アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2012/03/21 (Wed) シャーロック・ホームズ シャドウゲーム(映画館で鑑賞)

シャーロック・ホームズ シャドウゲーム

監督 ガイ・リッチー
出演 ロバート・ダウニー・Jr
   ジュード・ロウ
   ノオミ・ラパス

あらすじ
 ヨーロッパ各地で連続爆破事件が発生し、ホームズは天才数学者で作家のモリアーティ教授こそが黒幕だと推理する。事件に関与していると見たアイリーンが姿を消し、「手を引かなければワトソンの命も狙う」とモリアーティから脅迫されたホームズは、事件解決の鍵となる女性シムを探しにフランスへ向かうが……。

評価 3点(5点中)

レビュー
 あの愉快なホームズがスクリーンに帰ってきた。また彼を見られると思うと非常にワクワクするのだが・・・。
 相変わらずキャラクター達は素晴らしい。というか正確に言うとホームズとワトスンだけが相変わらず素晴らしい。彼らこそがこの映画の核であり、周囲の目立たないキャラクター、つまらない脚本を救っている。原作とは2人とも完全に別人なのに、生き生きと動いている。やはりロバート・ダウニー・Jrとジュード・ロウの演技力のおかげでもあるだろう。ここまで面白いキャラクターもそういない。
 だが他のキャラクターはつまらない。アイリーンは何のために存在しているのか分からないし、ジプシーの兄妹の話もどこへやら。メインの敵であるモリアーティ教授は前作のブラックウッド卿(はっきり言ってどんな奴だったかまともに覚えていない)よりはマシだが、それでも彼の魅力的な部分がすべて損なわれている気がしてならない。なぜモリアーティ教授が有名かというと、それは彼の神秘性にあると思う。姿が分からず、何が目的なのかも分からないが威圧感だけは人一倍ある。それがモリアーティという人物の魅力である。なのに今作の教授ときたら、早々に姿を現し、目的も結局は「金」。前作のナンチャラ卿(もう忘れた)と何も変わらない。むしろ一作目の少ししか出てこない「モリアーティ教授」の方がよっぽど怖くて、まさに「真の敵」であった。
 脚本は言うまでもなく酷い。アクション映画なのに「推理映画」の体裁を取るから、ひたすら引き延ばしにする。あまりにも長いから、一体なぜ彼らがイギリスからフランスへ、フランスからスイスへ渡ったのか忘れてしまった。その上、不要なシーンも数多くある。その点は前作の方が優れていたかもしれない。
 しかし映像は素晴らしい。ロンドン特有のくすんだ空が暗い映像と非常にマッチして・・・って今回の舞台はパリだ。見ていて映像感が何も変わっていないし、なぜパリにしたのか理解しかねる。ただしスローモーションを多用したアクションシーンは最新鋭の武器で戦うロボットにも負けていない。
 結論から言うと、今回の「シャーロック・ホームズ」は前作の欠点をそのまま引き継いだ結果となった。題材はとても良いのに肝心なところで詰めが甘いのだ。でもホームズとワトスンのコンビがまた見られると思うと、3作目に期待するのも悪くない。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(2) |


<<2011年度映画まとめ(映画館) | TOP | ヒューゴの不思議な発明(映画館で鑑賞)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


No title 

難波に行こうとして環状線一周した(ーー;)
ロリに文句言ってやる(*`へ´*)

2012/03/23 21:36 | ホームズ [ 編集 ]


No title 

メチャクチャ面白かったぞ(; ̄O ̄)
別にいいけど(ーー;)

2012/03/22 08:57 | ホームズ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/530-53a8cef6

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント