アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/09/17 (Mon) 銀河ヒッチハイク・ガイド(家で鑑賞)

銀河ヒッチハイク・ガイド

監督 ガース・ジェニングス
出演 マーティン・フリーマン
   モス・デフ
   サム・ロックウェル

あらすじ
 ある日、世界各国の上空に現れた無数の巨大なヴォゴン人の宇宙船。彼らの目的はただひとつ、銀河バイパス予定地である地球を爆破すること。かくして地球の歴史は、一瞬にしてその幕を閉じたのだった…。
 そんな中、平凡な英国人男性アーサー・デントは彼の15年来の友人フォードに窮地を救われる。実はベテルギウスの近くを出身とするフォードの本来の職業は、銀河系最大のベストセラー『銀河ヒッチハイク・ガイド』の編集者。ヴォゴン建設船団の宇宙船をヒッチハイクすることによって、ふたりは間一髪、地球を脱出することができたが・・・。

評価 4点(5点中)

レビュー
 原作もラジオ版もドラマ版もまったく知らない。だけどそんな素人目から見ても、とても良くできたSFコメディだ。これを見ると原作も読みたくなる。
 まず捻りの利いたイギリスらしいジョークのやり取り。オープニングの徹底的に”人間”をこき下ろした歌も冴えてる。それにキャラの立った登場人物が絡んでくるから、まったく飽きが来ない。
 しかも彼らそれぞれにどこか魅力があって、嫌いになれない。主人公のアーサーみたいに、自己主張の薄いキャラクターは他の人物に食われがちだが、彼は違う。自分が「ちっぽけな存在」だと気づきながら、他の人間を見下している、実はアクの強いキャラだ。彼の親友フォードは死の危険が迫っても、妙に冷静で笑いを誘う。それなのに時々変になるのがたまらなく面白い。”銀河大統領”については言うまでもないから、自分の目で見て欲しい。
 何よりも好きなのが、欝気味のロボット・マーヴィン。素晴らしい頭脳を持ちながら、どうでもいい仕事ばかり任されるのに辟易し、いつもぼやいている。そのぼやきがロボットとは思えないぐらい人間くさいのだ。
 こういったコメディ要素ももちろんだが、一番笑えるのは「人類の起源」というテーマをしっかりと扱っている点だ。どこぞの「プロメテウス」と同じである。だがその切り口がある意味斬新だし、あまりにも突飛で馬鹿げているから笑うしかない。
 「人類の起源」なぞどこへやら。観客が求めるのはアーサー一行の愉快な珍道中。ただそれだけなのだ。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<アベンジャーズ(映画館で鑑賞) | TOP | プロメテウス(映画館で鑑賞)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/599-8d35088a

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。