アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2015/01/16 (Fri) グリース

グリース


原題   Grease
公開   1978年
上映時間 110分
製作国  アメリカ

監督   ランダル・クレイザー
脚本   ブロント・ウッダード/アラン・カー

出演   ジョン・トラボルタ
     オリビア・ニュートン=ジョン
     ストッカード・チャニング


あらすじ
 夏休みの旅行先で出会った高校生のダニーとサンディは一目で恋に落ちるが、夏が終わると同時に別れなければならなかった。しかしダニーの通う高校に、当のサンディが転校してくることになった。ダニーを思い続けていたサンディは突然の再会に喜ぶが、実はダニーは学校でも有名な不良グループのリーダーであった。仲間の前ではカッコ悪い真似はできないと思い、ついついダニーはサンディに失礼な態度をとってしまう。それに怒ったサンディは•••。




鑑賞日  1月16日
場所   家
評価   3.5点


レビュー
 「サタデー・ナイト・フィーバー」と共に、ジョン・トラボルタの絶世期を代表する言わずと知れた名作である。50年代という、半世紀以上も前の時代を描いたこの作品を現在の視点から見るとどうであるのか。

 まず言わなければならないのは、全体としてダサいことは否めない、ということである。序盤において、友人に名前を呼ばれたジョン・トラボルタが振り返り、不敵な笑みを浮かべる時点で笑いを禁じ得ない。それどころか、全体として不良たちのテンションは異常に高く、時として観客がついていけないぐらいだ。そこが欠点でもあるのだが、ある意味でこの映画の最大の武器でもある。
 例えばストーリーだが、そのような雰囲気が全体を包み込むおかげで、限りなく大味であり、サイドストーリーはあれど、次の瞬間には全てが解決している。それが主演2人以外の深みに欠けるキャラクターたちを余計に空回りさせているのだ(妊娠騒動など良い典型だろう)。しかし、それが逆に「グリース」を最高に楽しいミュージカルにしているとも言える。70年代から見た50年代とは、映画製作時に大人であった人間たちの青春時代でもあり、何も考えずに友人たちと騒ぐことができた日々への郷愁とも取れるのだ。だからこそ、深いことを考えずにひたすらその瞬間を楽しもうとする登場人物たちが不思議と魅力的に映るのである。

 ただ、そのストーリーの枠組みをしっかりと支えているのは、間違いなく主演のジョン・トラボルタとオリビア・ニュートン=ジョンの2人であろう。トラボルタは相変わらずキレのいいダンスを披露してくれるし、ニュートン=ジョンは透き通るような歌声を聴かせてくれる。
 そんな2人がジレンマを抱えながらも、少しずつ歩み寄っていく様がなんとも愉快である。達者な彼らの演技があるからこそ、不良の男子が優等生の女の子と恋をするという典型的なラブストーリーがちっとも陳腐に思えないのだ。
 そんな彼らの思いをのせた数々のナンバーも、一度聞いたら忘れられない曲ばかりだ。言葉にならない思いを、あえて大げさな歌にしてしまうという、ミュージカルの特性も見事に生かしている。それが繊細な心の不良や、お堅い自分に不満を持つ優等生を親しみやすく、誰もが好感を持つキャラクターに仕上げているのだ。

 馬鹿らしい部分も多くあるが、見終わった後に幸せな気持ちでいっぱいになることは請負だ。最後にはダサいと思っていた彼らの姿に憧れてしまう自分がいるのである。

スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2015/01/02 (Fri) 15年1月公開のオススメ映画

久々の「オススメ映画」更新です。
映画のレビューも再開したことですし、こちらの方も定期的に投稿していきたいと思います。


オススメ映画 | trackback(0) | comment(0) |


2015/01/01 (Thu) ゾディアック(劇場公開版)

ゾディアック


原題   Zodiac
公開   2007年
上映時間 158分
製作国  アメリカ

監督   デヴィッド・フィンチャー
脚本   ジェームズ・ヴァンダービルト
原作   ロバート・グレイスミス『ゾディアック(原題:Zodiac)』

出演   ジェイク・ジレンホール
     マーク・ラファロ
     ロバート・ダウニー・Jr


あらすじ
 全米を震撼させた「ゾディアック事件」という実際の事件を映画化。1969年より「ゾディアック」と名乗る男による殺人がサンフランシスコで頻発し、さらにその人物は事件に関連した手紙を新聞社に送りつけてきた。手紙を受け取ったサンフランシスコ・クロニクル紙の記者ポールと同僚の風刺漫画家ロバートは事件に並々ならぬ関心を寄せるが……。





鑑賞日  1月1日
場所   家
評価   4.5点

レビュー
 あの「ダーティハリー」の犯人、スコーピオンのモデルともなった実在の事件ゾディアックの映画化である。この時、デヴィッド・フィンチャーは5年ぶりの監督作品であったというが、心配するどころか、「よくできたB級映画の監督」から遥かに進化して戻ってきたようだ。

 連続殺人という残虐な事件をモチーフにしていながら派手さは無く、映画のトーンはむしろ冷静さを極めている。残酷な場面もいくつかあるが、“ゾディアック”が起こした60年代後半から70年代前半までの事件以外はむしろ頭脳戦をメインに描いているところは英断である。これ以前の監督なら、インパクト重視でより生々しく映し出したところだろう。

 脚本においても、非常に組み立てが難しかっただろう。「未解決」であることが分かっている以上、通常のミステリー・サスペンス映画で得られるクライマックスのカタルシスは望めないだろう。では、映画として成立させるにはどうすればいいのか。選ばれた要素は事件の衝撃性よりも、「犯人が不明である」という不気味な事実、そして「ゾディアック」に取り憑かれていく周囲の人間の狂気であった。
 それを支えるのはもちろん役者たち、特にジェイク・ジレンホールとマーク・ラファロは出色の演技だ。ロバート・ダウニー・Jrもなかなか達者だが、彼のいつものキャラクター(というより、低迷期の自分自身)を演じていて良くも悪くも一定している。
 それに対し、ジレンホールとラファロは抑制された演技ながらも、内に秘める「ゾディアック」究明への渇望をはっきりと体現している。ラファロは刑事としての正義感か、それとも犯人への怒りなのか、他の刑事が捜査を降りても執念深い調査を続けていた。時折冗談を挟みつつも、どんな時でも事件のことが頭を離れず、目は常に血走っている。これを狂気と言わずしてなんと言おうか。
 だが真の主役であるジレンホールが活躍するのは彼とは反対に後半である。前半部での彼はパズル好きの奇妙なオタクであり、「ゾディアック」の“ファン”の一人でしかない。いつでも犯人の暗号文を持ち歩いている時点で狂気じみているが、後半の変わりぶりに比べればまだマシである。部屋で一人、「ゾディアック事件」に関する山のような資料を漁り、誰の利益になるかもわからない事件を解明しようとするのだ。
 狂気は狂気でしか迎え撃つことができない。それに耐えられないものは、ロバート・ダウニー・Jrが演じたライターのような末路にたどり着くことになる。答えのない問題に対して、一つの回答を提示したこの映画は新しいミステリーを指し示した。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント