アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/04/05 (Tue) 未知との遭遇(家で鑑賞)

未知との遭遇

監督 スティーヴン・スピルバーグ
出演 リチャード・ドレイファス
   フランソワ・トリュフォー

あらすじ
 ある日、ラコーム率いる調査団がメキシコの砂漠で第二次大戦時の戦闘機を発見する。それは、消失当時と変わらぬ姿で残っていた。一方アメリカのインディアナ州では、町一帯の停電を調べていた電気技師ロイがUFOのような光を発見。以来、彼はこの不思議な光にすっかり魅了され、その正体を探っていく。やがて、光が行き着く先はワイオミング州のデビルズ・タワーという山だと判明するのだが…。

評価 5点(5点中)

レビュー
 ここには楽観的なスピルバーグの思想がある。人類は今現在も宇宙人と出会おうとする人々がたくさんいる。この映画はそのような人々の夢を叶える最高の映画だ。宇宙船を見てしまったせいで「ある形」に取り付かれたロイが家族に「まだ大丈夫」と答えるシーンがある。結局彼は家族に見放されるが、最終的には自らの目的もしくはそれ以上の物を達成する。自分はおかしくなっているかもしれない。でも宇宙人と会ってみたい。そんな人類の夢を叶えた彼はまさに彼らの象徴である。これほどまでに最高のエンディングもなかなか無い。スピルバーグの真骨頂である。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<フォーリング・ダウン(家で鑑賞) | TOP | オール・アバウト・マイ・マザー>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/289-944642c4

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。