アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2012/06/18 (Mon) Happy Birthday, Paul !!

今日はポール・マッカートニー70歳の誕生日!!
70歳であんなに精力的に活動できるのは本当にすごいと思う。
ロンドン・オリンピックの開会式も期待してる!

本日限定でiTunesにてポール・ウェラーによるビートルズの"Birthday"のカバーが配信中。

スポンサーサイト

ポール・マッカートニー | trackback(0) | comment(0) |


2012/06/16 (Sat) アドレナリン(家で鑑賞)

アドレナリン

監督 マーク・ネヴェルダイン
   ブライアン・テイラー
出演 ジェイソン・ステイサム
   エイミー・スマート
   ホセ・パブロ・カンティーロ

あらすじ
 殺し屋シェヴ・チェリオスは、中国系マフィアのボスを仕事で殺したことの報復として、別の殺し屋ヴェローナからペキン・カクテルという合成毒を注射されてしまう。チェリオスが助けを求めた馴染みの闇医者ドク・マイルスは間の悪いことに旅行中で、毒の影響の進行を阻むにはアドレナリンを摂取し続けなければならないと電話で教えてくれる。チェリオスは残された短い時間の中、自分に毒を打ったことを宣言して去ったヴェローナを探しまわる。そしてアドレナリンを常に摂取するため街に珍事件・大騒動を巻き起こしながら派手に暴れまくる。

評価 3点(5点中)

レビュー
 あらすじから見て分かるように、「アドレナリン」はかなりの”バカ映画”だ。チェリオスはアドレナリンを分泌し続けるために、走り回り、コカインを吸って、人を殺し、挙げ句の果てに路上で×××。めまぐるしい展開について行くのが大変だが、飽きることはまず無いと思う。
 なにしろジェイソン・ステイサムがかっこいい。スピーディーなカメラワークや斬新で面白い演出、そして彼自身の(いろんな意味で)体当たりの演技と相まって最高だ。
 だがなぜだか知らないが、これだけ使える要素があるのに最後まで盛り上がらない。全体的に駆け足で進んでいくので途中で観客がついて行けなくなる。笑えるシーンも若干滑り気味。そして何より肝心のアクションシーンが意外とタイトな演出なのだ。「ダイ・ハード」みたいにド派手な爆発があるわけでもなく、「キック・アス」みたいに大量の手足が飛ぶグロテスクなアクションがあるわけでもない(唯一ヴェローナの弟をヤるシーンは最高)。
 最後までチェリオスの頭の中はアドレナリンでいっぱいだったが、観客の頭の中でアドレナリンは大して分泌されないだろう。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2012/06/16 (Sat) 6月公開のオススメ映画(と言いつつ既に6月半ばですが・・・)

ジェーン・エア[公開中]
 これまでにも繰り返し映像化されてきたシャーロット・ブロンテの不朽の名作を、「アリス・イン・ワンダーランド」「永遠の僕たち」のミア・ワシコウスカ主演で映画化。監督は、長編デビュー作「闇の列車、光の旅」(2009)が高い評価を受けた日系米国人のキャリー・ジョージ・フクナガ。悲惨な子ども時代を過ごした孤児のジェーン・エアは、教師の資格を取り、ソーンフィールドという屋敷で住み込みの家庭教師の職を得る。晴れて新しい生活を手したジェーンは、屋敷の主人ロチェスターと恋に落ちていくが、ロンチェスターにはある秘密があった……。ロチェスター役に「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」「SHAME シェイム」のマイケル・ファスベンダー。




ファウスト[公開中]
 ドイツの文豪ゲーテの名作「ファウスト」を、ロシアの名匠アレクサンドル・ソクーロフが新たな解釈で映画化。2011年・第68回ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した。19世紀初頭、神秘的な森に囲まれたとある町。あらゆる学問を探求するファウスト博士は、研究を続けるために悪魔と噂される高利貸しのマウリツィウスのもとを訪れる。マウリツィウスはお金を貸すかわりに生きる意味を教えるとファウストを説き、ファウストは言われるままに町へ繰り出す。そこで出会った美しい女性マルガレーテに心を奪われたファウストは、マルガレーテを求めるあまり魂と引き換えにマウリツィウスと契約してしまう。




星の旅人たち[公開中]
 俳優のほか「メン・アット・ワーク」「ボビー」などで監督としても活躍するエミリオ・エステベスが、実父マーティン・シーンを主演に迎え、息子を亡くした初老の男の聖地巡礼の旅を描いたヒューマンドラマ。アメリカ人の眼科医トムは、ひとり息子のダニエルが、スペイン北部ガリシア地方の聖地「サンディアゴ・デ・コンポーラ」を巡る旅の途上で不慮の死を遂げたとの報せを受ける。妻の死後、疎遠になっていた息子が何を思って聖地巡礼の旅に出たのかを知るため、トムは亡き息子の足跡をたどる。エステベスが息子ダニエルに扮し、「THE WAR 戦場の記憶」(1996)以来となるシーンとエステベスの親子役での共演が実現。




ベルフラワー[公開中]
 世界滅亡を夢見る若者たちの友情、愛と憎しみを幻覚的なビジュアルとサウンドを駆使して描く異色の青春映画。働く気もなく恋人もいないウッドローとエイデンは、映画「マッドマックス2」に登場する悪の首領ヒューマンガスをヒーローと崇め、映画に描かれた滅亡後の世界を夢見て、ひたすら戦闘用改造車のチューンアップと搭載する火炎放射器づくりに明け暮れていた。やがてウッドローには恋人ができるが、その恋人に裏切られると、怒りと絶望から狂気へと駆り立てられていく。




それでも、愛してる[6月23日~]
 ジョディ・フォスターが「ホーム・フォー・ザ・ホリデー」(1995)以来16年ぶりにメガホンをとった監督第3作。メル・ギブソンを主演に迎え、ビーバーのぬいぐるみを心の支えに苦難を乗り越えようとする男とその家族の姿を描くファミリードラマ。2人の息子にも恵まれ順風満帆な家庭を築いていた玩具会社社長のウォルターと妻のメレディス。しかし、ウォルターがうつ病を発症してしまい、働けなくなってしまう。メレディスは夫の分まで仕事や家事に奮闘するが、ある日、ウォルターが捨てられていたビーバーのぬいぐるみを拾ってきたことから事態が好転していき……。




アタック・ザ・ブロック[6月23日~]
「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」のエドガー・ライトが製作総指揮を務め、ニック・フロストが出演。新人ジョー・コーニッシュ監督が手がけたSFパニックアクション。ロンドンの貧しい公共団地で荒んだ生活を送る不良少年たちは、毎晩騒いでは住民を困らせていた。そんなある日、街に凶暴なエイリアンが襲来し、不良少年たちは家族や友人を守り、街を救うために立ち上がる。




ブラック・ブレッド[6月23日~]
 スペイン内戦後の小さな村を舞台に、ひとりの少年がある事件を契機に恐ろしい決断を下すことになる姿を描いたミステリードラマ。カタルーニャ地方の小さな村の森の中で、少年アンドレウは親子の死体を発見する。死の直前に「ピトルリウア」と謎の言葉をつぶやく女性の姿を目撃したアンドレウは、内戦によって心に深い傷を負った大人たちがひた隠す真実に否応なしに巻き込まれ、生きていくためにある決断を下す。スペインのアカデミー賞と呼ばれるゴヤ賞で、作品賞をはじめ9部門を受賞。2011年スペイン映画界の話題をさらった。




ラム・ダイアリー[6月30日~]
 2005年に自殺したアメリカのジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの自伝的小説を映画化。1960年代のプエルトリコで、弱小新聞に執筆する酔いどれフリージャーナリストのポール・ケンプの破天荒な人生を描く。トンプソン原作の「ラスベガスをやっつけろ」にも主演したジョニー・デップが製作・主演。ニューヨークの喧騒に疲れたジャーナリストのポール・ケンプは、自然に囲まれたプエルトリコにやってくる。個性豊かな仲間と毎日ラム酒をあおる生活にすっかりなじんだケンプだったが、ある日、アメリカ人企業家のサンダーソンと知り合い、サンダーソンの婚約者シュノーの魅力に夢中になってしまう。共演にアーロン・エッカート、アンバー・ハードら。




少年は残酷な弓を射る[6月30日~]
「ボクと空と麦畑」「モーヴァン」のリン・ラムジー監督が、強い悪意と執着心を抱く息子とその母親の関係を緊張感たっぷりに描いた人間ドラマ。自由奔放に生きてきた作家のエバは子どもを授かったことでキャリアを捨て、母親として生きる道を選ぶ。生まれた息子はケビンと名づけられるが、幼い頃からエバに懐くことはなく、反抗を繰り返していく。やがて美しい少年へと成長したケビンは反抗心をますます強めていき、それがある事件の引き金となる。「フィクサー」のティルダ・スウィントンが主演。




アメイジング・スパイダーマン[6月30日~]
 サム・ライミ監督が手がけた「スパイダーマン」3部作(2002、04、07)からリブートされる新シリーズ。「(500)日のサマー」の新鋭マーク・ウェブがメガホンをとり、「ソーシャル・ネットワーク」「わたしを離さないで」のアンドリュー・ガーフィールドが主演する。ごく普通の青年ピーター・パーカーは、13年前に失踪した父親の秘密を思いがけず知ってしまったことから、スパイダーマンとして生きていく決意をする。ヒロインのグウェン・ステイシーをエマ・ストーンが演じ、ベンおじさん役のマーティン・シーン、メイおばさん役のサリー・フィールド、悪役カート・コナーズ博士役のリス・エバンスらが共演。




きっと ここが帰る場所[6月30日~]
 名優ショーン・ペンが引きこもりのロックシンガーに扮し、亡き父の思いをたどってアメリカ横断の旅に出る姿を描くドラマ。人気絶頂の最中に表舞台を去り、アイルランド・ダブリンの広大な邸宅で穏やかな日々を過ごしていたロックスターのシャイアンのもとに、故郷アメリカから30年以上も会っていない父親が危篤との報せが届く。飛行機嫌いなシャイアンは船でニューヨークに戻るが臨終には間に合わず、ユダヤ人だった父が元ナチス親衛隊の男を探していたことを知ると、父にかわって男を探す旅に出る。元「トーキング・ヘッズ」のデビッド・バーンが本人役で出演し、音楽も担当。タイトルも「トーキング・ヘッズ」の同名曲からとられている。監督は「イル・ディーヴォ」「愛の果てへの旅」のパオロ・ソレンティーノ。

オススメ映画 | trackback(0) | comment(0) |


2012/06/09 (Sat) ファミリー・ツリー(映画館で鑑賞)

ファミリー・ツリー

監督 アレクサンダー・ペイン
出演 ジョージ・クルーニー
   シェイリーン・ウッドリー
   アマラ・ミラー

あらすじ
 祖先の土地を受け継ぎ、ハワイで妻と2人の娘とともに暮らすマット・キングだが、ある日、妻のエリザベスがボートの事故でこん睡状態に陥ってしまう。さらに、エリザベスには不倫の相手がおり、離婚まで考えていたことが発覚。友人や長女もその事実を知っていたことに愕然としたマットは、自らの人生を見つめ直すことになる。

評価 4.5点(5点中)

レビュー
 ジョージ・クルーニーが普段とは打って変わって普通のおっさんを演じている。2人の年頃の娘に振り回され、昏睡状態の妻にまで振り回される。みんな問題を抱えて、よくよく考えると重い話ばかりなのになぜか暗い気分にならない。リアルさを追求した脚本と自然体の演技が生み出した賜物だろう。
 マットは妻が不倫をしていたことを知り、衝撃と怒りを覚える。その事実を教えられた後に思わず家を飛び出してしまうシーンは秀逸だ。そして昏睡状態の妻のそばで悪態をつく。だが相手は何も喋らない。「やり場のない怒り」とはまさにこのことだろう。自分はそんなことをしているのに、長女が妻をなじるとマットはきつくしかる。父親としての威厳を保ちたいがために取った行動がとても哀れに見える。そんなマットと反発しながらも、娘たちは少しずつ家族としての絆を取り戻していく。これら一連のシーンはジョージ・クルーニーの繊細な演技と、長女を演じたシェイリーン・ウッドリーの大胆な演技のおかげだ。
 アレクサンダー・ペインは台詞のないシーンが得意だ。「アバウト・シュミット」で最後に主人公が涙を流すシーンなどだ。今回も彼の力は思う存分発揮されている。詳しくは書かないが、多くの重要なシーンで登場人物たちは無言である。これが観客の感動を呼び起こすのだ。まったくわざとらしくなく、純粋に心を揺さぶられるシーンはなかなかのものだ。
 主人公たち以外の登場人物も際だったキャラクターばかりで見ていて全く飽きることがない。そして様々な出来事を通すことで観客は初めてタイトルが意味することを理解するだろう。笑いあり、涙ありとはまさにこのことだ。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント