アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2012/03/29 (Thu) ペギー・スーの結婚

ペギー・スーの結婚

監督 フランシス・フォード・コッポラ
出演 キャスリーン・ターナー
   ニコラス・ケイジ
   バリー・ミラー

あらすじ
 高校の同窓会に出席したペギー・スーは当日の同窓会でクイーンに選ばれるが、その壇上、発作に襲われ倒れてしまう。目覚めると、なんと彼女は20年前の高校時代に戻っていた。しかもそこには現在別居中の、若かりし日の夫の姿が・・・

評価 3.5点(5点中)

レビュー
 ぱっと見,この映画は酷い。始まってから長い間続く同窓会のシーンのうざったさ。目も当てられない演出。そしてなんといってもニコラス・ケイジの演技の下手くそなことと言ったら。
 しかし私はこの映画が気にいった。この映画には妙に感動的なノスタルジーがある。高校時代のころに戻って,初めて家族と会話をするシーン,友達との他愛のない話。そこに中身は「大人」のペギー・スーがやってくるから面白い。残念なジョークも程々にあるが,たいていは許容範囲だ。むしろ大人と子供の捉え方の違いを,ペギーとその周りの友達の関係に当てはめて露見させていることは秀逸だ。
 キャラクターたちも一見すると薄っぺらい人物ばかり。しかしニコラス・ケイジ演じるチャーリーだけは違う。一番バカっぽくて頼りないのに,実は深い悩みを持つ高校生だ。頭の悪そうなしゃべり方をするのに時折ハッとさせられるのだから侮れない。
 エンディングまでの展開の早さには付いていけなくなる。人によっては粗ばかりが目立ってろくに楽しめないだろう。だが溢れ出す昔へのノスタルジーは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」よりも本物だ。別に60年代に生まれたわけでもなく,高校時代を懐かしむアラフォーのおっさんでもない私がこう言っている。だから30代以上なら絶対に好きになれるはずだ。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(1) |


<<4月公開のオススメ映画 | TOP | 第3回スターリン賞 授賞式>>

comment











管理人のみ閲覧OK


No title 

イツノマニカ 15000コエテル シ Σ(゚д゚lll)
スゲーナ( ̄^ ̄)ゞ

2012/03/31 08:27 | ホームズ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/536-eef9e56d

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント