アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2011/01/31 (Mon) 実は大変なことを忘れていた。

はい、あと2時間30分で僕の

誕生日

いえーい。

追憶の彼方に~メモリー・オールモスト・フル(DVD付)追憶の彼方に~メモリー・オールモスト・フル(DVD付)
(2008/01/16)
ポール・マッカートニー

商品詳細を見る


弟にこんなの買ってもらった

スポンサーサイト

お知らせ | trackback(0) | comment(0) |


2011/01/30 (Sun) グリーン・ホーネット

グリーン・ホーネット

監督 ミシェル・ゴンドリー
出演 セス・ローゲン
   ジェイ・チョウ
   キャメロン・ディアス


あらすじ
 新聞社の若き社長ブリット・リードが、緑のスーツとマスク姿の正義のヒーロー“グリーン・ホーネット”となって夜な夜な悪に立ち向かう姿を描いた60年代の人気TVドラマを映画化。


評価 Lv.4

レビュー
 覆面ヒーローアクションは映画館で久々に見た。んで、率直な感想だが「微妙」。明らかにジャンルとしてはアクション・コメディを狙っているのに、全体的に中途半端さが目立つ。笑えるシーンは思い切り笑えるわけではないし、アクションシーンもすごく迫力があるというわけではない。だって肝心のクライマックス・シーンよりもそこらへんのチンピラをたたきのめすシーンの方がおもしろかった。ネタはすごくいいのだから、もっと馬鹿さ加減を強くしてほしかった。
 でも個人的にはヒーロー物が好物だし、ブラック・ビューティー(専用車)のガジェットもメチャクチャ格好良かった。でもそれだけだ。

レビュー | trackback(0) | comment(2) |


2011/01/28 (Fri) 業務連絡

ドルトンへ
土曜日のは俺の都合でなし。
日曜になってしまったが、来れる?

お知らせ | trackback(0) | comment(4) |


2011/01/23 (Sun) ソーシャル・ネットワーク

Social_network_film_poster.jpg

監督 デヴィッド・フィンチャー
出演 ジェシー・アイゼンバーグ
   アンドリュー・ガーフィールド
   ジャスティン・ティンバーレイク

評価 Lv.10(10段階中)

レビュー

 今年度スタンリー賞(私的アカデミー賞)ノミネートは確実ですね。

 事実と脚色に彩られた、フェースブックの創始者マーク・ザッカーバーグの半生を描いた作品。この映画にはおそらく事実はほとんどないのであろう。ここではザッカーバーグが起こされた2つの訴訟のシーンでの発言を映像化している。いわば「市民ケーン」と同じ手法で描かれている作品である。
 フィンチャーはこの映画を通じて伝えたかったのは「facebook」ではなく、「facebookに関わった人」の話である。このなかでザッカーバーグはFace Mashというハーバード大学女子学生の「顔」を比べるサイトを設立する。それが学内で問題になるが、有頂天になった彼はハーバード大の学生限定のSNSを作る。だが、(少なくともこの映画の中の)ザッカーバーグは有頂天になったからfacebookを作ったのではないのだろう。実はFace Mashを作ったことより、学内の生徒から嫌われる羽目になる。彼はそんなことはお構いなしとでも言いたげだが、劇中である弁護士が言うようにザッカーバーグは「嫌な奴」のふりをしているだけだ。facebookを作った理由はみんなから「名誉を挽回する」こと他ならないのだ。その証拠に彼の友人は次々とfacebookから利益を抽出しようとするが、彼はそれを渋っている。彼がほしかったのは「友人」なのだ。だが、現実はそうはいかない。facebookを設立したことにより逆に自分の親友を失い、彼は孤独になってしまう。
 この映画は人間づきあいの下手な人間が如何にして成功し、友人を失ったかを描いたすばらしいヒューマンドラマである。

レビュー | trackback(0) | comment(4) |


2011/01/20 (Thu) ブログリニューアル?

新しい「キューブは異常なオタク」へようこそ!
これからもよろしくお願いします。




…といっても、まだテンプレとかプラグインは仮なので週末にきちんと整理してから更新しようと思います。

お知らせ | trackback(0) | comment(3) |


| TOP | next >>

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント