アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2018/04/16 (Mon) サンライズ

sunrise.jpg


原題   Sunrise: A Song of Two Humans
公開   1927年
上映時間 95分
製作国  アメリカ

監督   F・W・ムルナウ
脚本   カール・メイヤー
原作   ヘルマン・ズーダーマン『Die Reise nach Tilsit(原題)』

出演   ジョージ・オブライエン
     ジャネット・ゲイナー
     マーガレット・リビングストン


あらすじ
 ある田舎での話。そこは避暑地としてそれなりの人気を博しており、都会から来た女もその一人だった。そこに家族と住むある男は彼女との逢瀬を重ね、それ以外の時間はたとえ妻の前でも生気を失ったように日々を過ごすだけであった。そんなある日、都会の女に唆された男は、彼女との生活を始めるために妻の殺害を決意する。そうとは知らない妻は久々の夫との外出を喜び、2人は対岸へと船を漕ぎだすのであった。





鑑賞日  18年4月11日
鑑賞方法 DVD
評価   3.5点


レビュー
 言わずと知られたサイレント期ハリウッドの名作。原題とほぼ同じ長さでの上映、かつ昨今の映画と比較してとても地味なストーリー展開。現代人が敬遠する要素が盛りだくさんですが、実際にはどうなのでしょうか。

 上記のあらすじではなかなかにサスペンスフルな印象を受けるかもしれませんが、こちらのストーリーは最序盤での話。それ以降は純粋なロマンスものとして捉えた方がいいでしょう。というより、この序盤における殺人計画の筋書きはお粗末もいいところです。もちろんそこに描かれる男の浅はかさが後々の夫婦の深まる愛への布石となるわけですが、いくら1920年代とはいえもう少しどうにかならなかったのでしょうか。妻を殺してまで手に入れたい女であるはずなのに、その都会の女との関係も大して掘り下げられないので、男がただただ間抜けな人間に思えて仕方がないのです。牧歌的な雰囲気すら漂っている殺人計画など、最早ストーリーとして機能していません。

 しかしながら、そこに伴う映画的描写はなかなかに目を見張るものがあります。男を演じるオブライエンは少々大げさではありますが、妻との愛を忘れた陰鬱な男を全身で演じています。そんな彼の演技に応えようとカメラもまた、現代に通ずる多彩な動きを見せてくれます。逢瀬の場へ向かう彼をじっとりと追いかけるカメラや、都会の女と妻との間で揺れる彼の表情を大写しにしたりと、極力言葉を用いることを排除しているがゆえに工夫された演出が見受けられます。
 また殺害を決意した後の男の表情をはっきりとは映さず、真実を知らない妻のあどけない表情をひたすらに追いかける点なども観客の不安を煽ることに効果的にはたらいています。このように登場人物自身に不安そうなセリフを言わせたり素振りをさせたりすることなく、婉曲的な表現(二人を追いかける犬、水面から一斉に飛び立つ鳥など)を用いるという選択をしたのは、監督が映画という媒体を誰よりも理解している証拠でしょう。実際その後に続く船上での場面は今見ても恐ろしく、この映画が持つマジックの一つ目であるともいえます。

 では二つ目のマジックは何か。その後の一連のシーンすべてです。私はこれほどまでに美しい流れを見たことがありません。
 後一歩のところで殺人を思いとどまった男が船を対岸に着けるところから始まります。男に恐怖した妻は必死に逃げ惑うのですが、その時初めて一言も話さなかった男が「俺を怖がるな」と口にするのです(もちろんセリフ字幕でですが)。序盤はあえて男に喋らさないことにより、男の主体性のなさ、生気が失われている様を描いているのですが、この時は表情にも力が戻っています。変な話ではありますが、妻がいなくなるかもしれない状況に直面することで初めて彼女への愛を再確認したのです。
 ここからはただひたすらに、二人のすれ違いが映し出されます。狭い車内での掛けるべき声がわからないもどかしさ、殺意から一転した真の優しさに触れてしまい溢れ出す涙など、白黒の映像ならではの光と影のコントラストが繊細な感情をより一層引き立てます。しかもこの間、台詞と言える台詞はほとんどありません。それにも関わらず、作中はもちろんのこと、映画史上最も真実に近い瞬間を生み出したのは筆舌に尽くし難いことです。
 特に二人が通りの脇に入る場面。その後の男が実際に改心する場面は白人的な宗教色が色濃くにじみ出ていますが、こちらは文句なしのロマンチックなシーンでしょう。陰陽と動静を音を使わず見事に対比することで描き切った二人だけの瞬間は、本当に息を飲む素晴らしさです。この瞬間を見るためだけでも、この映画に90分を使う価値はあるというものです。

 これ以降の場面も悪くはないのですが、如何せん前半との繋がりがちぐはぐなのです。それまでのシリアスなトーンとは一転し、妙に軽快なタッチへと切り替わり、今まで見ていた映画と同じものか目を疑うほどです。ここだけを切り取れば良くできた演出も多いものの、前述した男の性格の軽薄さを観客の頭に植え付けている以上、どうにも「真実の愛」というよりは「日常のデート」といった域を抜け出せていないように思えます。古いハリウッド映画らしい、悲喜こもごも何もかもてんこ盛りにしている醍醐味とも言えるのですが。

 けれどもこういった素晴らしいシーンの数々を台無しにするものがこの映画にあるのも事実です。『サンライズ』が時代を超えて、すべての人に愛される映画とはならない原因、それは根底に流れる「古き良き男女愛の理想」にあります。
 そもそもこの物語、都会の女にほだされた男がすべての元凶であり、彼の判断力の無さが招いた悲劇なのです。にも関わらず、最後に夫婦はハッピーエンドを迎え、制裁を受けるのは都会の女だけ。ハリウッド的大団円を全否定する気はありませんが、これではテーマも捻じ曲がるというもの。まるで、自由奔放で豊かな暮らしをしている女性は男を惑わす悪魔であり、質素で清楚な女性こそ妻にふさわしいというあまりに古びた価値観の押し付けとも取れるのです。男女観、もとい男女の垣根すらも取り払われようとしている現代では絶対に通用しない価値観のせいでこの映画は後世に残ることができなかったのでしょう。

 だからといって、テーマだけが映画の判断基準ではもちろんありません。現代映画に比肩するどころか、遥かに優れた部分があるのも事実。少なくともはっきりしているのは、この映画がなければ今のハリウッド映画は違っていたということです。

スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/10/13 (Fri) Quay (原題)

quay.jpg


原題    Quay
公開    2015年
上映時間  8分
製作国   イギリス

監督    クリストファー・ノーラン

出演    スティーブン・クエイ
      ティモシー・クエイ



※こちらは“Quay”の予告編ではなく、ツァイストガイストによるブルーレイのCMです。


鑑賞日   17年10月13日
鑑賞方法  Blu-ray
評価    3.5点


レビュー
 クエイ兄弟から多大なる影響を受けたと自負するクリストファー・ノーランは、2015年に『ストリート・オブ・クロコダイル』、『』、『イン・アブセンティア』の35mmフィルムにリストアを施し、再上映会を各地で行いました。その際に同時上映として放映されたのが、ほとんどがノーラン自身の手によるクエイ兄弟に焦点を当てたドキュメンタリー“Quay”です。残念ながら日本ではまだ発売されていないようでして(ブルーレイのブラザーズ・クエイ短編集に収録する予定もあったそうですが)、アメリカもしくはイギリス版のブルーレイにのみ収録されています。

 この作品はドキュメンタリーとしては変わった手法が取られています。まずはノーランの大好きな35mmによって撮影されている点でしょう。兄弟の薄暗い工房がこのカメラのレンズを通すと、まるでこだわり抜いて作られた映画のセットのようで、窓際での場面を多く取り入れることで、家の外側と別世界であることを印象付けています。
 さらにインタビューらしいインタビューが行われていないこともユニークなポイントの一つです。実際に作品で使われた人形やセットに関して兄弟が説明を行うのですが、彼らのペースで自由に話しているような空気感を絶妙な編集で作り出し、ノーランと共に兄弟のプライベート空間に迷い込んだかのような体験をもたらしてくれます。

 ただし後者に関しては難点も存在しています。言ってしまえば、兄弟が好きなことを話しているだけなので、彼ら自身の素性や作品に関する何かが具体的に見えてくるわけではなく、見方によってはドキュメンタリーとして成立していないのです。ですがこれはノーランの意図的な演出で、ブラザーズ・クエイの魅惑的かつ退廃的な作品群の秘密を無理やり解き明かすのではなく、あくまで一人のファンとして生誕地を映像として切り取っているに過ぎないとも言えます。いずれにせよ、ある熱狂的なファンの目を通した工房の様子は、兄弟を知らない人間の目からも憧れに満ちた光でいっぱいになっているのです。

 8分間という短すぎる上映時間が美点にも欠点にもなっていますが、クエイ兄弟という多大な影響力の持ち主がこの世に存在することを知らしめたことには大きな意味があり、既に彼らを知っていた人にとっても魅力の再確認につながるでしょう。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/09/30 (Sat) カーズ/クロスロード

cars3.jpg


原題    Cars 3
公開    2017年
上映時間  102分
製作国   アメリカ

監督    ブライアン・フィー
脚本    キール・マレー/ボブ・ピーターソン/マイク・リッチ

声の出演  オーウェン・ウィルソン
      クリステラ・アロンゾ
      アーミー・ハマー


あらすじ
 ピストン・カップで7回もの優勝をすることになったライトニング・マックィーンは名実ともに伝説の存在として、同年代のレーサーたちを含む全ての車たちの憧れとなっていた。しかしながら、時代が進むにつれ技術も進化していき、彼もまた過去の遺物の一つになりかけているのもまた事実であった。栄光を取り戻すため、マックィーンは新米トレーナーのクルーズと共に全米各地を武者修行の旅に出る。





鑑賞日   17年8月6日
鑑賞方法  映画館
評価    3.5点


レビュー
 ピクサー唯一の凡作シリーズなどと陰口を叩かれつつも、『トイ・ストーリー』と並ぶ3作めに突入した『カーズ』シリーズ。前作『2』が続編というよりもスピンオフに近かったのに対し、こちらはまさに正統派とも言える続編に仕上がっています。

 1作目『カーズ』のメインテーマでもある「忘れ去られること」を、今回は主人公のマックィーン自身が体感していきます。ピカピカだったボディは若干くすみ、あちこちに傷がついている点も、ピクサーの相変わらずの映像技術により見事に再現されています。古き良き昔を新しい技術で描くという一種の皮肉のようになってはいますが、今作は新時代への単純なアンチテーゼではなく、後陣に道を空けることの意味を優しく観客に教えてくれるのです。

 どうしても道中のギャグパートを面白おかしく描く必要があるため、主人公のマックィーンが以前と同じ過ちを犯している点はなんとも残念ではありますが、新キャラクターのラミレスはなかなかにいい味を出してくれます。能天気と言えるまでの明るさが、諦めによって裏付けられたものであるという奥が深すぎる設定は、子供には分かりづらいかもしれませんが、諦めを知る年齢になった思春期の青少年以上ならきっと理解できるものでしょう。

 終盤の展開も良くできています。悪くいうと一作目をなぞっているだけとも言えますが、「先人たちは次に生まれる子供たちのためにある」ことを表すには端的で明確な手法でしょう。失望が希望に変わる瞬間を目の当たりにする、究極の感動がクライマックスには込められています。これに加えシリーズ最高のレースシーンが盛り沢山とくれば、有終の美と言う他ないでしょう。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/09/30 (Sat) キングスマン

kingsman_the_secret_service.jpg


原題    Kingsman: The Secret Service
公開    2015年
上映時間  129分
製作国   イギリス/アメリカ

監督    マシュー・ヴォーン
脚本    ジェーン・ゴールドマン/マシュー・ヴォーン
原作    マーク・ミラー/デイヴ・ギボンズ 『キングスマン:ザ・シークレット・サービス』

出演    タロン・エガートン
      コリン・ファース
      サミュエル・L・ジャクソン

あらすじ
 ロンドンで不良として荒んだ日々を過ごしていたエグジーは、トラブルに巻き込まれた際に、父親の形見であるペンダントの裏にある電話番号に助けを求めた。するとその電話は「キングスマン」というどの国家にも属さない秘密諜報機関へとつながり、そのエージェントの一人であるハリーから、父親が候補生の一人であったこと、そして自分もその一員としてスカウトされたことを知る。





鑑賞日   17年9月23日
鑑賞方法  Blu-ray
評価    3.5点


レビュー
 映画の定番ジャンルとも言える「スパイ映画」。それを徹底的にパロディ化しつつも、様式美とも言えるほどの暴力的なスタイルを見せつけたのが本作『キングスマン』です。主人公であるエグジーを一流のスパイとして鍛えるストーリーと、暴力嫌いの敵の陰謀を描くストーリーを交互に描くため、どうしてもそれぞれが薄味になり、せっかくの魅力的なキャラクターたちを存分に活かせていないきらいはあります。しかしながらほとんどの人にとっては、コリン・ファースの華麗なるキングス・イングリッシュを聞けば大満足には違いないのです。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/08/30 (Wed) 俺たちポップスター

popstar.jpg


原題    Popstar: Never Stop Never Stopping
公開    2016年
上映時間  86分
製作国   アメリカ

監督    アキヴァ・シェイファー/ヨーマ・タコンヌ
脚本    アンディ・サムバーグ/アキヴァ・シェイファー/ヨーマ・タコンヌ

出演    アンディ・サムバーグ
      アキヴァ・シェイファー
      ヨーマ・タコンヌ


あらすじ
 ラップ・グループの『スタイル・ボーイズ』として一世を風靡したコナー・ローレンス・オーウェンの3人だったが、次第にコナーにばかりスポットライトが当たるようになり、彼の身勝手な性格も重なりグループは解散してしまう。そしてグループ解散後、ソロとして成功を収めたコナーの栄光と没落の軌跡をカメラは追うことになる。





鑑賞日   17年8月30日
鑑賞方法  映画館
評価    3.5点


レビュー
 ロブ・ライナーによる『スパイナル・タップ』は、80年代当時大仰しいまでに成長を遂げたロック界への愛と風刺を描いた傑作モキュメンタリー(ドキュメンタリー風のフィクション)でした。いくつかの媒体でも「21世紀版スパイナル・タップ」と評された本作は、馬鹿げた外見に反して、意外にもテーマに真摯に向き合って作られたもう一つの傑作なのです。

 21世紀のアメリカ音楽界を舞台にする以上、その標的となるのは間違いなく肥大化したポップミュージックに他なりません。ありきたりなメロディ、意味のない歌詞の繰り返し、しつこいほどのラップパート。そのようないわゆるステレオタイプを的確に観察し模倣した曲を冒頭から湯水のように使用し、観客をエゴの渦巻く世界へと映画は放り込みます。(ただし関わっているミュージシャンが大物ばかりなので、「あれ、いいなぁこの曲」とそのキャッチーさに多くの人は惹かれるでしょう。)

 もちろんパロディはそれだけにとどまらず、ポップアイコンそのものにも切り込んでいきます。今回主役であるコナーは、昨今話題に上がるスターたちの悪いところの寄せ集めのようなキャラクターです。取り巻きを侍らせ、自分が王様だと言わんばかりに傍若無人に振る舞いますが、数々のプロデューサーを揃えた自作のソロアルバムは大爆死。その自作の曲も、社会へのピントのずれた提言や女性蔑視に塗れ、そのひどい私生活も相待って多くの批判にさらされていきます。不思議なことに、ここまで極端でなくとも似たような人間が思い当たってしまう点がこの映画の怖いところでしょう。

 上記のような直接的に音楽に関わる部分はもちろんのこと、その他の馬鹿げた小ネタも含め、かなり念入りに構成されているので妙な信憑性を持っているところから製作陣の力の入れ具合がわかります。監督・製作・脚本・主演を担当した『ロンリー・アイランド(3人組のコメディグループ)』が自分たち自身の関係性をそのまま劇中の役に取り入れている点も、不思議なリアリティに一役買っているのでしょう。バラバラだった3人が如何に仲直りするのかという物語上の軸になるエピソードがなかなか感動的なのも頷けます。

 惜しむべきは、その仲違いした『スタイル・ボーイズ』の関係に話がフォーカスしていくので、前半では怒涛の勢いで描かれた風刺的描写が次第に薄れていくことでしょう。モキュメンタリーというスタイルが唯一無二の価値を生み出していたにもかかわらず、最終的にそこから離れてしまっては普通のフィクションのコメディ映画と大差ありません。ドキュメンタリータッチという構図から軸足を動かさなければ、真の意味での「21世紀版スパイナル・タップ」になれたかもしれません。

 そのような欠点はあるものの、それがこの映画の笑いの要素を損なうようなことはありません。アメリカ音楽を知る人ほど、「俺たちポップスター」の馬鹿げたパロディに終始笑わされることに違いはないのですから。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。