アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017/07/05 (Wed) フォロウィング

Following.jpg


原題    Following
公開    1998年
上映時間 70分
製作国  イギリス

監督   クリストファー・ノーラン
脚本   クリストファー・ノーラン

出演   ジェレミー・セオボルド
     アレックス・ハウ
     ルーシー・ラッセル


あらすじ
 ビルと名乗る作家志望の男は、職もなく、日々やることといえば興味を抱いた人間を尾行する変わった趣味であった。だがある日、尾行相手に決めた男に尾行がバレてしまう。その男はコッブと名乗り、空き巣を生業としていた。言われるがまま、彼の仕事についていくことにしたビルは、次第にある事件の渦中に飲み込まれていく。





鑑賞日  17年7月5日
鑑賞方法 DVD
評価    3.5点


レビュー
 前回のレビューからほぼ2年ぶりのレビューです。その間、数々の名作映画に出会い、また一段と映画のことが好きになりました。私自身、2年の間にたくさんの出来事がありましたが、その話はこのブログの趣旨と異なるので割愛させていただきます。もし機会があれば、レビューを書き逃している映画も含め、再度レビューをしていけたらなと思っています。限られた時間の中、なかなか難しいことだとは思いますが、自分の成長とともに印象が変わっていくところも映画の醍醐味であるかと思うので、努力して参ります。

 さて早速その復帰一つ目のレビューとなるのは、新作『ダンケルク』の公開が控えるクリストファー・ノーラン監督の処女作である『フォロウィング』。今でこそ、彼の持ち味はIMAXフィルムでの撮影で代表されるような壮大な作風ですが、ダークナイトシリーズを監督する以前の初期の頃はエッジの効いたクールな雰囲気が前面に出ていました。その中でも今作は、40年代〜50年代に多く作られたフィルム・ノワールの影響を色濃く残しておりますが、次作『メメント』と同様の複雑な時系列で語られるストーリーが新鮮さも感じさせる、文字通り彼の原点となる作品です。

 時系列が前後する、といっても決して複雑な話ではなく、逆に順序良く編集されていたら、なんてことはないサスペンスになっていたでしょう。常に受け身の主人公が、怪しげな人物に誘われ、金髪美女の住まう闇の世界へ足を踏み入れる。もし「ヒッチコック流サスペンス映画の作り方」という教科書でもあれば、その模範例として掲載されているに違いありません。
 しかしながら、今や名監督として名高いノーランの手にかかれば、ひと味もふた味も違うスリリングな映画に仕上がってしまう。もちろん、現代風のスタイリッシュなオープニングや不十分なライティングが白黒の画面に陰影を持たせている点など挙げるべき箇所はたくさんあります。ですが、何より重要なのは登場人物たちに見え隠れする「闇」でしょう。先ほど「受け身の主人公」と書いたばかりですが、この男も一筋縄ではいかない人間です。彼の独白から物語はスタートし、小説家志望だから人間に興味があってなんとなく尾行を始めた、と彼は説明します。この彼の奇妙な習性が小説家志望という説明だけで成り立つものではないことは明白ですが、人の生活を垣間見る意味を語る彼には不思議と説得力があるのです。観客の共感を呼ぶ、一般人とさほど違わない各キャラクターに潜む異常性は、この映画の中では表立っては描かれませんが、常に見え隠れしています。それこそこの映画のユニークな点、従来のフィルム・ノワールそのものではなく、ネオ・ノワールと位置付けられる理由の一つでしょう。短い上映時間もまた、その不穏な雰囲気を盛り上げるのに一役買っており、十分な説明をあえてしないことでプロットの奥行きを見せています。
 だからこそ、逆に言えば最後の展開には物足りなさも感じてしまいました。結末に触れてしまうので詳しくは書きませんが、上記にも書いた通り、結局のところ筋立て自体は「模範例」そのものなのです。登場人物の異常性はエッセンスに過ぎず、何も根幹に関わってくるわけではありません。同じようにフィルム・ノワールの系譜に連なるポランスキーの『チャイナタウン』が持つヒリヒリする感情や、より見事なひねりが加えられたブライアン・シンガーの『ユージュアル・サスペクツ』の感服するような驚きを与えてくれるわけではないのです。
 
 でも忘れてはならないのは、この映画がわずか6000ドルで作られた事実。この映画の最も価値のあることは、ドル箱監督になるクリストファー・ノーランの存在を、たったそれだけのコストで映画界に知らしめたことかもしれません。

スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント