アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/05/16 (Mon) クレイマー、クレイマー(映画館で鑑賞)

クレイマー、クレイマー

監督 ロバート・ベントン
出演 ダスティン・ホフマン
   メリル・ストリープ
   ジャスティン・ヘンリー

あらすじ
 舞台はニューヨーク・マンハッタン。 仕事熱心の会社員テッド・クレイマーは、家事と育児を妻のジョアンナ・クレイマーに全て押し付けていた。 しかし、ジョアンナは自分が打ち込める何か仕事がしたいと夫に相談を持ちかけるが、テッドはとりあわない。 やがて、ジョアンナはテッドに別れを告げてきた。はじめは冗談だと思っていたテッドだったが、翌日会社から自宅に電話をかけても誰も出ないことから初めて事の重大さに気づく事になる。テッドの生活はその日から一変した。

評価 4.5点(5点中)

レビュー
 誰もが知る名作映画なので今更説明不要だが、一応する。
 妻に出て行かれた男が息子とだけの生活を始めるという一見なんということもなさそうな映画だが、この部分がこの映画の最大の武器である。
 初め、子供をろくに育てたことのないテッドは朝ご飯のフレンチ・トーストを作ろうとして失敗。その後も息子ビリー(ヘンリー)との不協和音を繰り広げる。だがこれらのシーンが最も重要である。かんしゃく持ちの父親テッドなんかよりも母親の方が好きなビリーは夕食も食べずダブルチョコレートチップアイスを食べてしまう。ここでテッドとビリーは初めて正面切ってけんかをする。だがこの後二人は仲直りをして、二人の絆はいっそう強くなる。これは映画界屈指の名場面であり、最高に感動する。この後、妻が戻ってきて親権を巡り夫婦が対決をする。せっかく仲良くなったのにまた引き離されてしまうとテッドとビリーは互いに悲しむ。これほど胸打つシーンはあるだろうか。
 親子という絆の大切さを感じさせる一級品の映画だ。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<ブラック・スワン(映画館で鑑賞) | TOP | シンプル・プラン(家で鑑賞)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/314-b7779278

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。