アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/04/03 (Sun) 第2回スターリン賞授賞式

というわけで、授賞式の開催です!
(*^_^*)/イェ~~~イ

まずは助演女優賞。
受賞は・・・

「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」の
アンヌ=マリー・ダフ

アンヌ

「いや~最初からまさかの展開ですね。スタンリーさん。」
「確かに、他の女優たちはかなりの実力派揃いでしたからね。しかし、ダフはジョン・レノンの母親ジュリアを記憶に残るような素晴らしい演技で演じましたから。まあ当然でしょう。それにCUBEさんがビートルズ好きですから。何か受賞させたかったんでしょう。」


次は助演男優賞。
受賞は・・・

「キック・アス」の
ニコラス・ケイジ

ニコラス

「これは驚きですね~。私はガーフィールドかラッシュが受賞すると思ってましたよ、スタンリーさん。」
「いや、私もそう思ってました。ガーフィールドは親友に裏切られる苦しみを見事に演じきってたし、ラッシュが演じた身分の違いを超えて国王を助けようとするエセ言語聴覚士ローグはものすごい存在感でしたから。でもキック・アスでニコラス・ケイジが扮したビッグ・ダディにはかなわなかった。だってあいつ目がイッテルから。」


お次は主演女優賞。
受賞は・・・
「マイ・ブラザー」の
ナタリー・ポートマン

ナタリー

「ノミネートされたのが彼女一人でしたからね。」
「実際は助演なのですが、主演と言ってもいいぐらいストーリーに食い込んでいたので。」


さあ大混戦の主演男優賞です。
受賞は・・・
「クレイジー・ハート」の
ジェフ・ブリッジス

ブリッジス

「今回は前年度アカデミー賞ノミネート(クルーニー)、受賞(ブリッジス)、今年度アカデミー賞受賞(ファース)という強者ぞろいでしたねスタンリーさん。」
「最後まで迷いました。クルーニーは私ごのみのユーモアがありながら哀愁が中にある名演を披露しました。マグワイアは今まで見せた中でもトップクラスの演技力。はっきり言ってマイ・ブラザーは彼のための映画。ダリンはアメリカ出身の俳優では演ずることのできないような本当に自然体の素晴らしい演技を繰り出しました。ファースは気難しい吃音の国王を演じ、ラッシュ演ずるローグとのコンビで観客を魅了。私はファースとブリッジスで迷いました。ですがブリッジスが演じた場末のミュージシャンの方が親近感があり、その悲しみをより身近に感じることができました。ファースももちろん最高なのですが、個人的にはシングル・マンで演じた大学教授の方が好きだった。要するに好みの問題ですよ。」


ではでは脚本・脚色賞の方へ移りたいと思います。
受賞は・・・

「ソーシャル・ネットワーク」の
アーロン・ソーキン

ソーシャル・ネットワーク

「これはどういった理由で選ばれたのですか。」
「やはり斬新さですね。今までに見たことのない話。まさに2000年代を感じさせる作品でした。それにモデルのフェースブックのCEOが普通に生きているのに映像化してしまうところに感心させられました。」


こちらも大混戦の監督賞。
受賞は・・・

「インセプション」の
クリストファー・ノーラン

インセプション

「スタンリーさん、これも意外な受賞ですね。」
「ソーシャル・ネットワークのフィンチャーとどちらにするか迷ったのですが、やはりあのあり得ない世界観を構築し完璧に映像化したノーランを選出しました。あの分かり辛いストーリーも私好みでしたし。」



いよいよお待ちかね、作品賞の時間です。
第2回スタンリー賞作品賞の栄誉に輝くのは・・・

トイ・ストーリー3」!

トイ・ストーリー3




「いやはやコレは驚きですね。初めてアニメーションが実写に勝った瞬間かもしれませんよ。」
「今回の作品賞ではノミネートの段階からものすごく苦労しました。数が減った分、より作品性の高い物を選んで見るようになりましたから。正直どれが受賞してもおかしくないです。でもトイ・ストーリー・シリーズはアニメーション界どころか映画界を揺るがした素晴らしい三部作です。確かにアクションのシーンは全然盛り上がりません。でも今までに『別れ』というメッセージをはっきりと描いたアニメーション作品があったでしょうか。いや無いでしょう。トイ・ストーリーはただの子供映画に留まらず、大人の感情をも揺さぶるれっきとした映画なのです。トイ・ストーリー3は革命を起こしたアニメーションに終止符を打つ紛れもない、最高の映画なのです。」




では第2回スタンリー賞授賞式を終了します。
才≡⊃"├!(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ 才≡⊃"├!(*'-')//”パチパチ ☆( ̄∇ ̄ノノ"パチパチパチ!!

関連記事
スポンサーサイト

スターリン賞 | trackback(0) | comment(0) |


<<キル・ビル Vol.1 | TOP | 第2回スターリン賞 ノミネート発表>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/286-9bdc797c

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。