アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2011/08/30 (Tue) スタンド・バイ・ミー(映画館で鑑賞)

スタンド・バイ・ミー

監督 ロブ・ライナー
出演 ウィル・ウィトン
   リヴァー・フェニックス
   コリー・フェルドマン
   ジェリー・オコンネル

あらすじ
 作家ゴードン・ラチャンスはある日、「弁護士クリストファー・チェンパーズ刺殺される」という新聞記事に目をとめ、遠い過去の日を思い起こす。クリスは、ゴードンの子供の頃の親友だった。
 時代は、彼が12歳だったころにさかのぼる。ゴーディ(ゴードンの愛称)は、オレゴン州キャッスルロックの田舎町で育てられる。ゴーディ、クリス、テディ、バーンの4人は、性格も個性も異なっていたがウマが合い、いつも一緒に遊んでいた。木の上に組み立てた秘密小屋の中に集まっては、タバコを喫ったり、トランプをしたり、少年期特有の連帯感で堅く結ばれていた。
ある日バーンは、兄たちの会話を盗み聞きしてしまう。ここ数日行方不明になっている少年が、30キロ先の森の奥で列車にはねられ、野ざらしになっている場所を知ったバーンは、仲の良いゴーディたちに話す。『死体を見つければ英雄になれる』と考えた4人は、線路づたいを歩いて死体探しの旅に出かける……。

評価 4.5点(5点中)

レビュー
 この映画に関しては実はあまり言うことがない。何回も見た映画だし、「最高の映画」に決まっているからだ。でも、見るたびに受ける印象はどんどん変わっていく。小さい頃に見たときは「自分よりも大きな子ども達がタバコを吸いながら旅する冒険映画」だった。12歳ぐらいの頃には「自分と同じ年頃の子ども達の楽しく、怖く、そして悲しい旅」。最近は「小学生ぐらいだった頃の友達という存在をノスタルジックに描いたちょっとした冒険」だ。この映画には少年時代というものがすべて詰め込まれている。ちょっと悪いことしてみたり(僕はしたこと無いけど)、親に秘密でどっかに行ったり。会話にもその要素が随所に含まれている。さっきまでは笑ってたのにいきなり喧嘩したり、どうでも良いことで言い争ったり。でもそういうどでも良いことのほうが以外と覚えていたりしている。
 誰しもが持つ「子供時代の想い出」を完璧に描いた感動の映画だ。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(1) |


<<アラジン(8月28日に家で鑑賞) | TOP | キレるビデオゲームオタク>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

今度 ゲオで この映画のDVD 借りるわ

2011/08/31 23:35 | うぽつ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/378-6a77fbef

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント