アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/02/08 (Sun) はじまりのうた

はじまりのうた


原題   Begin Again
公開   2013年
上映時間 104分
製作国  アメリカ

監督   ジョン・カーニー
脚本   ジョン・カーニー

出演   キーラ・ナイトレイ
     マーク・ラファロ
     アダム・レヴィーン


あらすじ
 イギリスからニューヨークへとやって来たシンガーソングライターのグレタは、恋人デイブに裏切られ失意のままライブハウスで歌っていたところを、落ち目の音楽プロデューサー、ダンに見出される。ダンに誘われてアルバムを制作することになったグレタは、ニューヨークの街角で次々とゲリラレコーディングを敢行していく。




鑑賞日  2月7日
場所   映画館
評価   4.5点


レビュー
 ついこの前、日本にも来ていたミュージカル版の「Once」。その元の映画で監督をしたジョン・カーニーによる、初のアメリカ制作の映画である。「Once」と同様の、音楽をフィーチャーした期待に応える映画に仕上がっている。

 映画の骨子の部分は、実は「Once」となんら変わりがない。売れているとは言い難いミュージシャンが少しずつ仲間を集め、引き語りでしかなかった歌をバンド形式の曲に仕上げていく。未完成の曲が少しずつブラッシュアップされていく様はなんとも心地よく、クライマックスへ向けての布石としても素晴らしい効果を発揮している。その骨の部分に、アメリカらしい(というより音楽業界らしい)エピソード(=肉)を付け加えることで、ストーリー自体をメジャー映画としても通ずる軽やかなタッチに仕上げている。そして、その肉の部分にまったく無駄がないのだ。

 常に物語の中心となるのは、キーラ・ナイトレイ演じるグレタの失恋と再生、マーク・ラファロがいい味を出しているプロデューサーのダンの家族との和解、そしてもちろん、2人と仲間たちによって作られる音楽だ。2時間もない上映時間において、必要な情報を凝縮して詰め込むのはなかなか難しいはずだ。それなのに、監督は脇道にそれることなく、メインのストーリーのみをしっかりと描ききっている。しかも、それが決して浅いものではなく、主要な登場人物の心情の動きは非常に丁寧かつディープに映し出した。

 もちろん、ストーリーが魅力的なのに、役者がお粗末では話にならない。だがこの映画においては心配無用である。誰一人として余計な人間は存在せず、その誰もが忘れ難い印象を放っている。
 キーラ・ナイトレイは久々に良い演技を見せていた。堅物で融通の利かないグレタを下手に演じてしまうと、ただただ鼻に付くアーティスト気取りの人物に成り下がっていただろう。それをナイトレイは、ふとした時に見せるチャーミングな表情で、鼻に付くどころかとても好感の演じる人物になりきった。他のキャラクターもなまじ良いせいで、彼女自身のシーンがどうしても割かれてしまうのは仕方のないことだが、もっと彼女の演技を見ていたかった。
 マーク・ラファロは相変わらず、退廃的な雰囲気とニューヨーク特有のファッショナブルな印象を融合させた、絶妙な演技を見せてくれる。「キッズ・オールライト」の時もそうだったが、「本質的には良い人間でありながら寛容し難い欠点を持つ人物」をやらせると彼の右に出るものはいない。私のお勧めする役者の一人である。
 そして思わぬ発見が、マルーン5のアダム・レヴィーンだろう。さすがに上記の2人ほど達者な演技はできないが、彼の持ち味であるスター性を上手に生かしている。初めの一般人然とした男性が、いつのまにか「スター(=アダム・レヴィーン)」となっていく段階的な演技は、やはり本物のカリスマにしかできない芸当だろう。(とはいえ、苦悩を見せるシーンはマルーン5のMVにしか見えなかったが。)また彼が歌を披露するシーンは、キーラ・ナイトレイも素晴らしいが、彼女のそれとは比べものにならないほど圧倒的だ。

 今のところ、「最近の映画でお勧めは?」と聞かれたら、まちがいなくこれを挙げるだろう。これほどにまで万人ウケする要素を持ち合わせていながら、作家性を損なっていない映画はないだろう。見た目は素朴ながらも、良質のアーティストを揃え、馴染みのある街中で録音された、まさに劇中の音楽と同じなのだ。凝縮されているから、見た後の満足感もしっかり感じられる。
 アダム・レヴィーンのハイトーンの声に乗せて、ラストシーンのキーラ・ナイトレイが画面に映った直後、良い音楽を聴いた時と同じように、何とも言えない心地良い余韻が体に染み渡るのだ。

スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2015/01/01 (Thu) ゾディアック(劇場公開版)

ゾディアック


原題   Zodiac
公開   2007年
上映時間 158分
製作国  アメリカ

監督   デヴィッド・フィンチャー
脚本   ジェームズ・ヴァンダービルト
原作   ロバート・グレイスミス『ゾディアック(原題:Zodiac)』

出演   ジェイク・ジレンホール
     マーク・ラファロ
     ロバート・ダウニー・Jr


あらすじ
 全米を震撼させた「ゾディアック事件」という実際の事件を映画化。1969年より「ゾディアック」と名乗る男による殺人がサンフランシスコで頻発し、さらにその人物は事件に関連した手紙を新聞社に送りつけてきた。手紙を受け取ったサンフランシスコ・クロニクル紙の記者ポールと同僚の風刺漫画家ロバートは事件に並々ならぬ関心を寄せるが……。





鑑賞日  1月1日
場所   家
評価   4.5点

レビュー
 あの「ダーティハリー」の犯人、スコーピオンのモデルともなった実在の事件ゾディアックの映画化である。この時、デヴィッド・フィンチャーは5年ぶりの監督作品であったというが、心配するどころか、「よくできたB級映画の監督」から遥かに進化して戻ってきたようだ。

 連続殺人という残虐な事件をモチーフにしていながら派手さは無く、映画のトーンはむしろ冷静さを極めている。残酷な場面もいくつかあるが、“ゾディアック”が起こした60年代後半から70年代前半までの事件以外はむしろ頭脳戦をメインに描いているところは英断である。これ以前の監督なら、インパクト重視でより生々しく映し出したところだろう。

 脚本においても、非常に組み立てが難しかっただろう。「未解決」であることが分かっている以上、通常のミステリー・サスペンス映画で得られるクライマックスのカタルシスは望めないだろう。では、映画として成立させるにはどうすればいいのか。選ばれた要素は事件の衝撃性よりも、「犯人が不明である」という不気味な事実、そして「ゾディアック」に取り憑かれていく周囲の人間の狂気であった。
 それを支えるのはもちろん役者たち、特にジェイク・ジレンホールとマーク・ラファロは出色の演技だ。ロバート・ダウニー・Jrもなかなか達者だが、彼のいつものキャラクター(というより、低迷期の自分自身)を演じていて良くも悪くも一定している。
 それに対し、ジレンホールとラファロは抑制された演技ながらも、内に秘める「ゾディアック」究明への渇望をはっきりと体現している。ラファロは刑事としての正義感か、それとも犯人への怒りなのか、他の刑事が捜査を降りても執念深い調査を続けていた。時折冗談を挟みつつも、どんな時でも事件のことが頭を離れず、目は常に血走っている。これを狂気と言わずしてなんと言おうか。
 だが真の主役であるジレンホールが活躍するのは彼とは反対に後半である。前半部での彼はパズル好きの奇妙なオタクであり、「ゾディアック」の“ファン”の一人でしかない。いつでも犯人の暗号文を持ち歩いている時点で狂気じみているが、後半の変わりぶりに比べればまだマシである。部屋で一人、「ゾディアック事件」に関する山のような資料を漁り、誰の利益になるかもわからない事件を解明しようとするのだ。
 狂気は狂気でしか迎え撃つことができない。それに耐えられないものは、ロバート・ダウニー・Jrが演じたライターのような末路にたどり着くことになる。答えのない問題に対して、一つの回答を提示したこの映画は新しいミステリーを指し示した。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2014/10/24 (Fri) その男、凶暴につき

その男、凶暴につき


英題   Violent Cop
公開   1989年
上映時間 103分
製作国  日本

監督   北野武
脚本   野沢尚

出演   ビートたけし
     白竜
     川上麻衣子


あらすじ
 刑事である我妻諒介は、時には暴力を辞さない捜査方法と粗暴な性格から、署内でも同僚たちに敬遠されていた。そんなある日、港で麻薬売人の惨殺死体が発見される。我妻は新人の菊地を引き連れ事件の捜査を開始し、覚醒剤を密売する組織の存在をつきとめた。だがその中で我妻は、あってはならない驚愕の事実にも辿り着いてしまうのだった。





評価:4.5点(5点中)


レビュー
 言わずと知れた北野武の監督デビュー作である。彼の映画の特色である、静かながらも見る者に衝撃を与える暴力描写はこの時から健在である。だがそれ以上に「その男、凶暴につき」が痛ましいのは、その救いようのない物語が醸し出す悲哀にあるのだ。

 物語はホームレス狩りをする少年たちのシーンから始まる。一見、大筋に関係の無さそうなこのエピソードだけで、北野監督は我妻という刑事の人物像を観客に伝えている。何しろ、一人の少年の家に押し入り、部屋でボコボコにするのだから。冒頭にこういった衝撃的なシーンを持ってくることで、我妻が危険人物であることを周知させ、緊張感が彼の出演シーンに常に付きまとうことが、この映画の重要なポイントとなるのだ。
 実際、我妻は毎回誰かを(強弱の違いはあれど)殴ったり蹴ったりしている。はっきり言って友達はおろか、同僚にも居て欲しくない類の人間ではあるが、それでいて不愉快な感情を抱かないで済むのは監督自身の演技力によるものだろう。ビートたけしという芸人が持つ皮肉ぶったユーモアを活かし、張り詰めた空気の中にも笑みをこぼさずにはいられないようなシーンを盛り込んでいる。このおかげで我妻への感情移入を可能にし、多くは語られない彼のバックグラウンドから、垣間見える悲しみを観客と共有している。とはいえ、それもまた冷酷な暴力描写を際立たせるための材料の一つでもあるのだが。

 先ほど述べた北野武を筆頭に、俳優陣の演技もまた素晴らしい。あれやこれやと書き立てる必要はないが、やはり敵役の白竜は格段の不気味さを伴っている。「ダーティハリー」のスコルピオや「ブレードランナー」のバッティなどのいわゆるサイコパスに通じる点を多く持ち合わせているが、大きく違うのは妙に人間らしいところだろう。雇い主の仁藤には一切逆らわず、我妻にボコボコにされる時もほとんど抵抗しない(というよりできない)。ラブホテルでのガサ入れのシーンもまた、彼の生活感を見て取れる。だが彼もまた、我妻と同様にそういった場面が、突然起こる狂気をはらんだ暴力シーンを際立たせる結果となった。

 もちろん欠点がないわけではない。事件のプロットそのものは決して緻密なものではなく、勢いで乗り切ってしまっている粗削り感は否めない。無駄なセリフを限りなく削ぎ落とすスタイルはとても好きだ(事実、監督の作品の最も根幹とも言える部分である)が、我妻の妹に関してはマイナス面もある。確かに彼女の「病気」や彼らの関係性についてほとんど描かれないことで、感情面の表現はその余韻も相まってはるかに豊かになった。しかしストーリーの構成上、彼女の行動に不可解な部分が出てしまっている。それを「病気」だから、の一言で片付けてしまうのは如何なものか。

 とはいえ、凶暴な男である我妻の最後に残した優しさが妹に注がれていることは、言葉で表さずとも簡単に見て取れる。序盤の退院した妹とともに祭りに出かけるシーンだけで、我妻にとって妹がどれだけ大切なのかもはっきりと理解できる。
 結局のところ我妻の行動は何の影響も及ぼしていないのだ。しかし重要なのはそこではない。最愛の妹に手を出した悪漢を自分の手で殺し、妹を救う。ある意味でこれは達成されたのだ。そして我妻にとってはこれこそが重要なのである。だからこそ、あのラストシーンはあまりにも悲しい。愛情というものがなんたるかを知る者だけが描ける究極の結末だろう。

レビュー | trackback(0) | comment(1) |


2014/04/26 (Sat) キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー (映画館で鑑賞)

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー

原題   Captain America: The Winter Soldier
上映時間 136分
製作国  アメリカ

監督   アンソニー・ルッソ/ジョー・ルッソ
製作   ケヴィン・フェイグ
脚本   クリストファー・マルクス/スティーヴン・マクフィーリー
原作   ジョー・サイモン/ジャック・カービー

出演   クリス・エヴァンス
     スカーレット・ヨハンソン
     セバスチャン・スタン

あらすじ
 ブラック・ウィドウやニック・フューリーらとともに、国際平和維持組織「S.H.I.E.L.D.(シールド)」の一員として任務の数々にあたっていたキャプテン・アメリカは、仲間であるはずのシールドから襲撃され、誰が本当の敵なのかわからないまま逃亡者となる。そんなキャプテン・アメリカを最強の暗殺者ウィンター・ソルジャーが追いつめるが…





評価:4.5点


レビュー
 待ちに待ったキャプテン・アメリカの続編作。先日見た「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」は期待はずれだったが、キャップは素晴らしい結果を残してくれた。

 さて、そもそも「ウィンター・ソルジャー」はエド・ブルベイカーによる比較的新しいキャップのエピソードであり、発売当初は賛否両論だったらしい。だがその見事なストーリー構成や、現代風の味付けがなされても暗くなりすぎないキャップ像、そして後々のマーベル・ストーリーラインにおいて重要な展開であったことから、結果的には名作の一つに数えられている(私の主観も入っているが)。
 
 今回の映画はベースはそのコミック版「ウィンター・ソルジャー」であるが、内容は全く違う。むしろエッセンスだけ残されているぐらいのものだ。それでいて映画だけの魅力が感じられるのも今作の評価ポイントであろう。
 例えば、キャップとシールドの確執なども「ほどほど」になっている。原作ではくどすぎるくらい強調されるので、私はこちらの方が好みである。その他にもニック・フューリーの件など、原作を生かしつつ上手に調理ができていると感じられる場面が多かった。一つ一つ上げるとキリが無いので、ぜひとも原作版を読んでほしい。

 では、一つの映画として見るとどうなのか。結論から言うと、個々最近のアクションではピカイチの出来だ。
 前作のようにノホホンとした展開や、時代錯誤なキャラクターが取り除かれ、舞台が現代に移ったことで全体の締まりがぐっと良くなった。
 さらにメインキャストの多くも、以前よりキャラクターになり切れているように思えた。さらには自信の新たな側面を見いだすことにも成功している。スカーレット・ヨハンソンが良い例だ。「アイアンマン2」の頃の彼女は所詮添え物に過ぎなかったが、今回は本来の魅力を遺憾なく発揮している(脚本のおかげもあるだろう)。サミュエル・L・ジャクソンのニック・フューリーもグッと人間味が増した。前半は彼に見せ場が多いことも見所の一つだろう。

 そして何と言っても、クリス・エヴァンスのキャップ。ファンタスティック・フォーの馬鹿げた役回りとは大きく違う。周りの友達のほとんどが亡くなり、愛する人も今では自分の祖母と同世代。そんな彼が自分の信じるものを探そうとするからこそ、ウィンター・ソルジャーとの邂逅は悲しみに満ちている。もちろん、アクションも満載だが。

 今回は小ネタも上手く機能している。エンドロール後も次回作への期待を煽るのにばっちりだ。
 「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」が「アイアンマン」以来のマーベルの単独ヒーロー作品であることは間違いない。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2013/04/19 (Fri) JUNO/ジュノ(家で鑑賞)

ジュノ

原題   Juno
公開   2007年
上映時間 96分
製作   カナダ/アメリカ

監督   ジェイソン・ライトマン
製作   ジョン・マルコヴィッチ/リアンヌ・ハルフォン/メイソン・ノヴィック/ラッセル・スミス
脚本   ディアブロ・コーディ

出演   エレン・ペイジ     ···ジュノ
     マイケル・セラ     ···ポーリー
     ジェニファー・ガーナー ···ヴァネッサ


あらすじ
 16歳の女子高生ジュノは同じクラスのポーリーと関係を持ち、予定外の妊娠をしてしまう。初めは中絶を考えたものの、結局彼女は生むことを決意する。生まれてくる赤ちゃんに完璧な両親を見つけようとするジュノは、養子を望むローリング夫妻を見つけるが……。





評価:4.5点(5点中)


レビュー
 ジェイソン・ライトマンの監督作で僕が唯一見ていないのがこの「JUNO/ジュノ」であった。彼の持ち味である皮肉ぶった語り口と、コメディでありながらしんみりと感動させる不思議な作風。その中でも最高の評価を受けたこの作品には当然期待がかかる。

 この映画は始まった時点で人を惹き付ける。ロトスコープで制作された独特のオープニングは、バックの軽快な曲も相まって非常に印象的だ。そして会話のシーンも初めからまったく容赦しない。登場人物たちはかなりストレートなジョークをぶちまけるのだが、これがなかなか笑わせてくれる。イヤな感じを微塵も受けないところが好印象だ。

 だがそういったシーンもチャーミングな役者たちの力によるものだ。その代表格は何と言ってもエレン・ペイジ演じるジュノ。ロック(というかパンク)が好きな彼女は大人っぽい部分と子供っぽい部分を両方持っている。妙にひねた台詞が多い中で、本心をさらけ出す場面があると何とも心を打たれる。
 
 彼女の周囲の人間も、一癖も二癖もある人物ばかり。マイケル・セラはあの「イケてない」感じで笑いを誘う。それでも、いわゆるコミック的なコテコテのキャラクターにはならない所が彼のすごさだろう。ジュノの父親を演じたJ・K・シモンズもスパイダーマンの時ほどは活躍しないが、相変わらず切れ味のある台詞回しを披露する。
 
 そして「最高の夫婦」役のジェニファー・ガーナーとジェイソン・ベイトマンがなかなか曲者だ。妻のヴァネッサは子供ができないせいでかなり神経質になっている。過剰とも言える反応だが、彼女の思いを丁寧に描くことで見ている側もその行動を自然と受け止めることができる。反対に夫のマークは自由人でジュノとの相性もばっちり。それでいて「完璧な人」では無い所がミソなのだ。物語のリアリティを高める上で彼の存在は重要な要素だ。

 これらすべてをまとめあげるのが、最高の脚本だ。軽妙で不自然な所が一切無い会話の応酬、「10代の妊娠」というシリアスなテーマ。そして決して100%ではない、少しビターでリアルなエンディング。すべてが見事にマッチしていてどれもが忘れがたい。魅力的なコメディ映画とはまさにこのことだ。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。