アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2012/03/18 (Sun) ポエトリー アグネスの詩(映画館で鑑賞)

ポエトリー アグネスの詩

監督 イ・チャンドン
出演 ユン・ジョンヒ
   イ・ダウィット
   キム・ヒラ

あらすじ
 釜山で働く娘に代わり中学生の孫息子ジョンウクを育てる66歳のミジャは、ふとしたきっかけで詩作教室に通い始めるが、その矢先に自分がアルツハイマー型認知症であることが発覚する。さらに、少し前に起こった女子中学生アグネスの自殺事件にジョンウクがかかわっていたことを知り、ショックを受けたミジャは、アグネスの足跡をたどっていくが……。

評価 3点(5点中)

レビュー
 あらすじを見ると非常に興味をかき立てられる。しかし正直言って期待はずれだった。素材は良いのに、色々使いすぎてダメにしている。そんなところだろうか。
 脚本は良くできている。ある一つの事件に孫が関わっていたことを知った祖母が内なる衝撃を抱えて、静かに物事を見つめていく様は鬼気迫るものがある。だが祖母のミジャの設定を色々と盛り込みすぎなのだ。「孫と暮らし自分の娘(すなわちジョンウクの母)はろくに仕送りもしてこない」という設定だけで十分なのに、そこにアルツハイマーやらヘルパーとして働く話やら詩の教室に通うやら。どれもこれも中途半端でなぜそれが必要だったのか理解しかねる。特にアルツハイマーは全く必要ない。リアルさを求めるために盛り込んだのかもしれないが、これは映画だ。あくまでもフィクションであり、映画の中で必要な情報だけを観客は求めている。
 だから時折挿入される登場人物の詩の朗読シーンはとても煩わしい。そんなものはせいぜい1つや2つで済むのに、何回もそういった場面がある。
 主人公の性格も嫌いだ。自分は直接関係ないのに、事件の荒波に巻き込まれる「かわいそうな」役どころのはずなのに、全然そういう気持ちが起こらない。前半部分で婆さんなのに微妙にかわいこぶるから腹が立つ。はっきり言って駄目な人なのだ。周りの人間の方が共感を呼ぶ。事件をなかったことにしようとする親、事件を忘れようとする子供、自殺した女子中学生の母親。なのに主人公が鬱陶しい。(ただし後半部分は前半との落差もあり最高だ。)
 ここまで散々けなしたが、俳優陣は素晴らしい。主演のジョンヒも悲しみを抱えた初老の女性を演じきっていた。
 コンセプトが良い分、欠点が目立ってしまった。上映時間も実際よりも長く感じられた。エンディングはとても気に入ったのだが。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 3D(映画館で鑑賞) | TOP | おとなのけんか(映画館で鑑賞)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/526-c696095b

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント