アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/12/22 (Tue) パブリック・エネミーズ レビュー

(12月14日に見た分です。)
パブリック・エネミーズ パブリック・エネミーズ
主演 ジョニー・デップ
監督 マイケル・マン

あらすじ
大恐慌時代のアメリカ中西部を舞台に、大胆不敵な手口で銀行強盗と脱獄を繰り返し、FBIから「パブリック・エネミーNO.1」(社会の敵)として指名手配されたデリンジャーと彼の恋人ビリーの逃亡劇が描かれる。




さて、今回の評価は・・・

“素晴らしい”-Lv.9

僕は映画を見るときその映画への「入り込み度」で良し悪しを大抵決める。初め、この映画を見ていた時僕は違和感に気付いた。
「あれ?入り込めてない・・・」
なぜか知らんが自分が映画に集中できていないのだ。おそらく、この映画が基本的にBGMがなく、画面の切り替えが少ない(要するに、例えばその場にいる2人の人物の会話のシーンであれば、単にカメラを回して撮影しているということ)せいであろう。そんなことを思いつつ映画を見ていると、また新たな事に気が付いた。
「あれ、いつの間にか映画の中に・・・」
そう、それがこの映画の持つ魔力であったのだ。

この映画に出る人物は主人公のジョン・デリンジャー以外基本的に内面の描写というものが少ない気がした。そして、先ほども言ったように画面の切り替えが少ないせいで逆に自分がその場にいてあたかもデリンジャーのそばにいるような錯覚を生むのだ。つまり、普通の映画は主人公が体験していることを一緒に体験するが、これは第三者として映画の登場人物の一人になることができるのだ

僕はこの映画が好きだ。おそらくだが、嫌いな人は嫌いな映画だと思う。しかし、「パブリック・エネミーズ」はどんな人も映画館で見なければならない映画だと僕は確信している。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(2) |


<<大×1000000000000ニューーーーーーーーーース! | TOP | ついに…>>

comment











管理人のみ閲覧OK


No title 

≫UVER

 お答えします。映画「CUBE」とは一切関係ございません。管理人プロフィールの欄にキューブの正式名称である「リック・スターリン・キューブ」と書いてあります。実はそれを並び替えると「スタンリー・キューブリック」となります。

キューブリックという人物は有名な映画監督で(もう亡くなっている。)

代表作は

「2001年宇宙への旅」

「時計仕掛けのオレンジ」

「フルメタルジャケット」

「シャイニング」などです。

2009/12/22 17:46 | CUBE [ 編集 ]


No title 

そういえばCUBEのブログってなんでこんな名前なの?



素朴な質問で【キューブ】っていう映画と関連性あるの?

気分を害したならこの質問に答えなくてもかまいません







あとperfume。この前カイロぶつけてごめんm(? ?)m

改めてお詫びしときます。







ごめんなさい

2009/12/22 17:31 | UVER [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/37-c66d390b

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。