アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2012/05/27 (Sun) メン・イン・ブラック(家で鑑賞)

メン・イン・ブラック

監督 バリー・ソネンフェルド
出演 ウィル・スミス
   トミー・リー・ジョーンズ
   リンダ・フィオレンティーノ

あらすじ
 ニューヨーク市警察の警官ジェームズ・エドワーズは、自分が追跡していた犯人が人間でない事を知るが、警察署に現れた黒服の男“K”によってその記憶を消されてしまう。
 Kは、地球を訪れる、あるいは地球で平穏に生活している異星人の監視を行う秘密組織MIB(メン・イン・ブラック)の一員で、ジェームズを組織にスカウトする。一切の過去を抹消したジェームズは、MIBのエージェント“J”として生まれ変わり、Kとコンビを組む事になった。
 KとJは、監視活動の中で地球に滞在する異星人の王族が所持する秘宝の異星人間の争奪戦に遭遇し、地球を巻き添えにした宇宙戦争の勃発を防ぐために奔走する。

評価 4.5点(5点中)

レビュー
 幾度となく見ている映画なのに、金曜ロードショーで放送していたのでわざわざ録画して見てしまった。でもそれだけの面白さがこの映画にはある。
 まずウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズのコンビが最高すぎる。ウィル・スミスの軽快な持ち味が全体の雰囲気を作り出し、そこにジョーンズの独特のコメディセンスが加わる。これ以上ないコラボだ。
 ストーリーも楽しい。基本的にコメディなのにエイリアンの作り込みは丁寧だし、敵の“ゴキブリ”が割とリアルにグロテスクな所もただの子供向けアクション映画に終わらない所以だろう。実際の都市伝説をモチーフにした小ネタも笑える。個人的にお気に入りのシーンはトンネル内で爆走する車の中でKがエルヴィスを口ずさむシーン。何回見ても笑いが止まらないのだ。
 10年以上前の映画だからCGなどに古くささがあるのは否めない。でも卓越した笑いのセンス、テンポの良い脚本、魅力的なキャラクターさえあればこの映画は最高のものになる(残念ながら「2」はそういうわけには行かなかったが・・・)。これを見ると否が応でも「3」に期待してしまうだろう。2人の次の活躍が待ちきれない。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<裏切りのサーカス(映画館で鑑賞) | TOP | ル・アーヴルの靴みがき(映画館で鑑賞)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/559-fbf88822

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント