アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2012/08/15 (Wed) ダークナイト ライジング(映画館で鑑賞)

ダークナイト ライジング

監督 クリストファー・ノーラン
出演 クリスチャン・ベール
   トム・ハーディ
   アン・ハサウェイ

あらすじ
 ジョーカー、トゥーフェイスとの死闘から8年後。ゴッサムシティは法改正によって作られた『デント法』の下、平穏な日々が続いていた。一方、デントの罪を全て被り姿を晦ませていたバットマンことブルース・ウェインは、肉体的にも精神的にもボロボロとなり、隠遁生活を送っていた。そんな折、ゴッサムに新たな脅威ベインがやってくる。

評価 4.5点(5点中)

レビュー
 新バットマン3部作の最終章。アメコミ映画として歴史的な記録を残した前作からどうなったのか。「ダークナイト」を見終わったときから気になっていた。
 前作から8年も経っていることに、まず驚かされた。ブルースは完全によぼよぼだし、ゴードンも完全に用無し。セリーナ・カイルが登場するあたり、なんとなく能天気な感じがする。・・・のもつかの間、ベインがゴッサムシティにやってきたことをブルースが察知すると俄然面白くなってくる。序盤から圧倒的なパワーを見せつけるベインに対し、ブルースはほとんど満身創痍。バットマンに対する期待と不安が程よく煽られる。前作よりもより”アメコミ”らしくなったのが個人的には嬉しい。新たな武器が登場するのも見所だ(といっても少しだけだが)。
 IMAXで見たのだが、相変わらず映像、音声は素晴らしい。3Dかと見まがうほどの迫力、戦闘シーンの音響、何から何まで最高だ。バットマンが登場するときのテンションの上がりようといったら!!
 だが前作に比べて問題点もあった。1つめは登場人物が多すぎること。その全員に焦点を当てようとするから、ブルース/バットマンの登場シーンが少ない。「誰でも英雄になれる」というバットマンの言葉通りかもしれないが、映画はあくまで「”ダークナイト” ライジング」なのだ。主役はいかなる時でもバットマンであるべきだろう。
 2つめはベインの位置づけ。これはネタバレになるのであえて触れないでおくが、これには心底がっかりした。ベインは今までの敵と比べて、肉体的な強さでは間違いなく群を抜いている。予告編でも(微妙に何を言ってるのか分からないときがあるが)スーパー・ヴィランらしい異常性を見せつけて、バットマンを窮地に陥れていた。なのに、あの展開は無い。本当に無い。「ライジング」が「ダークナイト」を超えられない原因はここにある。ベインが悪いわけではないが、「ダークナイト」ではジョーカーとトゥーフェイスが最後までバットマンと闘った。非常に残念だ。
 でもバットマンがゴッサムを救うために取る行動はまさにヒーローだ。あのシーンでは思わず涙を流した。自分自身の平穏が見つけられず、マスクを被ることに存在意義を見いだすブルースにアルフレッドは怒る。セリーナでさえブルースに「あなたはすべてを捧げた」と戦いに身を投じるのを止めようとする。だが彼は行った。バットマンのマーク型に火がともされた瞬間、ゴッサムに希望が宿る。ベインは絶望の化身となったが、バットマンはそこから這い上がった。だからこそ最後のシーンは街を救い、彼自身も救われたという意味で素晴らしいのだ。
 最後にちょっとしたオチがあるのだが、結構驚かされると思う。この3部作で”バットマン”は真の英雄となったのだ。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<メリダとおそろしの森(映画館で鑑賞) | TOP | ロッキー(家で鑑賞)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/583-0201bd57

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント