アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2012/02/12 (Sun) J・エドガー(映画館で鑑賞)

J・エドガー

監督 クリント・イーストウッド
出演 レオナルド・ディカプリオ
   アーミー・ハマー
   ナオミ・ワッツ

あらすじ
 1924年、FBIの前身である捜査局BOIの長官に任命され、35年にFBIへと改名した後も、72年に他界するまで長官として在任したJ・エドガー・フーバーは、カルビン・クーリッジからリチャード・ニクソンまで8人の大統領に仕え、FBIを犯罪撲滅のための巨大組織へと発展させていった。しかし、多くの功績を残した一方で、時に強引な手腕が物議をかもし、その私生活は謎に包まれていた……。

評価 3点(5点中)

レビュー
 クリント・イーストウッドがFBI初代長官フーバーの伝記映画を作ると聞いたとき、期待で胸が高鳴った。だからそういう意味で今回のは期待はずれだ。
 まずストーリーの内容に欠陥がある。フーバーについて語るなら切り口は色々あるだろう。例えばフーバーを「極悪非道な支配者」として描くのか、それとも噂されていた彼のホモ・セクシュアリティについて語るのか。だがこの映画はどっちつかずだ。一つの側面として描くことにより映画に偏りが生まれるのを恐れたらしい。ある意味でそれは成功しているとも言える。第三者的視点で彼を見ることで観客に自分の考えを押しつけないで済んでいるからだ。だがそれは映画の面白さとは別だ。だから感情がこみ上げてきてもそれは最後までピークを迎えない。
 そして映像、メイク、セットなどにも酷い部分がある。映像は重厚感を出そうと全体的に暗い映像に仕上がっている。その映像が見事に功を奏す(フーバーが母親をおもって泣くシーンなど)ときもあるが、一部で急に安っぽい仕上がりになる。大統領の凱旋シーンなど最悪だ。まるでテレビのドキュメンタリーの再現映像でも見ている気分になる。フーバーの周りの者が年を取ったときのメイクも見るに堪えない。特にアーミー・ハマー演じるトルソンの顔面は粘土がべったり張り付いているかのようだ。だがこれがフーバー自身ではものすごく上手くいっている。それも類を見ないぐらい。年の取り方も自然で、まるでディカプリオ自身が本当に年を取ったかのように錯覚する。
 ここまで散々批判してきたが、僕自身は実を言うとこの映画が結構好きだ。フーバーの伝記と言うことはアメリカの近代史を追っていることになり、それが過去と未来を織り交ぜながら描かれている点が最高だ。役者達の演技力も上記に上げた欠点をカバーできるほどに素晴らしい。アーミー・ハマーはうちに秘めたエドガーへの思いを隠しながら、忠実な部下を見事に演じている。レオナルド・ディカプリオに至ってはここ数年の中で一番の演技かもしれない。自意識過剰な正義感を持ち、それでいて人一倍弱い部分をも兼ね備えるフーバーになりきっている。特に醜い姿になり自分の老いを嘆く晩年の哀愁漂う演技には見応えがある。彼のおかげで映画の質を損なわずに済んだようなものだ。
 他の人に「面白いよ」といって勧められる映画ではない。フーバーの人生も結局は謎のままだ。だが誰よりもアメリカという国を体現するこの男の伝記映画として合格ではないだろうか。色々と惜しい映画だった。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<Paul McCartney : iTunes Live | TOP | 第40位 For No One 第39位 Day Tripper>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/508-2b9eb5e1

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント