アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/04/03 (Tue) 戦火の馬(映画館で鑑賞)

戦火の馬

監督 スティーヴン・スピルバーグ
出演 ジェレミー・アーヴァイン
   エミリー・ワトソン
   ピーター・マラン

あらすじ
 第一次世界大戦前夜のイギリスの農村で、1頭の美しい馬が貧しい農家にひきとられる。この家の少年アルバートは、“ジョーイ”と名付けられたその馬とかけがえのない友情を結ぶ。しかし戦争が始まると、ジョーイは英国軍の軍馬として売られ、フランスの戦地に送られてしまう。そこでジョーイは死と隣り合わせの日々のなか、過酷な運命に立ち向かう人々と巡り合う。

評価 3.5点(5点中)

レビュー
 実はスピルバーグは幾度となく第2次世界大戦を描いてきたが、一度も第一次世界大戦を題材にしたことはなくこの映画が初めてとなる。しかし心配は無用だろう。やはりスピルバーグには見せる力がある。
 まず特筆すべきなのは美しい映像群だろう。冒頭から息を呑むような草原が広がり、生々しい戦地のシーンでさえ歪んだ美しさを放つ。「溜息が漏れるような」とはこういうものに使う言葉だ。
 しかし登場人物らの台詞は全体的にクサイ物が多い。元々が児童小説で、映画よりも先に戯曲にもなってるからある程度大仰しいのは許すべきかもしれない。だがスピルバーグはフィクションを描く天才でありながら、そこにリアリティを持ち込むことも出来たはずだ。だから肝心なところで今ひとつ感動できない。
 欠点はあるものの、全体としてはとても良くできた映画だ。緩急が上手くつけられているので、2時間半もの上映時間の間、ジョーイの渡り歩く様を見ていて一度も飽きることはなかった。脚本は王道中の王道とも言えるが、すがすがしいほどストレートだから逆に楽しめる。そして先ほども上げた映像を筆頭に印象的なシーンが多いのもこの映画の優れたところだろう。
 イギリス軍の元へ帰ろうと銃弾が飛び交う戦地を駆けるジョーイの姿は胸を打つ。この場面に「戦火の馬」のメッセージが込められていると言っても過言ではない。やはりスピルバーグは侮れない。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(2) |


<<マリリン 7日間の恋(映画館で鑑賞) | TOP | 4月公開のオススメ映画>>

comment











管理人のみ閲覧OK


Re: 戦火の馬(映画館で鑑賞) 

5組サイコーーーーーーーーーーψ(`∇´)ψ

2012/04/04 18:26 | ホームズ [ 編集 ]


Re: 戦火の馬(映画館で鑑賞) 

7組なんかきらいだあああああああああ

2012/04/04 16:03 | くまさん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/539-648671f3

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。