アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2011/07/09 (Sat) それでも恋するバルセロナ(家で鑑賞)

それでも恋するバルセロナ

監督 ウディ・アレン
出演 レベッカ・ホール
   スカーレット・ヨハンソン
   ハビエル・バルデム
   ペネロペ・クルス

あらすじ
 婚約者もいる真面目なヴィッキー(ホール)と、情熱的な恋を求める自由奔放なクリスティーナ(ヨハンソン)。親友同士の2人は、夏のバカンスを過ごすバルセロナで魅力的な画家フアン・アントニオ(バルデム)に出会い、それぞれ彼に惹かれていく。しかし、そこへ画家の美しい元妻が現れ……。

評価 3.5点(5点中)

レビュー
 10%が海外出資のウディ・アレンの映画。独特のニューヨーカーなトークは展開されるものの、雰囲気は完全に外国映画を意識している。そして彼の作品の中でもかなり変わった方だと思う。
 話の大筋はあらすじに書いてある通りでこれ以上でもこれ以下でもない。でもキャラクターの正確はコロコロ変わる。特に主役の2人は意外性に満ちていてその点では面白い。だがその2人とフアンを描いた前半部分は特別面白いわけではない。キャラクターも見た感じそのままで特に変わったことが起きるわけではないからだ。だが後半、ペネロペ・クルスが登場してくるあたりから俄然勢いが出てくる。そして登場人物がどんどんおかしくなっていく。唯一ぶれてないのはヴィッキーの婚約者のダグだけかもしれない。ありとあらゆる人間関係が面白いように変化していく。普通であった人が実は変で、でも結局は普通だったりする。なんの解決も見いだされていないのだが、ウディ・アレンはそこに人間の笑ってしまうような皮肉を完璧に描いている。
 とびきりの名作ではないが、是非とも一回は見て欲しい。

 ちなみにスペインの景色が最高でそれだけでもおなかいっぱいになれる。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<ここ数週間忙しくて・・・ | TOP | ビッグ(家で鑑賞)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/347-002d2795

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント