アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2011/08/16 (Tue) ウォッチメン 劇場公開版(家で鑑賞)

WatchmenPosterFinal.jpg

監督 ザック・スナイダー
出演 ジェフリー・ディーン・モーガン
   ジャッキー・アール・ヘイリー
   ビリー・クラダップ
   パトリック・ウィルソン
   マリン・アッカーマン
   マシュー・グッド

あらすじ
 ベトナム戦争、キューバ危機など数々の事件の陰には、人々を見守る“ウォッチメン”と呼ばれる監視者の存在があった。しかし、1985年のニューヨーク、米ソ間の緊迫状態が続く中、政府により活動が禁じられていたウォッチメンの1人、エドワード・ブレイクが暗殺され……。

評価 3点(5点中)

レビュー
 ウォッチメンというコミックを読んだとき,僕は今までに受けたことのない衝撃を受けた。だからそれを映画化したこの映画にももちろん期待していた。でもはっきり言って期待はずれだった。
 映画としての完成度はすこぶる高い。ザック・スナイダーの映像美は今回も光っている。スローモーションを多用したアクションシーンはかっこいい。キャラクターたちもまるでコミックから抜け出してきたようだ。
 でもなぜか心から楽しめなかった。完結に言うと,コミックの世界感を描ききれてないのだ。あんな分厚い小説みたいなマンガを映像化しろという方が無理だ。5時間あっても無理かもしれない。頑張ってコミックと同じように描こうとはしているものの,そのせいで逆にストーリーが冗漫に見える。もともとアクションシーンが多いわけでもないからさらにだらだらしているように見える。特にDr.マンハッタンが地球を去ってからはひどい。
 しかし評価すべき点はたくさんある。先ほども言った映像のほかに,サントラも秀逸だ。主に60年代~70年代の名曲たちをバックにあのモノトーンのハッキリした映像が流れると最高だ。それに最後の方を映画オリジナルの展開にしたところは良かったと思う。別にコミック版の方が悪いというわけではないが,いかにも「コミック」なのでこのストーリーを選んだのは正解だろう。
 日本では発売されていないアルティメット・カット版(3時間35分)もあるらしい。そちらへ期待するということで,3.5点にした。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(2) |


<<アニメ版ウォッチメン(?) | TOP | カサブランカ(家で鑑賞)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

読みづれえよ(^_^;)

2011/08/18 17:20 | CUBE [ 編集 ]


 

nazeka konnpyu-ta ga hucyou de hennkann dekinai.

yatto jyapo-ne nikaette kitayo!!
konnkai no tabi de wakatta ga ore ha mecyamecya hunayoi siyasui rasii.(turisi nanoni...)
sennsuikkan ni notta nn dakedo kutuu no 1jikann datta..byドルトン(roumaji dakedato okurenai kara kopi-sita)

2011/08/18 16:03 | ドルトン [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/372-6f3d6ea7

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント