アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2017/10/13 (Fri) 櫛 - 夢博物館から

comb.jpg


原題    The Comb (From The Museums Of Sleep)
公開    1990年
上映時間  18分
製作国   イギリス/フランス

監督    ブラザーズ・クエイ (スティーブン・クエイ/ティモシー・クエイ)

出演    ジョイ・コンスタニーニデス
      ウィトルド・シェイボル




鑑賞日   17年10月13日
鑑賞方法  Blu-ray
評価    4点


レビュー
 こちらは『ストリート・オブ・クロコダイル』に比べると、より“悪夢”といった趣が強い作風に仕上がっています。テリー・ギリアムによる『Dr.パルナサスの鏡』の夢のシークエンスにおけるハシゴの場面は、この映画からダイレクトに(ほぼパクリといっていいほどの)影響を受けています。それだけインパクトの大きい作品であることの証拠なのです。

 一定の流れがあることはこちらでもなんとなく察することはできますが、これを論理的に文面で説明するのは不可能に近いでしょう。実写パートで出てくる女性の夢の内容がストップモーションで表現されていて、おそらく彼女の中で強いイメージとなった櫛が悪夢のモチーフとなっています。しかしながらそれらの関連性や、度々登場する性的な暗喩などが意味するものを具体的に指し示すことは難しいのです。強いて言うのであれば、実際に私たちが見る「夢」が持つ表象にはかなり忠実だと言えます。合理性に欠ける場面の連続や、不気味であるにも関わらずずっと見ていたいという矛盾した感情が沸き起こる点など、(あくまで個人的な考えですが)睡眠中に見る夢に覚える感触にそっくりなのです。まさに夢博物館という副題に沿う内容です。

 外的な部分に関して言及すると、遠近感を意識しつつも二次元的な構図が多いのも特徴的で、見かけの衝撃だけでなく、兄弟によって作品ごとに綿密なアイデアも組み立てられていることが裏付けられます。埃っぽい薄汚さと同時にどこか洗練されていて、スチームパンク的な要素も見られた『ストリート〜』と比較すると、より退廃的で露骨に恐怖感を煽る造形の人形になっているのもそういった工夫の一つでしょう。

 色々と説明しても、やはり直接見るのには敵いません。もし少しでも惹かれるものがあれば、あなたもクエイ兄弟の世界から抜け出せなくなるに違いありません。

スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/10/13 (Fri) ストリート・オブ・クロコダイル

street_of_crocodiles.jpg


原題    Street of Crocodiles
公開    1986年
上映時間  21分
製作国   イギリス

監督    ブラザーズ・クエイ (スティーブン・クエイ/ティモシー・クエイ)
原作    ブルーノ・シュルツ 『大鰐通り』

出演    フェリクス・スタウィンスキ





鑑賞日   17年10月13日
鑑賞方法  Blu-ray
評価    4点


レビュー
 実のところクリストファー・ノーランが“Quay”という短編ドキュメンタリーを製作するまで、クエイ兄弟のことはまったく知りませんでした。しかしある界隈においては非常に名の知れた存在で、テリー・ギリアムやティム・バートンといった悪夢のような映像表現を好む製作者たちに数々のインスピレーションを与えてきたそうです。特に今作『ストリート・オブ・クロコダイル』は兄弟のフィルモグラフィにおいても屈指の傑作と言われ、イギリスの著名な映画誌“Sight and Sound”上である批評家から歴代映画ベスト10に選ばれたこともあるそうです。

 このレビューであらすじを記載していないことからお分かりかと思いますが、彼らの作品の多くは明瞭なストーリーが存在せず、不条理文学の世界をそのまま映像化したような場面が続きます。ここで展開されるのは、無機物たちが地面を這う虫や千切れた手足のように生々しく蠢くなんとも不気味な世界と、そこに放り込まれた主人公らしき男の人形の顛末です。もちろんその物語にオチも何もあったものでは無いのですが、不思議なことにある一定のペースと流れは確実に存在し、自身の眼前になぜこれが存在するのか理解できなくても、多くの人はそのクラクラするような強烈なイメージの箱に引き込まれることでしょう。

 またビジュアルも際立っており、箱の中に赤黒いサビで覆われた廃墟のような街並みが展開されているというコンセプトも非常に魅力的です。随所に登場する仕掛けとなる紐の数々も先行きの分からない不穏さとじっとりとした緊張感を暗示していて、直接的な描写が少ないにも関わらず、どことなく不愉快さを感じさせる奇妙な感触としてこちらに伝わってきます。

 さらに映像表現においても特筆すべき点は多いのです。遠近感を意識したフィルム撮影、鏡・ガラス越しに映った対象物を捉えるカット、自然光を意識した照明など見事な場面の連続で、ストップモーションアニメのみならず実写映画にも影響を与えたことが頷けます。実際これを見た後だと、前述のクリストファー・ノーランによる初期の作品群がクエイ兄弟の影響を受けていることは明白です。

 じわりじわりと観客を引き込んだ最後に原作のモノローグで唐突に終了してしまうという、突き放すようなエンディングは単純に安易な選択と思えて仕方ありませんが、そこに至るまでの過程は唯一無二のものでしょう。芸術を表現するツールとしての映像をよく理解する人間だからこそ描写できる、混沌としながらも美しい作品です。是非とも原作、そして彼らに影響を与えた芸術家たちについて学んだ後にもう一度触れてみたいと思わされました。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/31 (Mon) デ・パルマ

de_palma.jpg


原題    De Palma
公開    2015年
上映時間  107分
製作国   アメリカ

監督    ノア・バームバック/ジェイク・パルトロー


あらすじ
 『キャリー』、『スカーフェイス』、『アンタッチャブル』に代表される数多くの映画を生み出してきたブライアン・デ・パルマの映画人生を彼自身へのインタビューから紐解いていく。





鑑賞日   17年7月31日
鑑賞方法  映画館
評価    4点


レビュー
 この手のドキュメンタリー映画を想像すると、大抵の場合は本人及び周囲の人たちの証言をもとに、題材となる人物の人生や考え方を浮き彫りにするものが多いはずです。ところがこの映画はそのように凝ったことは一切していません。監督のフィルモグラフィーを順に追っていき、それを監督自身の言葉でひたすら語ってもらうという何とも男気溢れる作りになっているのです。

 そもそもブライアン・デ・パルマに対してのイメージは、最近ではいわゆる「カルト映画」を量産し、タランティーノなどの多くの信奉者を生み出したというので統一されているのでは無いでしょうか。「名監督」というには近年含め駄作と言われるものも多く、なかなか評価の難しい人ではあります。その彼自身の目を通した時、一体どんな真実が浮かび上がってくるのでしょうか。
 実のところ、何か新しい事実が判明したりするわけでも、彼に対して奥深い考察がなされるわけではありません。序盤に本当に少しだけ、彼の人生について簡単に教えてくれますが、それ以降はひたすら舞台裏の話が続きます。彼の人となりや映画界への影響といった客観的事実を求めてしまえば、このドキュメンタリー映画は間違いなくドキュメンタリーとして失格と言えるでしょう。

 しかしながら、アマチュア時代の短編も含め、彼のフィルモグラフィーを徹底的に考察して行くそのスタイルは単純ながらとても興味深いのです。よく知られている通り、デ・パルマの作風には明らかに著名なサスペンス映画からの影響が数多く見て取れます。少し前まではそれについて言及されることを嫌っていたらしいですが、今作中ではあっけらかんとヒッチコックなどからの影響があることを自ら話しているのです。なぜ彼があの構図を好むのか、どうしてああいった作風が多いのか。他者によって研究し尽くされたとも言えるデ・パルマの映画論が、彼の口から語られることでより一層の真実味を帯びていることが、この作品の一線を画する点には違いありません。

 全体を通すと、いかに彼がひとつひとつの作品に対し妥協なく作っているかが分かります。見る側からすればある日公開されたただの駄作でも、彼からすれば長い製作期間を通してやっとできた完成品のひとつなのです。臨場感あふれる語り口が、彼の持つ映画への情熱をありありと伝えてくれ、駄作だったはずの映画をもう一度見たいと思わせ、名作を不朽のクラシックへと昇華させる。
 彼の作品群だけでなく、その他にある無数の玉石混交の映画たちの素晴らしさを再度認識させてくれる、シンプルなのになんともユニークなインタビューなのです。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/20 (Thu) インソムニア

insomnia.jpg


原題    Insomnia
公開    2002年
上映時間  118分
製作国   アメリカ

監督    クリストファー・ノーラン
脚本    ヒラリー・セイツ

出演    アル・パチーノ
      ロビン・ウィリアムズ
      ヒラリー・スワンク


あらすじ
 アラスカにあるナイトミュートという小さな町で、17歳の少女ケイが何者かに撲殺された。ロサンゼルス市警の刑事ドーマーとエッカートは地元警察を支援するために現地に赴く。犯人の手がかりを見つけ、後一歩のところまで追い詰めるものの、ドーマーは犯人と間違えエッカートを誤射し殺害してしまう。それからというもの、一日中日が沈まない白夜の続く町で、罪悪感にさいなまされるドーマーは不眠症に陥る。そんな折に、真犯人からドーマーに直接連絡が来る。





鑑賞日   17年7月20日
鑑賞方法  DVD
評価    4点


レビュー
 通常、リメイク作品がオリジナルを超えるのはなかなかに難しいでしょう。近年の批評もしくは興行で失敗に終わったいくつかの作品を見れば、それは一目瞭然です。しかしながらノーランによるノルウェー映画のリメイクである本作は、そういった壁を乗り越え、自らもオリジナリティを持つような、まさにリメイクのお手本として仕上がっています。

 大まかなプロットはほぼ同じと言って差し支えがないでしょう。白夜の続く町で起きた事件というオリジナル版の設定をそのまま引き継ぐために、舞台をアラスカに置き換え、そのあとの流れも終盤を除き一緒です。もっとも、いくつかの重要なポイントを変えることで、物語の性質は全く持って異なります。

 その一つが主人公のキャラクター設定。オリジナル版のステラン・スカルスガルドよりも10歳以上年長のアル・パチーノが演じることで、経験の豊富さを前面に押し出しています。またそれに伴い、オリジナル版では根底に流れていた性的な側面を全面的に排除し、正義と悪の境界というテーマを明確に打ち出していました。この点に関して言えば、良い面も悪い面もあると言えるでしょう。
 まず主人公の「後ろ暗い過去」が全く異なるものにすり替えられたので、相棒を射殺してしまったことによる葛藤がより複雑で納得のいくものに変更されています。狂気じみた正義感というキャラクター自体、時折オーバーな演技になってしまうアル・パチーノが演じるにはぴったりの役柄です。不眠症に悩まされる姿も、スカルスガルドの抑えた演技も良いですが、今作の方がその疲労感などがはっきりと画面から伝わって来ます。実際、ここ20年の中では彼にとってベストに近い演技ではないでしょうか。
 反対に、オリジナルにあったジメジメとした陰鬱な雰囲気は皆無に近いです。独特のねっとりとした不気味さがなくなったことで、シンプルな事件のあらましが余計に浮き出てしまい、ありがちな刑事ものによってしまったことも事実です。ロビン・ウィリアムズ演じる犯人含め、事件に関わる人間の印象が一様に薄くなったことは欠点に違いありません。

 しかしながら、細かなポイントを注意深く見ていくと、この映画が如何にオリジナル版を研究しているか分かるはずです。ところどころ説明がなされずおざなりになっていた部分を、上記の変更点などを用いながらうまく理由づけていくことで、より緻密な構成になっています。だからこそ同じ出来事を描いていても、受け取る側(すなわち観客)は全く違う印象を受けるので、この映画自体を一つのオリジナル作品として捉えることができるのです。結末の改変については賛否両論あるかもしれませんが、少なくともこの一つの映画においては、一貫したテーマを伝える上でも最良の選択肢ではないでしょうか。

 その他のノーランによる作品に比べると極めてベーシックな作りで、インパクトのあるものではありませんが、一つのサスペンスとして考えれば、これほど満足感のあるリメイクにはなかなか出会えないのです。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/19 (Wed) メメント

memento.jpg


原題    Memento
公開    2000年
上映時間  113分
製作国   アメリカ

監督    クリストファー・ノーラン
脚本    クリストファー・ノーラン

出演    ガイ・ピアース
      キャリー=アン・モス
      ジョー・パントリアーノ


あらすじ
 ある日、保険会社の調査員であったレナードは、自宅に押し入り妻に暴行を加えた男に殴られ、記憶障害を負ってしまう。妻を殺され、自身も10分間しか記憶を保てなくなった彼は、日々犯人の行方を追っていた。重要な証拠は体に刺青として残し、知り合った人間を記録するために写真を撮るなど工夫をすることで、自らのハンディキャップを克服しながら、彼は次第に真相に近づいていく。





鑑賞日   17年7月16日
鑑賞方法  Netflix
評価    4点


レビュー
 クリストファー・ノーランの名前を世界に知らしめた、精巧に組み上げられたサスペンス映画です。前作『フォロウィング』でも時系列を交錯させるなど、既にその手法の片鱗は見えていましたが、今回はそれをストーリーの根幹として全面的に採用し、それが見事に功を奏したのです。

 よく時系列が逆転しているという点で話題に上りますが、厳密にいうと映画は2つのパートに分かれています。まずは実質上のエンディングからスタートし、10分毎の展開を描くたびに一つ前の時間へと戻るカラーの部分。そして主人公のレナードが何者かに電話をし、通常通り過去から未来へと時間が流れるモノクロの部分。何より見事なのは、この2つのパートが謎を提示しながらも、互いのエピソードのヒントとなるものを少しずつ露わにし、最後にはまさに「一つの線で繋がる」という文字どおりの経験を観客ができる点にあると思います。このギミックを用いながら、難しい映画だと感じさせつつも純粋に楽しめるものとして仕上げている点が、ノーランの中の作家性とエンターテイメント性のバランス感を明示しているでしょう。

 単純に個々のエピソードのつながりを見るのも大変面白いです。物語が急展開した後に、その答えが明かされるという一種のクイズのような構造になっているため、謎のすっきり感が得られること請け負いです。それに加え、映画の中で描かれる時間はさほど長くはないため、実際にはとてもスピーディーな展開となり、複雑ながらもテンポよく見られる点も素晴らしい。

 しかしながら、一つのサスペンスとして考えた時、よくよく考えると筋の通っていない、もしくは映画の中では明確に答えが提示されていないものもいくつかある点は気になります。そのロジック自体を重要な要素の一つとして取り上げるのであれば、できることなら漏れなく構成して欲しかったと思ってしまいます。もちろん、この映画以上に巧みに組まれた映画など無いに等しいことは前提なのですが。
 また登場人物の少なさが、予期せぬポイントで観客を混乱させているようにも感じられました。もちろん、毎回当然登場する協力者のテディなど、ミスリーディングとして成立しているキャラクターもいますが、話の中心には絡んでこないエピソードが意外にも複雑なのです。大筋とは関係のない部分で混乱し、見終わった後にモヤモヤとした感情が残るのは本来制作側が意図したものではないに違いないのです。

 結局のところ、『フォロウィング』と同様、登場人物の内面を深く考察する映画ではなく、純粋に脚本の組み立てや絶妙な緊張感を味わう映画なのです。レナードの憎悪や復讐にかられる気持ちは残念ながら伝わっては来ません。しかしながら、記憶を失うという主人公と同じ体験をできるという点で見た時、これほどまでに楽しめ優れた映画はこの世に存在しないでしょう。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。