アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2012/05/28 (Mon) ドゥ・ザ・ライト・シング(家で鑑賞)

ドゥ・ザ・ライト・シング

監督 スパイク・リー
出演 スパイク・リー
   ダニー・アイエロ
   オジー・デイヴィス

あらすじ
 貧しい黒人や、いろんな民族が一緒に暮らしているニューヨークのブルックリン。楽しくてクセがあり、時には面倒な人々に囲まれて、ムーキーはイタリア系アメリカ人サルの経営するピザ屋で働いていた。しかしある日ちょっとしたことからムーキーの周辺でトラブルが起き、それが人種間の衝突といえる暴動に発展してしまう。

評価 4.5点(5点中)

レビュー
 こんな映画今まで見たことない。使われている音楽のセンスや、カメラの構図、ぶっ飛んだキャラクター。こんなにも忘れがたい映画があるのだろうか。
 実は映画のほとんどはムーキーとその周囲の人間のけだるい一日を描いている。大抵の人はこの事実を知った時点でうんざりするだろう。たしかに何も起こらない。だが一時たりとも画面から目を離せないはずだ(トイレに行くのでさえ我慢してしまう)。サルのピザ屋でのムーキーとサルの息子達の微妙な距離感。真っ昼間から何もせずに街をぶらつく黒人の若者達。道ばたのいすに腰掛けてどうでもいい話を延々とするおっさんたち。どこまでもリアルだ。皆が持つ微妙ないらだちがテンポの良い会話の中にサラリと含まれている。笑えるのにとても緊張感があるのだ。この登場人物達の会話がこの映画の中核を担っている。
 もう一つこの映画を見たら触れておかなければならないことがある。もちろん人種間の差別感情だ。ブルックリンという街を舞台にしているから、実質住んでいる人々の所得などに大差はないだろう。しかし少ないともいえど、イタリア人(つまり白人)のサルは店を構え立派に商売をやっている。だがそこで働くムーキーはあくまで雇われの身である。このピザ屋にはアメリカという社会の縮図があるのだ。同じ環境で暮らし、慣れ親しんだ友達のように喋るが実は目には見えない怒りの感情がある。顕著なのはムーキーが仲間の黒人達と軽口をたたくときと、ピザ屋でサルの子供と話すとき。どっちも汚い言葉を使っているのに、ムーキーの表情は全く違う。この人種間の越えられない壁をスパイク・リーは的確に描き出しているのだ。だからこそ終盤の暴動シーンは驚くほどパワフルで衝撃的だ。間違いなく観客は混乱するだろう。なぜこうなってしまったのか、一体誰が悪いのか。決定的に悪い人物が以内から余計に困る。何しろ登場人物たち自身が混乱してしまっているのだ。誰もが忘れていた’60年代の事件を現代に蘇らせた。
 少々荒削りなところはあるものの、他の映画には見られないこの映画ならではの「演出」のほとんどは成功している(個人的に好きなのは登場する様々な人種が互いをディスるシーン)。映画としても秀逸で、人々に問題提起をすることを忘れていない。人生で一度は見るべきだろう。見終わった後、改めてこの映画のタイトルに考えさせられる。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<ファミリー・ツリー(映画館で鑑賞) | TOP | 裏切りのサーカス(映画館で鑑賞)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/561-128e4cc4

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント