アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2011/04/24 (Sun) チャーリー(家で鑑賞)

チャーリー

監督 リチャード・アッテンボロー
出演 ロバート・ダウニー・Jr
   ジェラルディン・チャップリン
   ダン・エイクロイド

あらすじ
 映画の黎明期に数々の作品を作り上げ、「喜劇王」の異名をもつチャールズ・チャップリンの自伝を元に彼の人生を描き出す。

評価 3.5点

レビュー
 チャップリンと言えばおそらく誰しもがあの「山高帽をかぶり杖を持ったちょび髭の小男」を思い出すだろう。この映画はそんな彼の「真の姿」を見せている。
 この中で描かれているチャップリンの素顔は「女たらし」で「精神的に参っている」「自尊心の高い」「気難しい男」だ。要するに、真の彼は喜劇的ではない。そして天才でもない。物語の終盤に自伝の執筆者(映画のみに登場する架空の人物)にチャップリンはこう答える。「天才でないことが悲しい」。そう、彼はただのロリコンでも共産主義者でも天才でもなかった。普通のコメディアンなのだ。このシーンに彼の本質が現れているだろう。
 途中、伝記物にはありがちな冗漫なシーンが多々ある物の最後のシーンは見る人の心を打つ。チャップリンという人物を描いた初めての作品としては一見の価値がある。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(2) |


<<DJ HERO買った | TOP | トッツィー(家で4月22日鑑賞)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

今日でやっと学校終わって明日から5連休!!

やっと今年初の釣りに行ける!!
           はず・・・  

2011/04/30 23:29 | ドルトン [ 編集 ]


 

チャップリンの自伝を読んだけど 喜劇王としてのチャップリンからは、イメ~ジ出来ないような子供時代があるんだよな。 たしか・・

2011/04/30 23:25 | ドルトン [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/305-b30ddd1d

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント