アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/02/25 (Mon) 第85回アカデミー賞 受賞結果

今日(現地時間では昨日)はアカデミー賞授賞式でしたね〜
まあそうなるだろうっていうのと、意外にも…というのが程々にあったので面白い結果でした。
というわけで、私の予想と結果の違いを書いてみました。



部門    
 『予想』→『結果』

作品賞  
 『アルゴ』→『アルゴ』

監督賞   
 『スティーヴン・スピルバーグ(リンカーン)』→『アン・リー(ライフ・オブ・パイ)』

主演男優賞 
 『ダニエル・デイ=ルイス(リンカーン)』→『ダニエル・デイ=ルイス(リンカーン)』

主演女優賞 
 『ジェニファー・ローレンス(世界にひとつのプレイブック)』
→『ジェニファー・ローレンス(世界にひとつのプレイブック)』

助演男優賞 
 『フィリップ・シーモア・ホフマン(ザ・マスター)』
→『クリストフ・ヴァルツ(ジャンゴ 繋がれざる者)』

助演女優賞 
 『エイミー・アダムス(ザ・マスター)』→『アン・ハサウェイ(レ・ミゼラブル)』

脚本賞   
 『ムーンライズ・キングダム』→『ジャンゴ 繋がれざる者』

脚色賞   
 『アルゴ』→『アルゴ』

外国語映画賞
 『愛、アムール』→『愛、アムール』

長編ドキュメンタリー映画賞
 『シュガーマン 奇跡に愛された男』→『シュガーマン 奇跡に愛された男』

長編アニメ映画賞     
 『シュガー・ラッシュ』→『メリダとおそろしの森』

撮影賞          
 『ライフ・オブ・パイ』→『ライフ・オブ・パイ』

編集賞          
 『アルゴ』→『アルゴ』

作曲賞          
 『ライフ・オブ・パイ』→『ライフ・オブ・パイ』

歌曲賞          
 『スカイフォール(007 スカイフォール)』→『スカイフォール(007 スカイフォール)』

美術賞          
 『レ・ミゼラブル』→『リンカーン』

衣装デザイン賞      
 『レ・ミゼラブル』→『アンナ・カレーニナ』

音響編集賞        
 『ゼロ・ダーク・サーティ』→『007 スカイフォール』『ゼロ・ダーク・サーティ』(同時受賞)

録音賞          
 『レ・ミゼラブル』→『レ・ミゼラブル』

視覚効果賞        
 『ライフ・オブ・パイ』→『ライフ・オブ・パイ』

メイクアップ&ヘアスタイリング賞
 『ホビット 思いがけない冒険』→『レ・ミゼラブル』

短編映画賞
 『原題:Buzkashi Boys』→『原題:Curfew』

短編アニメ賞
 『紙ひこうき』→『紙ひこうき』

短編ドキュメンタリー映画賞
 『原題:Mondays at Racine』→『原題:Inocente』



結局、24部門中12部門予想が当たりました。といっても、かなり本命視されていた部門ばかりなのであれですけど…

スポンサーサイト

映画 その他 | trackback(0) | comment(0) |


2012/07/24 (Tue) Man of Steel ティーザー予告編

ついにスーパーマンシリーズの新作「Man of Steel」のティーザー予告がコミコンで解禁されましたよ。
(更新が遅れたのは置いといて・・・)
今までのシリーズから一新。リブートという形でダークヒーロー路線に走ったという本作。
監督がザック・スナイダー、製作がクリストファー・ノーランと聞いただけで期待。
(というか製作にノーランがついているから安心、と言った方が良いか。)

映画 その他 | trackback(0) | comment(0) |


2012/02/27 (Mon) 第84回アカデミー賞 受賞結果

作品賞:「アーティスト」
監督賞:ミシェル・アザナビシウス(「アーティスト」)
主演男優賞:ジャン・デュジャルダン(「アーティスト」)
主演女優賞:メリル・ストリープ(「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」)
助演男優賞:クリストファー・プラマー(「人生はビギナーズ」)
助演女優賞:オクタビア・スペンサー(「ヘルプ 心がつなぐストーリー」)
脚色賞:「ファミリー・ツリー」アレクサンダー・ペイン、ナット・ファクソン、ジム・ラッシュ
脚本賞:「ミッドナイト・イン・パリ」ウッディ・アレン
長編アニメーション賞:「ランゴ」
長編ドキュメンタリー賞:「UNDEFEATED」
外国語映画賞:「別離」(イラン)
美術賞:「ヒューゴの不思議な発明」
撮影賞:「ヒューゴの不思議な発明」
衣装デザイン賞:「アーティスト」
編集賞:「ドラゴン・タトゥーの女」
メイクアップ賞:「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」
作曲賞:「アーティスト」
主題歌賞:“Man or Muppet”(「ザ・マペッツ」)
音響編集賞:「ヒューゴの不思議な発明」
音響録音賞:「ヒューゴの不思議な発明」
視覚効果賞:「ヒューゴの不思議な発明」
短編アニメーション賞:「THE FANTSTIC FLYING BOOKS OF MR.MORRIS LESSMORE」
短編実写映画賞:「THE SHORE」
短編ドキュメンタリー賞:「Saving Face(原題)」

映画 その他 | trackback(0) | comment(0) |


2012/01/25 (Wed) アカデミー賞ノミネーションリスト

今年もこの季節がやって参りましたね。
予想通り過ぎて全然面白くないですけど。
強いて言うなら、なぜ「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」が入ってるのかが分からない。

▽作品賞
「アーティスト」
「ファミリー・ツリー」
「ヘルプ 心がつなぐストーリー」
「ヒューゴの不思議な発明」
「ミッドナイト・イン・パリ」
「ツリー・オブ・ライフ」
「戦火の馬」
「マネーボール」
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」

映画 その他 | trackback(0) | comment(0) |


2011/12/31 (Sat) 今年のまとめ(映画)

 本当はいつも4月から翌年の3月の映画を対象にスタンリー賞(自己満足アカデミー賞)をやってるんだけど,今日は年末だから軽く「これは面白かったなあー」っていうのを見た場所に関わらず書こうかと。

 年の初めの方ではやっぱり「ソーシャル・ネットワーク」と「英国王のスピーチ」が面白かったなあ。でも「英国王のスピーチ」は今思うとパンチ力にかけていた気がする…
 春には良い映画をいっぱい見た。「ザ・ファイター」「イリュージョニスト」「トゥルー・グリット」「キッズ・オールライト」「ブルーバレンタイン」などなど。 全体的に家族ものが多い(それもすべての月において)。
 リバイバル上映では「クレイマー,クレイマー」「ゴッドファーザー」「羊たちの沈黙」「ベニスに死す」「いちご白書」と見たが,映画館で見るとそれぞれの映画の良さが前よりもよくわかったと思う(といっても「ベニスに~」と「いちご」はこれが初めてなのだが)。
 他には「ツリー・オブ・ライフ」「未来を生きる君たちへ」「家族の庭」。これも家族ものばかり。全体的にショーレースなどで話題になった作品が多いのはしょうがない。

 あと見たかったのに見れなかった映画もたくさんある。「インサイド・ジョブ」「イグジット・スルー・ザ・ギフト・ショップ」「ゴーストライター」「ラビット・ホール」「コンテイジョン」「ゴモラ」…などなど。
 ビートルズのファンなのに「ジョン・レノン,ニューヨーク」「ポール・マッカートニー The Love We Make」も見損ねた。その上「ゲット・ラウド」も!
 今年のスタンリー賞では「一番見たかった映画」っていう部門も作るつもりです。

 今年はほとんど映画のレビューしか書かなかったけど,少しでも読者様の参考にさせて頂けたら幸いです。

映画 その他 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。