アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2011/03/13 (Sun) 英国王のスピーチ

 英国王のスピーチ

監督 トム・フーパー
出演 コリン・ファース ボナム・カーター ジェフリー・ラッシュ


あらすじ
 吃音障害を抱えた内気なジョージ6世(ファース)が、言語療法士の助けを借りて障害を克服し、第2次世界大戦開戦にあたって国民を勇気づける見事なスピーチを披露して人心を得るまでを描く。本年度アカデミー賞、作品、監督、主演男優、脚本賞を受賞。

評価 Lv.8(10段階)

レビュー
 まず一つ忠告しておくが、忍耐強くない人はこの映画を映画館に見に行ってはいけない。(俺の後ろの奴なんて「暇になって」席を蹴るは、携帯でメールをチェックするやら最悪だった。)わかるだろうが、コレはテンポの良い映画ではない。そして英国王のサクセスストーリーでないことも念頭に置いて欲しい(実際、完璧に吃音を治せるわけではない)。この映画が重点を置いているのは王族と庶民という身分の違う者同士のヒューマンドラマなのだ。たとえば「王と言語療法士」さらには「ジョージ6世の兄とその婚約者」であったりする。彼らはどんな困難が訪れても絶対に別れまいとする。その身分を超えた友情物語、王の吃音の克服、第二次世界大戦の危機。この三つが重厚に重なり合ってこの映画は本年度最高の映画に仕上がっている。
 クライマックスのスピーチのシーンなどは静かなのにもかかわらず、最高の緊張感に包まれて思わずこちらも応援してしまう。万人の人にこの映画は見に行って欲しい。

 ちなみに一番面白いのはやはり、実際にスピーチの訓練をするシーンだ。国王がスラングを叫びまくるシーンなどは(ある意味で)感涙物だ。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(1) |


<<読者様へ | TOP | 第76位 Yer Blues 第75位 Think for Yourself>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

スラング大好きcubeさ~ん(^O^)/

2011/03/14 20:28 | ILHF [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/263-06bd3f25

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント