アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2011/11/27 (Sun) ボンボン(家で鑑賞)

ボンボン

監督 カルロス・ソリン
出演 フアン・ヴィジェガス
   ワルテル・ドナード

あらすじ
 初老のフアンは、オーナーが変わったとたん、20年間働いたガソリンスタンドをクビになってしまう。新しい仕事を探すが見つからず、娘夫婦の家に厄介になりながら、肩身の狭い日々を送っていた。あるとき、困っている女性を助けたフアンは、お礼にと大きな白い犬、ボンボンを押し付けられる。ドゴ・アルヘンティーノという種類の立派な犬だと言われるが、仕事もないのに犬など連れて帰ったら娘がなんと言うか・・・。しかし、フアンはボンボンを家に連れて帰ることにした。案の定、家にとどまるか、犬を選ぶかの選択を迫られ、仕方なしにフアンはボンボンを車に乗せ、旅に出た。

評価 3.5点(5点中)

レビュー
 メインのキャラクターを演じるヴィジェガス、ドナード共にまったくの素人である。実際に20年間ガレージで働いていたヴィジェガスをスカウトし、ドナウドに至っては映画の中の仕事と全く一緒。素人なんか使って大丈夫なのか、という意見もあるかもしれないがそんな心配はご無用。それどころか素人だからこそ出せる味がここにはある。
 前半はひたすら哀愁漂う雰囲気に満ちている。無職になったヴィジェガスは人の良さからいつも他人に押し切られてばかり。毎日生活するだけでも苦しいのに、犬を押しつけられる始末。と、ここまではいかにもインディーズ系の映画らしい演出が目立つ。ここは監督の力量のおかげだろう。独特の「間」を設けることにより、観客から笑いを自然と引き出すことが出来る。もちろんヴィジェガス自体の演技も素晴らしい。ぼそぼそと少ししか喋らないのに、彼は目で語ることが出来るのだ。
 中盤からボンボンをドッグショウに出すための訓練が始まる。ここからいつの間にか映画の雰囲気が変わっている。ひたすらテンションの高いドナードを交えたロードムービーに様変わりしているのだ。ここからは出演者それぞれの持ち味が存分に引き出されている。脇役に至るまで存在感がある。一つ残念なのは個性の強いキャラクターが多いせいで、どうしてもいわゆる「優しい人」のヴィジェガスは影が薄くなる。そしてメインにくるはずのボンボンとの絆がどこかへ行ってしまっている(最後の方でもう一度描かれるが)。
 だが映画の締めくくりは上手いことまとまってると思う。希望を感じさせながら終わらせるところが非常に良い。
 傑作とまではいかないが、見ると優しい気持ちになれる。そんな映画だ。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(1) |


<<テスト1週間前なので | TOP | 10000突破!!>>

comment











管理人のみ閲覧OK


No title 


へ~ 素人いきなり使ったりするんやね~(゚o゚;;
て事は、、、
俺らが撮るのも撮りようによったら(; ̄O ̄)
結構期待出来るってことかい( ´ ▽ ` )ノ

2011/11/27 23:57 | ドルトン [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/450-bc2ffdf3

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント