アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2011/11/03 (Thu) ウィンターズ・ボーン(映画館で鑑賞)

ウィンターズ・ボーン

監督 デブラ・グラニク
出演 ジェニファー・ローレンス
   ジョン・ホークス
   ケビン・ブレズナハン

あらすじ
 米ミズーリ州南部・オザーク山脈の村に住む17歳の少女リーは、心を病んだ母親に代わり幼い弟と妹の世話をして暮らしていた。しかしある日、とうの昔に家を出て逮捕された父親が自宅と土地を保釈金の担保にして失踪。このまま裁判に出廷しなければ家を没収されてしまう。やむを得ずリーは自ら父親捜しに乗り出すのだが……。

評価 5点5点中)

レビュー
 この映画はサスペンスではない。行方不明になった父親の捜索がストーリーのメインではあるものの、なぜ父と近い人々はそれを隠そうとするのか、誰が父親に何をしたかなどの解決にはまったく興味を払っていない。ここで描かれている重要なものは保護者という一番頼りになる物が存在しない女の子の人としての強さだ。
 リーは精神病の母親と、幼い弟と妹と暮らしている。この家を支えなければいけないのは自分という、ただでさえ多くの負担がかかる生活で知らされる最悪の知らせ。周りの大人達は頼りになるどころかそれを隠蔽しようとさえする。彼女は家族を養っているのに、彼女を助けてくれる人は誰もいない。究極に絶望的な状態をミズーリの寒そうな冬景色が一層色濃くする。リーがリンチされるシーンなどは思わず目を背けたくなる。リーをうつろな目で見る大人たちには自分たちのことしか見えていない。唯一、叔父のティアドロップだけが彼女に救いの手を差し伸べる。でも結局はリーだけが家族を守ることが出来る。弟にライフルの使い方を教え、リスを捌いてみせるシーンにその信念が詰め込まれている。
 この事件は意外にもあっさりと、しかも大人達がリーに働き掛けることで終わる。しかし大人達がその結論に到達したのはもちろん自分のためだ。あまりにも卑怯な大人達に対比させて、リーと家族の未来は少しだけ希望が見えている。それでも観客はミズーリの寒々とした空を忘れられないだろう。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<GTA5! | TOP | キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(映画館で鑑賞)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/430-d104f208

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント