アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2015/08/29 (Sat) 犬神家の一族

犬神家の一族


英題   The Inugamis
公開   1976年
上映時間 146分
製作国  日本

監督   市川崑
脚本   長田紀生/日高真也/市川崑
原作   横溝正史『犬神家の一族』

出演   石坂浩二
     島田陽子
     あおい輝彦


あらすじ
 製薬業で名を上げた、財界の大物である犬神佐兵衛が莫大な財産を残して亡くなった。互いに反目し合っている遺族たちは遺産をせしめようと、彼の遺言が公開されるのを今か今かと待ちわびていた。そんな中、かの名探偵金田一耕助が犬神家の調査を依頼され、犬神家の本宅のある那須の湖畔へと赴いた。しかし依頼人は何者かに殺害された後であった。さらに佐兵衛の長女松子の一人息子で、出兵していた佐清が顔に重傷を負って帰ってきた。親族が全員揃ったことで遺言状が公開されたが、そこには恐るべき内容が書いてあり、これが惨劇の引き金となったのである。




鑑賞日  8月28日
場所   家
評価   4点


レビュー
 恥ずかしいことに私は金田一耕助シリーズを何一つ読んだことがない。「横溝正史=子供には怖すぎる」という図式が出来上がったまま、気づいたら大人になっていた。よって原作との比較ではなく、あくまで映画としてのレビューとして書いていることに留意してほしい。

 映画を見たことがない人間でも知っているだろう、スケキヨの仮面や水面から突き出た死体の両足など、強烈なビジュアルセンスをあますことなく発揮している。予告編でも「新しい映像の創造」と謳われているが、新しいかはともかくとして、随所に美意識の感じられる映像の作りは見られる。上げたらきりがないが、特に私の目を引いたのは佐兵衛の遺影に向かって座る松子を映したシーンだ。佐兵衛という人間の狂気を、本人はただの遺影にもかかわらず、引きずり込まれるようなカメラワークで表現していた。
 ロケーションもいい。戦後すぐの那須を再現し、湖畔の風景や、今となっては見かけない独特の和洋折衷の様式もまた時代を良い意味で感じさせてくれる。市川崑自身の手によるリメイク版でも、オープニングで金田一耕助が歩く場面は今作の風景をそのままCG処理を施し合成しているというのだから、その影響がうかがえる。

 さて、上に挙げたようにこの映画はどうしても映像面に目が行きがちだが、実際のところ物語自体を引っ張っているのはキャラクターの妙である。自分の家族の利益だけをとことん追求する犬神家の面々や、序盤でしか登場しないのに強烈な印象を残す佐兵衛(三國連太郎が演じているから当然とも言えるが)、そして何と言っても主役の金田一耕助は外せない。
 一見すると彼がいなくても映画が成立するような気がするが、ストーリーのトーンや緩急をつけているのは彼の仕事だ。石坂浩二による、頼りなさげな風貌でいながら時折鋭い眼光を見せる金田一耕助は、コメディリリーフでもありまとめ役でもあるという難役を見事にこなしている。事実、この映画は恐怖描写のみならず、喜劇的なスタイルもまた魅力の一つとなっているのだ。

 しかし時代の流れを逆らうことはできないようで、いただけない部分も多分にある。その一つが時折挿入される風変わりなカットだ。なぜかスチール写真を用いたコマ割りになったり(これは映像が紛失したのかもしれないが、私は真相を知らない)、コントラストの激しいモノトーンの回想場面など、鮮烈な映像美というよりは単にくどい場面も多い。
 プロットにいまいち整合性が感じられないのもミステリーとしては褒められたものではない。これが横溝正史の原作から存在していたのか、映画にする際に翻案を行ったせいでこうなったのかは分からない。だがある登場人物の行動原理や、そのバックグラウンドなどが観客には理解しがたいものであった。

 とはいえ、私自身、最後の展開には驚かされてしまった。「スクリーム」などでも使用された脚本の捻りを70年代に行っていた点は驚嘆せざるをえない。日本人で知らないものはいないであろう「犬神家の一族」は、エンターテイメント性と上質な芸術性を見事に組み合わせた真の大衆映画と言える。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2014/12/29 (Mon) ボーン・アイデンティティー

ボーン・アイデンティティー


原題   The Bourne Identity
公開   2002年
上映時間 119分
製作国  アメリカ

監督   ダグ・リーマン
脚本   トニー・ギルロイ/ウィリアム・ブレイク・ヘロン
原作   ロバート・ラドラム『暗殺者(原題:The Bourne Identity)』

出演   マット・デイモン
     フランカ・ポテンテ
     クリス・クーパー


あらすじ
 銃で撃たれた男がマルセイユ沖で救出される。無事に回復したものの、彼は自分の名前はおろか、撃たれる前の記憶を一切失っていた。彼は自らの正体を探るため、皮膚に埋め込まれていたレーザーポインターが示したチューリヒ相互銀行へと向かう。そこにあったのは大量の札束と銃、そしていくつかの偽造パスポート。その後、彼は自分の命を狙ったのが自分のいた組織であったことを知る。





鑑賞日  12月28日
場所   家
評価   4点


レビュー
 それまで弟分のようなキャラクターが多かったマット・デイモンを、マッチョなアクション俳優としても素晴らしいことを証明した作品である。実際、非常に見応えのある硬派なアクションに仕上がっているのは、間違いなく彼によるものだ。スピーディなチェイスから、緊張感のある銃撃シーンまで、すべてがタイトにまとめあげられている。名シーンはクライヴ・オーウェンが演じる「教授」(彼の演技もピカイチである)との戦いだろう。あれほど静かでありながら残酷な場面もなかなかない。

 とはいえ、脚本に問題がないわけではない。トレッドストーン計画の全貌など、いくつか(というかほぼ全て)の謎を残したまま映画が終了するので、結構もどかしいのである。続編に乞うご期待、と言ってしまえばそれで済む話だが、やはり3部作とはいえある程度の決着は付けるべきではないだろうか(第一、「ボーン・アイデンティティー」製作時は続編の計画など無かったのだから、なおさらストーリーは収束させるべきである)。事実、最後のクライマックスは正直尻窄みである感じを拭えない。あれだけ鬼気迫るアクションを繰り広げながら、最後は下っ端とのもみ合いというのはなんとも悲しいではないか。

 しかし全体として、プロットはそつなく完成されていると言える。リアリズム溢れるスパイ物でありながら、荒唐無稽であることも忘れず、程よくロマンスで味付けをしてある。随所に登場するヨーロッパの名所や風景も、他のアメリカ製アクションとは異なる彩を映画に添えている。
 そして何より、マット・デイモンが真のハリウッドスターになった瞬間でもあるのだ。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2013/04/14 (Sun) ミッシング(家で鑑賞)

ミッシング

原題   Missing
公開   1982年
上映時間 122分
製作国  アメリカ

監督   コスタ=ガウラス
製作   エドワード・ルイス/ミルドレッド・ルイス
脚本   コスタ=ガウラス/ドナルド・スチュアート
原作   トマス・ハウザー『The Execution of Charles Horman: An American Sacrifice』

出演   ジャック・レモン  ···エド・ホーマン
     シシー・スペイセク ···ベス・ホーマン
     メラニー・メイロン ···テリー・サイモン


あらすじ
 1973年、軍事クーデターの起きた南米・チリで、妻ベスと暮らしていたアメリカ人の青年チャールズ・ホーマンが行方不明になる。
 ベスから知らせを受けたチャールズの父エドは、現地でベスとともにチャールズの行方を追うものの、一向に手がかりをつかむことができない。実はチャールズの失踪には、クーデターに対する米国の陰謀が関わっていた。





評価:4点(5点中)


レビュー
 チャールズ・ホーマン失踪事件を描いたノンフィクション書籍の映画化である。

 真実の話をベースにしているのでストーリーには当然リアリティがあり、真に迫ってくる。なぜチャールズ・ホーマンは消えたのか。その裏に見え隠れする存在を突き止めるために、父親と妻が奔走する。
 この奇妙なコンビは映画的な部分にも大きく貢献している。ジャック・レモン演じるエド・ホーマンは少々頭の固い男で、息子たちのすることが理解できない。対するスペイセクは社会主義に理想を見いだそうとしていた時代の人間に成り切っている。このジェネレーション・ギャップが会話の随所にちりばめられていて、重くなりがちなサスペンスに軽妙さを与えている。
 だがこの映画が最も素晴らしいのはその訴えかける力だ。あまりにも大きすぎる陰謀に押しつぶされそうになりながらも、必死にチャールズを探す2人の姿はあまりに痛ましい。ジャック・レモンの皮肉っぽい持ち味が、逆に物語の悲惨さを際立たせているのだ。

 息を呑むシーンも多い。その最たるものは、銃殺された人間が山積みにされた部屋に入る場面だ。それまでは登場しなかったストレートに生々しい場面がここで初めて映し出されるから、その衝撃度は半端ではない。その上、部屋を紹介するチリの軍人とアメリカの領事が眉一つ動かさないのにはぞっとさせられた。

 この映画の欠点は映画的な演出が酷く時代錯誤である点だ。陳腐なカメラワークや「いかにも」なセット。照明の当て方にもセンスが感じられない。それに序盤のチャールズが失踪する前の場面は正直言って見苦しい。スペイセクも他の出演者とかみ合っているとは言えないし、物語の滑り出しとしては最悪だ。

 それでもこのレビューを読んだなら、「ミッシング」を絶対に見るべきだ。こんな話が現実にあることがまず信じられないし、そのインパクトがすべての欠点を吹き飛ばす。繊細さと大胆さが見事に噛み合わさり、忘れがたい唯一無二の映画となっているのだ。
 この映画を見た後は「正義」についてじっくりと考えさせられるはずだ。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2013/04/07 (Sun) リトル・ダンサー(家で鑑賞)

リトル・ダンサー

原題   Billy Elliot
公開   2000年
上映時間 110分
製作国  イギリス

監督   スティーブン・ダルドリー
製作   グレッグ・ブレンマン/ジョン・フィン
脚本   リー・ホール

出演   ジェイミー・ベル    ···ビリー・エリオット
     ジュリー・ウォルターズ ···サンドラ・ウィルキンソン
     ゲアリー・ルイス    ···ジャッキー・エリオット


あらすじ
 イギリス北部の炭鉱町エヴァリントンにビリーは住んでいる。当時のイギリスは炭鉱不況の真っ只中で父と兄のトニーはストライキに参加していた。そんな父はビリーを近所のボクシングジムに通わせている。しかしビリーはボクシングを始めた当初から、その性質に馴染めず試合には負けてばかりであった。
 ある日、ストの影響でジムの隅でバレエ教室が開かれることになった。もともと音楽が好きであったビリーは音楽に合わせて優雅に踊るバレエに魅せられ、密かに教室に参加しコーチの指導を仰ぐのであった。





評価:4点(5点中)


レビュー
 いまやオスカー候補の常連であるスティーブン・ダルドリーの長編第一作である。だが「リトル・ダンサー」はデビュー作とは思えないほどの素晴らしい出来を誇っている。

 まず物語のテンポがいい。主人公のビリーがバレエに興味を持つくだりもダラダラしていないし、次から次へと様々な出来事が起きるから飽きることは一回も無い。しかもこの映画の見事な点は、その様々なイベントを完璧に処理している点だ。よくあるのは、たくさんの物語を盛り込みすぎたせいでスピーディになるどころか、逆にテンポが悪くなり散漫とした印象すら受ける。しかし「リトル・ダンサー」に関しては心配ご無用。「ビリーのロイヤル・バレエ・スクールへの受験」「ビリーと家族」「父と兄のスト」「ビリーとその友達」etc…これだけたくさんのエピソードで構成されているのに、不思議なほどまとまりがあるのだ。しかもそのすべてが面白く、そして感動できる。逆にもっと掘り下げてほしいぐらいだ。

 さらに役者たちがみなはまり役なのだ。何と言っても主人公のビリー。ジェイミー・ベルは子供らしさと妙に大人びた行動を見事に使い分けて、完璧に彼に成り切っている。全身を使って自分の感情を表現するような(良い意味で)オーバーな演出もあれば、静かに涙を流すシーンも。繊細な感情の起伏がしっかりと伝わってくる。
 ビリーの友達マイケルは自分がゲイであることを次第に自覚していく。彼がビリーに対し複雑な感情を抱いている様も決してわざとらしくなく、あくまで子供らしいところに好感が持てる。しかもその「微妙な空気」を出すのが絶妙に上手い。(大人になったマイケルには笑ってしまったが)
 
 脇を固める大人も良い。ジュリー・ウォルターズは思ったほど出てこなかったが、それでも観客の記憶にはしっかりと残るはずだ。レッスン中にもタバコを吸いながら、けだるさを全面に出していたのに、ビリーとであったことで情熱を取り戻していく様はごく自然だ。
 ビリーの父親は、個人的にはこの映画の大人の役者で一番の演技をしていると思う。初めはどうしようもない頑固親父で、いかにもステレオタイプな印象を受ける。だがビリーがバレエを踊ることに理解を示し始めた中盤ぐらいから、急に深みが増してくる。それどころか、ウィルキンソン先生を差し置いて物語のメインとなるのだ。頭は固いが、子供のことは心から愛していて、ビリーのために奔走する姿には泣かされる。何気にビリーの兄トニーとのシーンでもきっちり感動させてくれる。

 いくつか問題点はある。先ほども挙げたが、一つ一つのエピソードの描き方が足りない。いや、物語の均衡を保つ上ではこれがベストなのかもしれないが、印象的なエピソードが多い分、物足りなく思ってしまう。
 さらに、ロイヤル・バレエ・スクールでのダンスシーンがあっさりしすぎているのも気になった。いくら他の話の出来が良くても、メインは「ビリーのバレエへの出会い」であり、その終着点となるシーンに重点を置くべきだ。その前にビリーは一度、父親の前でダンスを披露するのだが、このシーンは声もでないほど素晴らしい。だからこそ、全体のクライマックスとなる試験のシーンは力を入れてほしかった。

 それでもこの映画は人を惹き付けてやまない。劇中の音楽はクラシックだけに留まらず、イギリスのバンドによる往年のロックを選び、それが場面とぴったり合っている。ミュージカル化されたのもうなずける出来栄えだ。
 そして何より、「リトル・ダンサー」は見る人を心から感動させ、元気づけてくれる。元々スティーブン・ダルドリーはクサい演出が多く、「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」ではそれが評価の分かれ目となった(私は嫌いじゃないが)。だが「リトル・ダンサー」のそういった演出は(彼にしては)意外にも抑えめで、好感が持てる。良くできた脚本と素晴らしい役者が揃ったおかげだろう。

 映画というものは見る人によって好き嫌いがあるだろう。しかし「リトル・ダンサー」はどんな人でも安心して楽しめる感動作である。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2013/04/07 (Sun) シュガー・ラッシュ(映画館で鑑賞)

シュガー・ラッシュ

原題   Wreck-It Ralph
公開   2012年
上映時間 101分
製作国  アメリカ

監督   リッチ・ムーア
製作   クラーク・スペンサー
脚本   フィル・ジョンストン/ジェニファー・リー

声の出演 ジョン・C・ライリー    ···“レック・イット”・ラルフ
     サラ・シルバーマン    ···ヴァネロペ・フォン・シュウィーツ
     ジャック・マクブレイヤー ···“フィックス・イット”・フェリックス・ジュニア


あらすじ
 ヒーローにあこがれる人気ゲームの悪役を主人公に描くディズニー・アニメーション。アメリカで長年親しまれているアーケードゲーム「Fix-It Felix」の悪役キャラ、ラルフは、嫌われ者の悪役を演じ続けることに嫌気がさして自分のゲームから飛び出し、お菓子の世界で繰り広げられるレースゲーム「シュガー・ラッシュ」に出ることに。そこでラルフは、仲間はずれにされているヴァネロベに出会い、孤独な2人は友情を深めていく。しかし、「シュガー・ラッシュ」にはある秘密があり…





評価:4点(5点中)


レビュー
 最近はピクサー製作の映画ばかりがヒットし、本家のディズニーも“ピクサーっぽい”アニメ映画を作るようになった。今回もその例に違わず、いかにも今時の3Dアニメーションに仕上がっている。だが「シュガー・ラッシュ」はそこに“ディズニーらしい”ウィットやストーリーを盛り込むことに成功した。

 そもそも題材からして興味をそそられる。ゲームの世界を舞台としたアニメはありそうでなかった。こういう“人間が見ることのできない世界”というものの設定などは見ているだけでも面白い。ゲームセンターの筐体から筐体へプラグの中を移動し、開店時間には持ち場につく。仕事が終わると、他のゲームの住人と呑み交わし、また次の日に備える。非常にユーモア溢れるストーリーだ。

 主人公のラルフはそれらのゲームの一つ「Fix-It Felix, Jr.」の悪役である。仕事柄、周囲の人からのイメージも「悪役」であり、不器用なものだから何をしても空回り。典型的な「憎めないやつ」である。この序盤で特筆すべきは、ラルフがなぜ「ヒーロー」になりたいのか、自分でも正確に説明できない点だ。とにかく表面的な勝利主義に走りがちな人々を、(ユーモアに富んでるが)辛辣なジョークでさりげに批判している。

 細かい点では数々のゲームへのオマージュに溢れていることが見ていて楽しかった。ドット画の2Dゲームから、高解像度の3Dゲームまで。ありとあらゆる場面・キャラクターが登場するのに、それぞれが違和感なく共存し合うところも良くできていた。
 何回か舞台が変わるのも、(少々忙しい気もするが)視覚的な楽しさに貢献している。「シュガー・ラッシュ」というカラフルなゲームがメインに来ていることもあり、3D効果も存分に発揮されていた。

 問題点を挙げるなら、「シュガー・ラッシュ」に入ったばかりのところで展開が少しもたついているようにも感じた。ラルフとヴァネロペの交流は確かに重要だが、実際に2人が仲良くなるのはその後だから、もう少し省略できたのではないだろうか。
 それでも別々のストーリーを上手く一つにまとめあげていたのは上手かった。様々な敵が存在していると、大抵ストーリーがごちゃごちゃになるが(「カーズ2」はその典型例)、「シュガー・ラッシュ」はその点完璧であった。

 キャラクターも好感が持てるし(大王にだけはイライラさせられる)、子供も大人も楽しめるアニメ映画の見本のようだ。
 でもそこに込められたメッセージは、大人向けの極めて現実的なものだ。ネタバレになるから言わないでおくが、これほどしんみりとしたエンディングもなかなか見られない。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント