アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017/07/31 (Mon) モーツァルト・イン・ザ・ジャングル シーズン1

mozart_in_the_jungle_s1.jpg


原題    Mozart in the Jungle
放送    2014年
話数    10話
製作国   アメリカ

ショーランナー ロマン・コッポラ/ジェイソン・シュワルツマン/アレックス・ティンバース/
        ポール・ワイツ
クリエイター  ロマン・コッポラ/ジェイソン・シュワルツマン/アレックス・ティンバース
原作      ブレア・ティンドール 『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル 〜セックス、ドラッグ、クラシック〜』

出演    ローラ・カーク
      ガエル・ガルシア・ベルナル
      サフロン・バロウズ


あらすじ
 一流の演奏家になることを夢見るオーボエ奏者のヘイリーは、ニューヨーク・フィルハーモニックの新指揮者であるロドリゴの元で世話係をしながら、日々腕を磨いていた。彼女の周りの人々は腕は一流だけど一癖も二癖もある性格の人間ばかりで、そんな彼らの人間関係に巻き込まれながら、初公演に向けてフィルは動いていく。





最終話鑑賞日 17年7月29日
鑑賞方法   Amazon Video
評価     3.5点


レビュー
 数々のコメディ映画に関わってきたチームによって作られた、アマゾンスタジオ製作の連続ドラマです。コメディなので1話30分でなおかつ全10話しかないため比較的短い作品ではありますが、その軽快なタッチがこちらを飽きさせない上手なつくりになっていました。

 ニューヨーク・フィルに関わる人々の人間模様を描きつつ、新指揮者ロドリゴの初公演に向けて物語は動いていきますが、アメリカのコメディドラマらしく、登場人物は非常に生き生きと動いてくれます。かなりの人数がいるため気を抜くと丸かぶりしているキャラクターも出そうなものですが、ほぼ全員がきちんと与えられた脚本上の役割を全うしています。
 もちろん物語の中核を担うのは主役のヘイリーとガエル・ガルシア・ベルナル演ずるロドリゴです。ヘイリーのキャラクター像は視聴者に共感を持って見てもらえるよう、バランスのとれた人物になっています。強気すぎず弱気過ぎず、かといって個性がないわけでもなく、中途半端な人間でもない。一世界に生きる(たまたまオーボエを5歳からしていた)一人の人間として確立されており、それが彼女の魅力になっています。
 反対にロドリゴはキテレツだが、チャーミングで才能に溢れ、視聴者を含め一度見たものを惹きつけて離しません。音楽的要素を除いてしまえば乱痴気騒ぎにしかならないようなエピソードでも、彼が絶えず燃やし続ける音楽への情熱がシーズン全体をパワフルなものに仕立て上げています。

 もちろん、全編を彩るクラシックの数々も忘れてはいけません。あの『のだめカンタービレ』と同様、通常であれば敷居が高いように思えるクラシック音楽でも、作中の人物によって語られ、時に主張がぶつかり合う様を見せつけられれば、否が応でも興味を惹かれます。強いて言うならば演奏をする場面がより多いと、このドラマの一番の魅力が発揮されたかもしれません。

 ただやはり、各人物を掘り下げるにはあまりにも時間が足りないことも事実です。彼らの行動原理やその理由などが明確に語られないことが多く、大した事ではなくてもこちらが勘ぐってしまうような話が見受けられました。キャラクターが魅力的な分、これについてはかなり残念でした。
 またロドリゴの妻である前衛芸術家が中盤から登場するのですが、彼女に関してはあまりストーリー上必要には思えませんでした。彼女の突飛な行動は、その存在を感じられるほどにリアルな他の人物たちからはあまりに浮いてしまい、急激に非現実感が増してしまうのです。その他にも、1話ごとのストーリーと全体を通したテーマがかみ合っていない場合があり、面白いけれども無意味な進行が多いのも目につきました。

 とはいえ多少問題点はあるものの、実在の交響楽団を舞台にしたことで得られるリアルとフィクションの均衡を保ち、納得のいくコメディとして完成されている点は評価できるでしょう。さほど長くもないので、興味がある方は是非ご鑑賞ください。

スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/31 (Mon) ウィッチ

the_witch.png


原題    The Witch
公開    2015年
上映時間  93分
製作国   アメリカ/カナダ

監督    ロバート・エガース
脚本    ロバート・エガース

出演    アニヤ・テイラー=ジョイ
      ラルフ・アイネソン
      ケイト・ディッキー


あらすじ
 17世紀のニューイングランド。周囲の人間を不敬虔とし過剰に貶めたことを糾弾されたウィリアムは、家族と共に入植地を追い出され深い森の近くに住むことにした。ある日長女のトマシンが末っ子で赤ん坊のサミュエルをあやしていると、突如としてサミュエルが消えてしまう。それから一家には次々に不可解な出来事が起き、すべてが魔女のせいではないかという疑念が生じ始める。





鑑賞日   17年7月31日
鑑賞方法  映画館
評価    4.5点


レビュー
 サンダンス映画祭で上映するなり話題となり、拡大公開の結果大ヒットにつながった低予算ホラー映画です。主演のアニヤ・テイラー=ジョイもこれをきっかけにブレイクを果たし、監督を含む多くのスタッフたちにも幸運を呼んだ本作品。その内容はひたすら不気味でじっとりとした恐怖感が漂う、非常に精巧に作られた緻密なストーリーでできています。

 あらすじにもある通り、末っ子のサミュエルがいなくなったことをきっかけに一家に不幸が襲うと言う筋立てはとても単純です。これだけですと、近世の魔女狩りに影響されたホラーにありがちになりますが、『ウィッチ』はその宗教的・歴史的考察が異様なほどに細かいのです。家族が交わす会話も現代アメリカ英語とは全く異なり、今の目から見れば引くぐらい信心深い点など、当時のプリマス・プランテーションの文化を極めてリアルに描写しています。こういった点だけでも非常に興味深く、「悪魔」や「魔女」といった日本人から見るとあまりに突拍子のない言葉が飛び交っても、怖いほどに説得力を持って訴えかけてきます。

 この強固なバックグラウンドに支えられることで、妄想と現実が交錯する不穏な世界がさらに不気味に眼前に迫ってきます。実のところ本当に怖いのは超常的な存在ではなく人間であり、下手なファンタジーに逃げていない分、凍りつくような思いができるでしょう。
 もちろんそれには役者の技量が重要になってきますが、これが子役含め本当に素晴らしいのです。主演のテイラー=ジョイが見せる、神を信じきれない若い女の子の絶妙な「不敬虔さ」はもちろんのこと、両親役の2人は役への入り込み具合が凄まじい。中盤から終盤にかけての怒涛の展開は、彼らによって形作られています。

 おそらく最後の展開については賛否両論あるかもしれませんが、しっかり考察された背景があるからこそ、あのエンディングに至るまでの流れは決して飛躍しているのではないのです。信心への挑戦というキリスト教における永遠の課題を、為す術もない状況に追い込まれた中世の人間から見るとこうも恐ろしいものになる。誰もがわかるわけではない独特の恐怖心理を、絶妙なバランス感覚とテンポで映し出し、誰もが体感できるものに仕上げてしまった近年稀に見るホラーの傑作です。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/31 (Mon) デ・パルマ

de_palma.jpg


原題    De Palma
公開    2015年
上映時間  107分
製作国   アメリカ

監督    ノア・バームバック/ジェイク・パルトロー


あらすじ
 『キャリー』、『スカーフェイス』、『アンタッチャブル』に代表される数多くの映画を生み出してきたブライアン・デ・パルマの映画人生を彼自身へのインタビューから紐解いていく。





鑑賞日   17年7月31日
鑑賞方法  映画館
評価    4点


レビュー
 この手のドキュメンタリー映画を想像すると、大抵の場合は本人及び周囲の人たちの証言をもとに、題材となる人物の人生や考え方を浮き彫りにするものが多いはずです。ところがこの映画はそのように凝ったことは一切していません。監督のフィルモグラフィーを順に追っていき、それを監督自身の言葉でひたすら語ってもらうという何とも男気溢れる作りになっているのです。

 そもそもブライアン・デ・パルマに対してのイメージは、最近ではいわゆる「カルト映画」を量産し、タランティーノなどの多くの信奉者を生み出したというので統一されているのでは無いでしょうか。「名監督」というには近年含め駄作と言われるものも多く、なかなか評価の難しい人ではあります。その彼自身の目を通した時、一体どんな真実が浮かび上がってくるのでしょうか。
 実のところ、何か新しい事実が判明したりするわけでも、彼に対して奥深い考察がなされるわけではありません。序盤に本当に少しだけ、彼の人生について簡単に教えてくれますが、それ以降はひたすら舞台裏の話が続きます。彼の人となりや映画界への影響といった客観的事実を求めてしまえば、このドキュメンタリー映画は間違いなくドキュメンタリーとして失格と言えるでしょう。

 しかしながら、アマチュア時代の短編も含め、彼のフィルモグラフィーを徹底的に考察して行くそのスタイルは単純ながらとても興味深いのです。よく知られている通り、デ・パルマの作風には明らかに著名なサスペンス映画からの影響が数多く見て取れます。少し前まではそれについて言及されることを嫌っていたらしいですが、今作中ではあっけらかんとヒッチコックなどからの影響があることを自ら話しているのです。なぜ彼があの構図を好むのか、どうしてああいった作風が多いのか。他者によって研究し尽くされたとも言えるデ・パルマの映画論が、彼の口から語られることでより一層の真実味を帯びていることが、この作品の一線を画する点には違いありません。

 全体を通すと、いかに彼がひとつひとつの作品に対し妥協なく作っているかが分かります。見る側からすればある日公開されたただの駄作でも、彼からすれば長い製作期間を通してやっとできた完成品のひとつなのです。臨場感あふれる語り口が、彼の持つ映画への情熱をありありと伝えてくれ、駄作だったはずの映画をもう一度見たいと思わせ、名作を不朽のクラシックへと昇華させる。
 彼の作品群だけでなく、その他にある無数の玉石混交の映画たちの素晴らしさを再度認識させてくれる、シンプルなのになんともユニークなインタビューなのです。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/30 (Sun) カーズ2

cars2.jpg


原題    Cars 2
公開    2011年
上映時間  106分
製作国   アメリカ

監督    ジョン・ラセター
脚本    ベン・クイーン

声の出演  オーウェン・ウィルソン
      ラリー・ザ・ケーブルガイ
      マイケル・ケイン


あらすじ
 新しいバイオ燃料「アリノール」のキャンペーンとして開催される「ワールド・グランプリ」に出場を決めたライトニング・マックィーン。友人のメーターも連れて参加をするが、行く先々で問題を起こすメーターに彼はうんざりしてしまう。その頃、大会の裏では世界を揺るがす陰謀が進行しており、たまたまあるスパイから重要な証拠を受け取ったメーターがそこに巻き込まれて行く。





鑑賞日   17年7月29日
鑑賞方法  Blu-ray
評価    2.5点

レビュー
 続編、というよりはスピンオフに近い作品です。あらすじを見ればわかる通り、意外にも地味な前作とは真逆を行く、爆発に次ぐ爆発とめまぐるしい展開が待ち受けています。

 実質上の主人公はライトニング・マックィーンではなく、その友達メーターです。これがそもそもの元凶と言いますか、サイドキャラであれば愉快であっても、主役を張ればとんでもなくイライラさせるキャラクターに様変わり。行く先々で面倒を起こし、典型的な「アクションを見せたいがために問題を起こすドタバタキャラ」に成り下がっています。
 彼が絡むキャラクターもほとんどがスパイとその敵のみになっているのも寂しく思いました。せっかく前作であれだけのキャラクターを出したのに、そのほとんどが友情出演レベルの扱いなのです。主演のマックィーンですら“準”脇役というのはいかがなものでしょうか。続編ものが持つコンテンツの優位性を全く活用できていません。

 ストーリーはあまりにもせわしなく、他のピクサー作品が持つ余韻を味わうような瞬間はどこにもありません。ただひたすらに監督の描きたい世界観を見せられ、スパイものというにはあまりにお粗末な結末が待ち受けています。まあ、ジョン・ラセターがやりたいことをやってくれれば良いという話もあるのですが。

 強いて言うのであれば、前回のレビューでも言及した通りCGの完成度は本当に素晴らしい。登場する各都市にぴったりの演出を見せ時には実写と見紛うほどの出来は、6年経った今でも見るに値します。レースシーンが(ドタバタスパイ劇に邪魔されつつも)多く登場する点も、前作を凌駕するポイントの一つでしょう。実写映画をも超える迫力ある場面は必見ものです。

 映画館で鑑賞した時よりも今回の鑑賞の方が、全体の統一感の無さや粗が多く目立ったように思いました。また小ネタやオマージュも少しの登場なら良いかもしれませんが、全編でひたすら行われるとどうにも疲れてしまいます。亡くなったポール・ニューマンへのトリビュートと、本当に素晴らしいCGだけが、他の感動的なピクサー作品の水準に並んでいると言えるでしょう。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/07/30 (Sun) カーズ

cars.jpg


原題    Cars
公開    2006年
上映時間  116分
製作国   アメリカ

監督    ジョン・ラセター
脚本    ダン・フォーゲルマン/ジョン・ラセター 他

声の出演  オーウェン・ウィルソン
      ポール・ニューマン
      ボニー・ハント


あらすじ
 乗り物たちが生き物として住む世界。新人レーサーのライトニング・マックィーンは「ピストン・カップ」での初優勝を狙うも、自分の独りよがりな性格が原因となり、他の2台と共に同率1位となった。後日行われる決定戦に参加するために急いでカリフォルニアへ向かうが、道中トラブルに巻き込まれ、ルート66沿いに位置するラジエーター・スプリングスに流れ着いてしまう。その町は時代の流れと共に人々から忘れられ、遂には地図からも消えてしまうような寂れた町だった。





鑑賞日   17年7月29日
鑑賞方法  Blu-ray
評価    3.5点


レビュー
 気づけばこの作品も10年以上も前の映画になっていることに驚きを隠せません。これが公開されることを知った時、「車を擬人化する」という突飛なアイデアが何とも奇妙に思えましたが、それが今ではディズニー内においても定番のキャラクターに。映画自体も続編やスピンオフが作られるほどに大きなフランチャイズになりました。

 さて現在、そのフランチャイズの足がかりとなったこの作品を改めて見ると、極めて王道と言えるストーリー構成が良くも悪くもこの作品を特徴づけていることがわかります。嫌味で友達のいない主人公が、暖かな人々(というより車々)との出会いを通じて勝利よりも大事なことを知る。いわゆるアニメにおける「定番」を崩してきたとされるピクサーにしては拍子抜けするほどシンプルなのです。

 決してこれがダメだと言いたいのではありません。むしろ生き生きとした各キャラクターの個性がよりはっきりと浮かび上がるので、各々が見せる掛け合いに思わず微笑んでしまうほどです。ギリギリ鬱陶しくないメーターや、イタリア車のルイジやグイド、ポルシェのサリーなど、皆バックグラウンドは違えど、町を愛し、非常に生き生きとした動きを見せてくれます。車になってもなお、最高に渋い演技を見せてくれるポール・ニューマンにも言及すべきでしょう。ドキュメンタリー作品を除けば、生前最後の出演作であったことを考えると、この映画の展開には胸を打たれます。

 またもう一つの主題である「時代の流れには逆らえない」という事実も、なかなかに奥の深いテーマです。近隣に高速ができたことで町に立ち寄る客がいなくなった現状を、住民の車たちは嘆きはするものの、それを決して否定するわけではありません。開発や人材の流出を単純に否定するのではなく、仕方ないものと受け止めた上でどう乗り越えていくのか。子供向けとは考えにくい「諦め」が、明るいキャラクターたちとの対比で一層際立つのです。

 しかしながらこういったピクサーならではの脚本づくりがあるにもかかわらず、本筋自体はやや冗長気味なのも事実です。舞台はほぼラジエーター・スプリングスのみで、そこで描かれることも実際のところは大筋に関係のないギャグシーンが大半。キャラを深掘りすると言えば聞こえがいいかもしれませんが、本当に示すべきテーマがその過程で薄まっていては意味が無いでしょう。
 それに関係し、レースカーが主人公にもかかわらず、レースシーンが最初と最後だけなのも何とも寂しい。今見ても遜色ないほどの迫力のあるCGで、手に汗握る展開を見せてくれるのだから、尚更そう思わされます。

 こういった脚本上の欠陥をいくつか抱えながらも、非常に丁寧な描写力と全体を彩るノスタルジアがそれらを上手くカバーしています。そして何より、10年以上経った今もこうして見ることができる以上、この映画が楽しい映画であることは認めざるを得ないのです。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント