アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2012/01/31 (Tue) ウォール街(家で鑑賞)

ウォール街

監督 オリバー・ストーン
出演 マイケル・ダグラス
   チャーリー・シーン
   ダリル・ハンナ

あらすじ
 一攫千金を夢見る若き証券マン、バドは、業界のフィクサー的存在である大富豪ゲッコーに取り入ろうと必死だった。父の勤める航空会社の情報を流したことによって、その夢はかなえられ、バド自身も大金を手にするが……。

評価 4点(5点中)

レビュー
 一昨年に続編が公開された映画である。この映画自体はよく知られており、耳にしたことはあったが見たことがなかった。では実際にどうだったか。
 まさにあらすじ通りである。金に目がくらんだ男が金持ちにインサイダー取引を教え込まれて、挙げ句の果てに父親の会社にまで手を出してしまう。前半はバドがゲッコーに気に入られようとおべっか使うシーンが続く。若干、チャーリー・シーンがまだ若いせいか演技力も足らず飽きが来そうになる。しかしあのマイケル・ダグラスがいる。ネットリとした悪役を演じさせたら並ぶものはいない。現に彼が演じたゲッコーに影響されて投資家になった人間がアメリカには結構いるらしい。ゲッコーが本当にいたら、自分も確実にだまされているだろう。現実に悪魔がいるとしたらまさにゲッコーのことだ。倫理観など皆無、金のことにしか目がない。それでいて戯画化されたキャラクターにならないのはダグラスのおかげだろう。
 後半、バドがゲッコーにだまされてからは一気に加速する。父の会社を救うために奔走するバドの姿は(一度道を踏み外したとはいえ)正義を象徴している。彼がゲッコーを出し抜くことを期待せずにはいられない。もちろん彼自身もインサイダー取引に手を染め、ゲッコーの共犯者には変わりない。しかし最後のシーンは過剰な資本主義から目覚めた彼の姿がある。
 20年前の作品だが、今もなお訴えかけるパワーに衰えはない。もし株取引に興味があれば是非見て欲しい。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<マッカートニー | TOP | シン・レッド・ライン(家で鑑賞)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/500-13c95134

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント