アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/01/23 (Sun) ソーシャル・ネットワーク

Social_network_film_poster.jpg

監督 デヴィッド・フィンチャー
出演 ジェシー・アイゼンバーグ
   アンドリュー・ガーフィールド
   ジャスティン・ティンバーレイク

評価 Lv.10(10段階中)

レビュー

 今年度スタンリー賞(私的アカデミー賞)ノミネートは確実ですね。

 事実と脚色に彩られた、フェースブックの創始者マーク・ザッカーバーグの半生を描いた作品。この映画にはおそらく事実はほとんどないのであろう。ここではザッカーバーグが起こされた2つの訴訟のシーンでの発言を映像化している。いわば「市民ケーン」と同じ手法で描かれている作品である。
 フィンチャーはこの映画を通じて伝えたかったのは「facebook」ではなく、「facebookに関わった人」の話である。このなかでザッカーバーグはFace Mashというハーバード大学女子学生の「顔」を比べるサイトを設立する。それが学内で問題になるが、有頂天になった彼はハーバード大の学生限定のSNSを作る。だが、(少なくともこの映画の中の)ザッカーバーグは有頂天になったからfacebookを作ったのではないのだろう。実はFace Mashを作ったことより、学内の生徒から嫌われる羽目になる。彼はそんなことはお構いなしとでも言いたげだが、劇中である弁護士が言うようにザッカーバーグは「嫌な奴」のふりをしているだけだ。facebookを作った理由はみんなから「名誉を挽回する」こと他ならないのだ。その証拠に彼の友人は次々とfacebookから利益を抽出しようとするが、彼はそれを渋っている。彼がほしかったのは「友人」なのだ。だが、現実はそうはいかない。facebookを設立したことにより逆に自分の親友を失い、彼は孤独になってしまう。
 この映画は人間づきあいの下手な人間が如何にして成功し、友人を失ったかを描いたすばらしいヒューマンドラマである。

そういや、エンディングはビートルズのベイビー・ユア・リッチ・マンだったな。知ってた?

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(4) |


<<業務連絡 | TOP | ブログリニューアル?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

コメントすることね~v-395

2011/01/27 23:36 | ドルトン [ 編集 ]


 

かなりおもしろかったv-218

けどちょっとついて行くのが大変やったけども・・・。

それよりアンストッパブル寝てもうた~e-350

2011/01/23 22:55 | ILHF [ 編集 ]


Re: タイトルなし 

どうだった?

2011/01/23 20:19 | CUBE [ 編集 ]


 

オレも今日みたぞよ~v-218

点数・・・1000点中999.9点かな

2011/01/23 20:15 | ILHF [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/227-f5f73258

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。