アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2018/04/09 (Mon) ブルックリン

brooklyn.jpg


原題   Brooklyn
公開   2015年
上映時間 112分
製作国  イギリス/カナダ/アイルランド

監督   ジョン・クロウリー
脚本   ニック・ホーンビィ
原作   コルム・トビーン『ブルックリン』

出演   シアーシャ・ローナン
     エモリー・コーエン
     ドーナル・グリーソン


あらすじ
 1951年、アイルランドの小さな町に住むエイリシュは仕事にあぶれ、仕方なしに地元の食料品店で働いていた。そんな彼女の将来を案じた姉の計らいにより、エイリシュは単身ニューヨークへと渡米することになる。初めのうちは慣れない生活とホームシックから泣いてばかりの日々だったが、時間が経つにつれて少しずつ異国の地に溶け込んでいくエイリシュ。そのうちイタリア系のボーイフレンドもできて順風満帆と思われた新生活だったが、ある日故郷から思いもよらない知らせが届く。





鑑賞日  18年4月9日
鑑賞方法 DVD
評価   4.5点


レビュー
 休んでは書き、休んでは書きを続け、気づけば9年目となる当ブログ。人は思い出したように「自分は年をとった」と呟きますが、10年近い歳月が経つとほとんど別の人間といっても過言ではないでしょう。近しい人間しか見ていないこのブログも今思えば、将来の自分にその時の自分の痕跡を見せるために書いていたのかもしれません。
 決まったルールに従うのが苦手な性分ですのでなかなか難しいとは思いますが、ここからは1日1つは映画を見てレビューも書いていけたらと思います。


 さて今回鑑賞した『ブルックリン』は、2015年アカデミー作品賞ノミネートの中で唯一私が劇場での鑑賞が叶わなかった作品です。そのほかのノミネート作品と比較するとインパクトといった意味では少々弱い映画かもしれませんが、そこに込められたテーマは近年の傑作群でも随一でしょう。

 50年代というアメリカが(80年代の次に)最もアメリカらしかったとも言える時代を舞台にし、その象徴とも言えるニューヨークをメインに据えながらも、いつもの“ホームグラウンド”といった雰囲気は何処へやら、どことなく異国情緒の漂う雰囲気に仕上がっているのが特徴的です。それはもちろん、子供時代をアイルランド南部で過ごしてきた生粋のアイリッシュである主人公の目線がそのまま投影されているからです。若い女の子らしいビジョンを的確に捉え、大局的な視点よりも小物やファッションデザインに焦点を当てることで、大都会にやってきたことを言葉ではなくビジュアルで観客に示している点がたまらなく魅力的です。どこか垢抜けない身だしなみから世界の最先端に生きる女性へと少しずつ変わっていく主人公自身の様も、決して劇的な変化ではなく、段階を追ったものになっていることで内面の変化にも説得力を持たせています。

 もちろんこの繊細な描写は、何も小道具に頼り切ったものではなく、主演のローナンあってこそのものです。
 いわゆるアイルランド系移民1世となる彼女の物語は、本来であればその特有の時代背景や民族性が前提となっている物語です。もちろんそういった側面での演出…英語という共通の言語を持ちながらそこに明確な境界線がある点や、自らのルーツへの捉え方がイタリア系2世もしくは3世のボーイフレンドとは異なる点などの演出も冴え渡っています。ですが、この映画について最も評価すべきはその固有性ではなくむしろ普遍性にあるのです。若者が先行きの見えない故郷を出て新天地で暮らし、そこに新たな人生を見つけていく。これは何も50年代のアメリカ移民だけの話ではなく、いつの時代でも共通の物語ではないでしょうか。それこそ、地方から都会への人口流入が幾度となく議論されている現代日本においても全く関係のない話とは言い難いものです。
 そういった住み慣れた場所を離れる恐怖、次第に忘れていく郷愁の思い、一概に割り切ることのできない複雑な思いをローナンは言葉を発さなくとも見事に表現しました。他の役者たち、特に男性陣も素晴らしいのですが、彼女の現実をも超えた演技があまりに突出していて、ほとんどの観客は上映中彼女だけを見ることになるのではないでしょうか。主人公が口にする選びに選び抜かれたであろう言葉のトーン、ほんの少しだけ動く視線。そういった一つ一つの動きに何一つ作り物がないと思わせてしまう。極端な話、演技というフィクションでしかない存在にそれを込められるのは歴代の名優たちにも匹敵する技量ではないでしょうか。

 惜しむらくは脚本にいくつかの詰めの甘さが見えてしまうことです。主人公と姉との関係性は前述の故郷に関する本作のテーマとも深く関わっている部分ではありますが、この部分に関しては共感を呼ぶものとは言い難いでしょう。もちろん最後まで見ればなぜお姉さんがエイリシュのために色々と工面してくれたのかは一目瞭然なのですが、残念ながらこの映画においてそれは個々のキャラクターの関係性を描写して初めて浮かび上がるのです。なぜエイリシュにとってお姉さんが大きな存在なのか、故郷の最大の心残りなのか、お姉さんの内面描写が無い以上こちら側としては推察の域を出ません。
 そして終盤、主人公が最後の決断を下すきっかけとなる場面。それまでは2つの居場所に揺れ動かされる心情を繊細すぎるほどに描いていたにも関わらず、いわば敵となる人間を登場させることで急転直下の展開を生んだのは性急だったという他ありません。故郷の人々は決して悪人ではなく、ただ無意識のうちに主人公を緩やかに縛り付けていることがミソであり、何も彼女を痛めつけることを心待ちにする意地の悪い人々ではないのです。(正直な話、映画に描かれていないだけで、どう考えてもニューヨークの方が意地汚い人間が多いのは誰もが認めるところでしょう。)

 こういった些細ではありますが、いくつかのほころびが本来描くべきテーマを濁らせてしまったのはとても勿体無く感じられました。
 それでもなお、その最後の決断の後の場面は紛れもなく映画史に残すべき名場面です。場所が大事なのではない。心の拠り所がどこにあるのか。そしてその拠り所こそ、自分にとっての故郷なのだ。エイリシュが力強い眼差しで語りかけるその場面で、私たちは一人の女性の強さと、あまりに優しいそのメッセージに心打たれ、涙してしまうのです。

スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/09/30 (Sat) LOU

LOU.jpg


原題    Lou
公開    2017年
上映時間  6分
製作国   アメリカ

監督    デイヴ・マリンズ
脚本    デイヴ・マリンズ


あらすじ
 ある幼稚園にはJJという意地悪な男の子がいました。彼は他の子供たちのおもちゃを取っては自分のものにしていました。それを見かねたのは落し物箱に住んでいる不思議な生き物「LOU」。おもちゃを返すよう、LOUはJJと追いかけっこを始めます。


鑑賞日   17年8月6日
鑑賞方法  映画館
評価    4.5点


レビュー
 子供の頃に大切にしていたものがある人にとって、きっとこの短編映画はシンプルながらも心を震わせる感動作として映るでしょう。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/09/30 (Sat) ダークナイト ライジング

dark_knight_rises.jpg


原題    The Dark Knight Rises
公開    2012年
上映時間  165分
製作国   イギリス/アメリカ

監督    クリストファー・ノーラン
脚本    ジョナサン・ノーラン/クリストファー・ノーラン

出演    クリスチャン・ベール
      マイケル・ケイン
      ゲイリー・オールドマン


あらすじ
 前作から8年後。ハービー・デントの死をきっかけに制定されたデント法が功を奏し、ゴッサム・シティの治安は好転し、誰もがバットマンの活躍を忘れ去っていた。ブルース自身も、様々な苦難に疲弊し、再建された屋敷で隠遁生活を過ごしていた。
 そんな中、ブルースの元師匠である「影の同盟」の首領ラーズ・アル・グールにさえ破門されたという、傭兵ベインがゴッサム・シティに混沌をもたらそうと来襲する。





鑑賞日   17年9月29日
鑑賞方法  Blu-ray
評価    4.5点


レビュー
 実を言うと、三部作の敵の中で一番ベインが好きだったりする。戦いも最も派手で、コミック内における戦闘が現実世界で実際に繰り広げられたらどうなるかを体感でき、スリル満点である。原作における各設定も最も効果的に盛り込まれていて、アメコミファンにはたまらない演出の連続となっている。
 とはいえ、設定が大きくなった分、詰めの甘さも多くなっている事実も否めない。あまりにも新キャラクターの登場が多く、前2作に出ていたキャラクターたちが若干ないがしろにされているのは悲しいし、『バットマン ビギンズ』よりも設定がリアルになった分、非現実的な矛盾点が目につくようになってしまった。
 それでもなお、「バットマン」という偶像が真の伝説となるまでのストーリーを、前2作のストーリーをしっかりと引き継ぎ盛り込んだ上で描き切ったその技量は、あっぱれとしか言いようがない。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/09/04 (Mon) ターミネーター2

terminator2.jpg


原題    Terminator 2: Judgment Day
公開    1991年
上映時間  137分
製作国   アメリカ

監督    ジェームズ・キャメロン
脚本    ジェームズ・キャメロン/ウィリアム・ウィッシャー

出演    アーノルド・シュワルツェネッガー
      リンダ・ハミルトン
      エドワード・ファーロング


あらすじ
 サラ・コナーと未来から来た兵士カイルの活躍により、殺人サイボーグ「ターミネーター」の危機は去ったかに思われた。しかし10年後、不良少年として非行にに明け暮れていたサラの息子ジョンの前に、以前と同じ姿をしたサイボーグT-800が再び姿を表す。だが今回は未来のジョン自身によって味方として、新型ターミネーターT-1000の魔の手から子供のジョンを守るためにやって来たのである。





鑑賞日   17年9月1日
鑑賞方法  映画館
評価    4.5点


レビュー
 この映画を見るたびに、金曜ロードショーやらレンタルやらで幾度となくハラハラした思い出が浮かび上がります。それほど、個人的には思い入れの深い作品で、きっと多くの人にとっても同じような思いが募る映画ではないでしょうか。

 前作がB級スリラーの形をした、奇跡のようなSF作品なのに対し、こちらは予算をふんだんに使った見事なまでのSFアクション大作に仕上がっています。その恩恵は至る所から伺い知ることができ、かの有名な液体金属で構成されたT-1000の描写やT-800の特殊メイクまで、微々たるところも含めてパワーアップしています。また当時はCGの作成に多額の予算が必要だったためいくつかの部分は古き良きアニマトロニクスで作られていますが、それが戦いの生々しさや臨場感に拍車をかけていて、今のアクションでは見られない迫力を生み出しているとも言えます。

 今回鑑賞した3Dバージョンについては、長短両面あります。昨今のタイタニックなどの3D化同様、比較的丁寧に変換が行われているので、映像に自然な奥行きが生まれ、監督のヴィジョンに沿って各構図がいかに計算されて出来上がっているものかよく分かります。また題材がそもそも3D向きであることは明らかなので、25年ほど前の作品にもかかわらず失われていないスリルがそこにあるのです。ただやはり映像のリマスタリングも行われたせいか(もしくはCGIの発達によるものか)、当時最先端でも今の目から見ればチープさが否めないのも否定できません。もちろん、それはそれで程よいノスタルジーを生み出しているので一概に悪いものとは言えませんが。

 映画自体の内容に言及すると、アクション映画としての組み立てはほぼ完璧に近い仕上がりになっています。ターミネーターたちの正体が判明するショッピングモールでの緊迫感溢れる銃撃戦から、バイクと巨大トラックのカーチェイスが行われるド派手な場面まで、シーンごとのメリハリがはっきり付いていて、この映画において観客が飽きるということはまずあり得ないでしょう。
 前作では敵役だったT-800が味方になるという『ターミネーター2』を象徴する物語上のパーツも、ただの冒頭のどんでん返しに終わらず、登場人物同士の関係性を深める上での重要な要素の一つとなっている点も見事です。「ヒットしたから続編を作る」という必要性を感じない多くの続編映画とは異なり、世界観を広げ各々の役割について理解を深める助けになっているので、ある意味では『ターミネーター』シリーズにおいては最重要作品とも言えるのではないでしょうか。(そのターミネーター自体が不要な続編群に塗れてしまったのは皮肉という外ありませんが。)

 技術が上がった分、暴力描写もまたパワーアップしていますが、全体のトーンは逆により子供向けになったと言えるでしょう。主人公に少年のジョン・コナーを据えることで、あくまでスリラー映画として成立していた前作では成し得なかった、親子の愛情や機械に芽生える心など、共感しやすいハートフルな側面がフィーチャーされています。これについては正直なところ賛否両論あるかもしれません。いかにも80年代後半〜90年代前半にありがちなティーン向け映画のような馬鹿げた掛け合いもいくつか見受けられますし、何より殺人サイボーグとしての一種のカリスマ性を発揮していたターミネーターが不器用な笑顔を見せることにがっかりすることもあるでしょう。
 それでもなお、この映画が提示したテーマはただのSFアクションという枠組みを超え、それ以降のジャンルにおけるマイルストーンになったことは間違いありません。またシュワルツェネッガーが大幅にレベルアップした演技力で意外にもチャーミングなターミネーターを見せてくれるため、いくら前作の無骨なサイボーグが好みであっても、結局は『ターミネーター2』でのT-800も愛さずにはいられないのです。これ以降お決まりとなっていくセリフやスタイルが明確に確立された点も、映画史に残る作品としての象徴的な部分なのです。

 俳優陣の演技も申し分なく、アクションとしての出来も最高。少年時代に誰もが胸を高鳴らせた数々の展開を目にすれば、誰もこの映画を嫌いになることなどできるはずがありません。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/08/31 (Thu) ターミネーター

the_terminator.jpg


原題    The Terminator
公開    1984年
上映時間  108分
製作国   アメリカ

監督    ジェームズ・キャメロン
脚本    ジェームズ・キャメロン/ゲイル・アン・ハード

出演    アーノルド・シュワルツェネッガー
      マイケル・ビーン
      リンダ・ハミルトン


あらすじ
 近未来の世界では人間と機械の間で戦争が行われており、一時絶滅の危機に追い込まれた人間たちだったが、一人の男ジョン・コナーの指揮のもと、次第に優勢へと転じていた。しかしジョンの存在そのものを消すために、機械軍を指揮する人工知能スカイネットは殺人サイボーグ「ターミネーター」を、ジョンが生まれる前のロサンゼルスへと送り込んだ。
 知らないうちに危機にさらされることになったジョンの未来の母親サラを救うため、人間側から兵士カイル・リースもまた送り込まれ、ターミネーターとの戦いを繰り広げる。





鑑賞日   17年8月31日
鑑賞方法  Hulu
評価    4.5点


レビュー
 ジェームズ・キャメロン自身の手による2作が製作された後、大型フランチャイズと化した『ターミネーター』シリーズですが、後年のいくつかの作品は正直な話できがいいと言える代物でないものもありました。しかしながらB級映画のコンセプトを見事なSFアクションへと流用した本作は紛れもない傑作でしょう。

 これ以降手がける作品が軒並み高予算の超大作ばかりとなるキャメロン監督ですが、『ターミネーター』を見るたびに、彼の手がける映画の面白さは予算のおかげではなく彼の才能によるものだと再確認させられます。低予算であること、スターとはまだ言えない出演陣、あまりにも特徴的すぎる訛りを持つ筋肉男。ぱっと並べただけでも失敗しそうな要素ばかりですが、それらを逆転の発想で使いこなし、緊迫感溢れる一級品に仕上げてしまうのは神業と言う他ないでしょう。

 もちろん監督の腕前のみならず、メインの3人がとても良い仕事をしている点も映画の素晴らしさのひとつになっています。どちらかというと押しの弱いタイプのリンダ・ハミルトン演じるサラ・コナーが、続編『ターミネーター2』で見られるような"強い女性"に変貌していく様はとても丁寧に描かれています。本作中では目に見える行動で示すわけではないものの、表情の作り方や口調からその強い意志が伝わり、彼女こそシリーズの中心であることを改めて思い知らされるのです。
 今や完全なB級映画でしかお目にかかれなくなったマイケル・ビーンもまた、80年代当時はピークにあったことをどんな人間でも理解できるでしょう。荒廃した未来世界で過ごした男が、写真でしか知ることのなかった女性を目の前に恋に落ちるという、文面にするとバカみたいなシチュエーションでも、彼の瞳を見れば納得してしまうというものです。

 そして何と言ってもアーノルド・シュワルツェネッガー。映画史においてこれほどアイコニックな悪役はダース・ベイダーぐらいのものでしょう。サイボーグであれば関係ないはずなのに鍛え上げられた筋肉や、80年代特有のレザーファッション、そしてきちんと理由付けがされているサングラスという3点セットは、数々のパロディになりながらもやはり本物を見ると心惹かれてしまいます。
 ほとんど口を開かず、たまに話したかと思えば棒読み気味のオーストリア訛りで"I'll be back."。ほとんどSF要素が見当たらないのに、彼の演技が妙にSF感を醸し出しているのも、まさに奇跡です。皮肉に聞こえるかもしれませんが、だれでも1度目にすれば2度と忘れることのないほど印象的なのですから、間違いなく名演と言えます。

 当然、CGIのチープさやあくまでB級である点など、現在の視点から見れば目につく点は多々あるものの、数あるSF・アクション映画でこれほど面白い映画は未だになかなか出会えないでしょう。まだ見たことがないなら今すぐにでも見る必要があるでしょうし、見たことがあるなら何度だって見るべき真の傑作です。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。