アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017/09/30 (Sat) カーズ/クロスロード

cars3.jpg


原題    Cars 3
公開    2017年
上映時間  102分
製作国   アメリカ

監督    ブライアン・フィー
脚本    キール・マレー/ボブ・ピーターソン/マイク・リッチ

声の出演  オーウェン・ウィルソン
      クリステラ・アロンゾ
      アーミー・ハマー


あらすじ
 ピストン・カップで7回もの優勝をすることになったライトニング・マックィーンは名実ともに伝説の存在として、同年代のレーサーたちを含む全ての車たちの憧れとなっていた。しかしながら、時代が進むにつれ技術も進化していき、彼もまた過去の遺物の一つになりかけているのもまた事実であった。栄光を取り戻すため、マックィーンは新米トレーナーのクルーズと共に全米各地を武者修行の旅に出る。





鑑賞日   17年8月6日
鑑賞方法  映画館
評価    3.5点


レビュー
 ピクサー唯一の凡作シリーズなどと陰口を叩かれつつも、『トイ・ストーリー』と並ぶ3作めに突入した『カーズ』シリーズ。前作『2』が続編というよりもスピンオフに近かったのに対し、こちらはまさに正統派とも言える続編に仕上がっています。

 1作目『カーズ』のメインテーマでもある「忘れ去られること」を、今回は主人公のマックィーン自身が体感していきます。ピカピカだったボディは若干くすみ、あちこちに傷がついている点も、ピクサーの相変わらずの映像技術により見事に再現されています。古き良き昔を新しい技術で描くという一種の皮肉のようになってはいますが、今作は新時代への単純なアンチテーゼではなく、後陣に道を空けることの意味を優しく観客に教えてくれるのです。

 どうしても道中のギャグパートを面白おかしく描く必要があるため、主人公のマックィーンが以前と同じ過ちを犯している点はなんとも残念ではありますが、新キャラクターのラミレスはなかなかにいい味を出してくれます。能天気と言えるまでの明るさが、諦めによって裏付けられたものであるという奥が深すぎる設定は、子供には分かりづらいかもしれませんが、諦めを知る年齢になった思春期の青少年以上ならきっと理解できるものでしょう。

 終盤の展開も良くできています。悪くいうと一作目をなぞっているだけとも言えますが、「先人たちは次に生まれる子供たちのためにある」ことを表すには端的で明確な手法でしょう。失望が希望に変わる瞬間を目の当たりにする、究極の感動がクライマックスには込められています。これに加えシリーズ最高のレースシーンが盛り沢山とくれば、有終の美と言う他ないでしょう。

スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/09/30 (Sat) LOU

LOU.jpg


原題    Lou
公開    2017年
上映時間  6分
製作国   アメリカ

監督    デイヴ・マリンズ
脚本    デイヴ・マリンズ


あらすじ
 ある幼稚園にはJJという意地悪な男の子がいました。彼は他の子供たちのおもちゃを取っては自分のものにしていました。それを見かねたのは落し物箱に住んでいる不思議な生き物「LOU」。おもちゃを返すよう、LOUはJJと追いかけっこを始めます。


鑑賞日   17年8月6日
鑑賞方法  映画館
評価    4.5点


レビュー
 子供の頃に大切にしていたものがある人にとって、きっとこの短編映画はシンプルながらも心を震わせる感動作として映るでしょう。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/09/30 (Sat) キングスマン

kingsman_the_secret_service.jpg


原題    Kingsman: The Secret Service
公開    2015年
上映時間  129分
製作国   イギリス/アメリカ

監督    マシュー・ヴォーン
脚本    ジェーン・ゴールドマン/マシュー・ヴォーン
原作    マーク・ミラー/デイヴ・ギボンズ 『キングスマン:ザ・シークレット・サービス』

出演    タロン・エガートン
      コリン・ファース
      サミュエル・L・ジャクソン

あらすじ
 ロンドンで不良として荒んだ日々を過ごしていたエグジーは、トラブルに巻き込まれた際に、父親の形見であるペンダントの裏にある電話番号に助けを求めた。するとその電話は「キングスマン」というどの国家にも属さない秘密諜報機関へとつながり、そのエージェントの一人であるハリーから、父親が候補生の一人であったこと、そして自分もその一員としてスカウトされたことを知る。





鑑賞日   17年9月23日
鑑賞方法  Blu-ray
評価    3.5点


レビュー
 映画の定番ジャンルとも言える「スパイ映画」。それを徹底的にパロディ化しつつも、様式美とも言えるほどの暴力的なスタイルを見せつけたのが本作『キングスマン』です。主人公であるエグジーを一流のスパイとして鍛えるストーリーと、暴力嫌いの敵の陰謀を描くストーリーを交互に描くため、どうしてもそれぞれが薄味になり、せっかくの魅力的なキャラクターたちを存分に活かせていないきらいはあります。しかしながらほとんどの人にとっては、コリン・ファースの華麗なるキングス・イングリッシュを聞けば大満足には違いないのです。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/09/30 (Sat) ダークナイト ライジング

dark_knight_rises.jpg


原題    The Dark Knight Rises
公開    2012年
上映時間  165分
製作国   イギリス/アメリカ

監督    クリストファー・ノーラン
脚本    ジョナサン・ノーラン/クリストファー・ノーラン

出演    クリスチャン・ベール
      マイケル・ケイン
      ゲイリー・オールドマン


あらすじ
 前作から8年後。ハービー・デントの死をきっかけに制定されたデント法が功を奏し、ゴッサム・シティの治安は好転し、誰もがバットマンの活躍を忘れ去っていた。ブルース自身も、様々な苦難に疲弊し、再建された屋敷で隠遁生活を過ごしていた。
 そんな中、ブルースの元師匠である「影の同盟」の首領ラーズ・アル・グールにさえ破門されたという、傭兵ベインがゴッサム・シティに混沌をもたらそうと来襲する。





鑑賞日   17年9月29日
鑑賞方法  Blu-ray
評価    4.5点


レビュー
 実を言うと、三部作の敵の中で一番ベインが好きだったりする。戦いも最も派手で、コミック内における戦闘が現実世界で実際に繰り広げられたらどうなるかを体感でき、スリル満点である。原作における各設定も最も効果的に盛り込まれていて、アメコミファンにはたまらない演出の連続となっている。
 とはいえ、設定が大きくなった分、詰めの甘さも多くなっている事実も否めない。あまりにも新キャラクターの登場が多く、前2作に出ていたキャラクターたちが若干ないがしろにされているのは悲しいし、『バットマン ビギンズ』よりも設定がリアルになった分、非現実的な矛盾点が目につくようになってしまった。
 それでもなお、「バットマン」という偶像が真の伝説となるまでのストーリーを、前2作のストーリーをしっかりと引き継ぎ盛り込んだ上で描き切ったその技量は、あっぱれとしか言いようがない。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


2017/09/30 (Sat) インセプション

inception.jpg


原題    Inception
公開    2010年
上映時間  148分
製作国   イギリス/アメリカ

監督    クリストファー・ノーラン
脚本    クリストファー・ノーラン

出演    レオナルド・ディカプリオ
      ジョセフ・ゴードン=レヴィット
      エレン・ペイジ


あらすじ
 ドミニク・コブは相棒のアーサーとともに、対象の夢の中に入り込み、その人物から直接アイデアを盗む企業スパイとして生計を立てていた。ある理由により子供の住むアメリカに帰国できないでいたコブに、サイトーと名乗る男が接触し、彼の依頼する任務を成功させれば帰国させると持ちかける。その任務とは、敵対する企業の御曹司にアイデアを植え付ける、"インセプション"であった。





鑑賞日   17年9月28日
鑑賞方法  Netflix
評価    5点


レビュー
 今までの例に漏れず、この映画におけるノーランのアイデアの出発点はとてもユニークでそう簡単に思いつくものではないが、それを非常にエンターテイメント性溢れる作品に仕上げられる点こそ彼の映画監督としての才気の証明となるだろう。『ダークナイト』と本作を作り上げたことで、彼は名監督としての地位を確立させたのである。

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント