アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/12/19 (Sat) Disney's クリスマス・キャロル レビュー

(これは11月29日にみた分です。寮でブログ禁止令が出たので…)
クリスマスキャロル Disney's クリスマス・キャロル
主演 ジム・キャロル
監督 ロバート・ゼメキス

あらすじ
町の嫌われ者スクルージは、金が全てと考える天涯孤独の男。あるクリスマス・イブの夜、かつてのビジネス・パートナーの亡霊が現れ、その翌日から「過去の亡霊」「現在の亡霊」「未来の亡霊」が一夜ずつスクルージを時間の旅へと連れ出す。



まず、評価自体は
(これからはアメリカの映画評論サイRottenTomatoにならい、僕もまずわかりやすく“素晴らしい”または“”で評価したいと思います。レベル制度は今まで通り続けます)
素晴らしい!そして、Lv.7といったところでしょうか。

僕は小さい頃に同じくゼメキス監督が作った「ポーラー・エクスプレス」を見ています。(見たい人はTSU〇AYAへGO!)あの著名な映画評論家お〇ぎはこれらの映画をすごく批判していましたが、僕はいい映画だなと思いました。

パフォーマンス・キャプチャーの技術自体がまだ発展途上のせいか人物が若干ぎこちなく見えるときがありましたが、映画自体はなかなかいい出来栄えだと思います。というか、僕がこの「クリスマス・キャロル」のお話がもともと好きなので実は公開前からすごく見たかったのです。3Dをうまく活用し、例えば過去の精霊とスクルージが飛ぶシーンはとても爽快でした。

とても心があったかくなる映画なのでぜひ見に行ってほしいです!
あ、でもよく考えたらもうすぐ終了しちゃうかも・・・(´-д-;`)

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<カールじいさんの空飛ぶ家 レビュー | TOP | コメント>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/34-127b12d6

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。