えている。

 その他、ジャスティン・ティンバーレイクはスカウトに転向した元投手を演じている。(少々さわやかすぎるが)非常に好感が持てて、彼とアダムスの会話のシーンは見事にかみ合っている。ジョン・グッドマンに至っては言わずもがな。脇役なのに、ストーリーの雰囲気を最終的に形作るのは彼と言っても過言ではない。

 しかしこんなに良い役者がそろっているにも関わらず、この映画は限りなく微妙だ。おそらく脚本が根本的に良くないのだろう。何しろ、盛り込まれているエピソードが「父親がスカウトをクビになりそう」「父と娘のすれ違い」「娘の昇進」「娘の恋愛」・・・etc。どれに主軸を置いているのか全く分からない。しかもそれぞれの話が唐突に登場するものだから、ツッコミどころ満載だ。

 肝心の「秘められた過去」が明らかになるときはある意味テンションが上がる。なんとハリー・キャラハンが登場するのだ。いや、ガスの昔の姿を再現しているのだがそれが「ダーティハリー」のイーストウッドそっくり。正直、このシーン以外頭に残っていないのだが。

 敵役の作り込みの甘さも致命的だろう。この映画は「マネーボール」とは正反対の主張をしている。つまり選手はパソコンなんかではなく、スカウトの目で見つけ出すものだと。だが「マネーボール」では頭の固い老スカウトにも一理ある、と描かれていたのに対し、この映画での”パソコン野郎”は典型的な嫌な奴でしかない。ただただ、むかつくのだ。まあ最後の安っぽいエンディング(ここですべての問題が一気に解決する)のおかげで、「ざまあみろ!!」という気分にはなれるが。

 良いシーンもたくさんあるのに、すべてを台無しにしている。監督はイーストウッドの弟子だから、彼の魅力をどう生かせばいいのかはよく分かっていただろう。だがストーリーがこれじゃあ、キャラクターが良くても映画はダメだ。
 とはいえ、「人生の特等席」を嫌いになるのは難しい。クオリティは「三等席」だが、それはそれで楽しいのだ。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント