アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2012/09/22 (Sat) アベンジャーズ(映画館で鑑賞)

アベンジャーズ

監督 ジョス・ウェドン
出演 ロバート・ダウニー・Jr
   クリス・エヴァンス
   マーク・ラファロ
   クリス・ヘムズワース
   スカーレット・ヨハンソン
   ジェレミー・レナー
   サミュエル・L・ジャクソン
   トム・ヒドルトン

あらすじ
 自ら開発したパワードスーツをまとったアイアンマンとして戦う、億万長者で天才発明家のトニー・スターク、70年間の眠りから覚めた伝説の戦士キャプテン・アメリカ、神の王の息子で神々の国アスガルドから追放されたソー、怒りにより巨人ハルクに変身する科学者ブルース・バナー、女スパイのブラック・ウィドウ、エリートエージェントで弓の達人ホークアイは、人類史上最大の敵の襲来に備えた「アベンジャーズ」として召集される。しかし強大な敵を前にしても、個性が強すぎる彼らはチームとしてなかなかまとまらず・・・。

評価 5点5点中)

レビュー
 今年、一番楽しみにしていたと言っても過言ではない。というか、製作が発表されてほぼ7年。ついにマーベル・シネマティック・ユニバースのフェーズ1が完結するのだ。今まですべてのシネマティック・ユニバース作品を見てきたが、まさに締めくくりにふさわしい最高の作品だ。
 まずマーベルのヒーローが一つの映画の中に集合するというだけで、ワクワクする。あれだけのヒーローをどうやってまとめるのだろうか、という心配もあったが杞憂に終わった。2時間半という長い上映時間を全く感じさせないほどスピーディーでだれることのない展開、その中で一人一人のキャラクターを丁寧に描いている。アイアンマンは(もともとキャラが立っていたが)ナルシストで自己中心的。ソーは超然とした態度で人間を侮蔑する。ホークアイは開始早々敵に操られ、普段は温和なバナーもキレたらハルクに大変身。それを正義の名の下に必死でまとめようとするキャップ。それぞれがチームの一員として成長していく様も見ていて面白い。
 アクションシーンはむろん、素晴らしい。(若干「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」に似て無くもないが・・・)ものすごい数のチタウリが襲来。序盤は少しずつやっつけるものの、敵があまりに膨大で決着がつきそうにない。だが全員が集まったとき、一気に形勢逆転。まさに王道ヒーロー物の展開。それでいて所々に現代的なコメディ要素(主にトニーとハルク)が加わるから、まったく飽きが来ない。IMAXで見たせいかもしれないが、3D効果は存分に発揮されていた。あまりにも激しいから、少し目が疲れたが、その疲れさえも爽快感の伴うものだ。
 おそらくマーベル・シネマティック・ユニバースの中で、この作品を初めて見た方もいるだろう。だがそれでも間違いなく最高に楽しめる。さらに随所にちりばめられた小ネタも知っていれば、なおさら満足できるはず。
 本当に見て良かった。最後のあるシーンのせいで、余計に続編が見たくなってしまった。今年一番のアクション大作映画である。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<10月公開のオススメ映画 | TOP | 銀河ヒッチハイク・ガイド(家で鑑賞)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/600-f4af7a0f

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント