アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/10/08 (Mon) WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々(映画館で鑑賞)

WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々

監督 トム・マッカーシー
出演 ポール・ジアマッティ
   アレックス・シェイファー
   エイミー・ライアン

あらすじ
 不況で仕事がないマイクは、生活費を稼ぐために高校の弱小レスリング部でコーチをしたり、違法スレスレのサイドビジネスにも手を出していた。そんなある日、ひょんなことから出会った身寄りのない青年カイルに同情したマイクは、カイルを居候させることに。さらに、暇つぶしにと入部を勧めたレスリング部でカイルの才能が開花。そのことをきっかけに2人の生活は充実していくが、そんな2人の前にドラッグ中毒のカイルの母が現れ……。

評価 4点(5点中)

レビュー
 私はこの映画全体が醸し出す雰囲気はとても好きだ。少しオーバーな演技をする者(主にマイクの友達テリー)もいるが、ほとんどはとても自然な演技だ。街の様子、会話、家の中まで。すべてが見事に調和して、何とも言えず素晴らしい。
 俳優陣も最高だ。ポール・ジアマッティはいつもよりもリアルな”情けない男”を演じている。基本的に根は良い奴なのだが、家計のために余計なこと(これが後々いざこざを呼ぶ)もする。それでも絶対に嫌いになれないところが、彼の最大の魅力だろう。
 マイクの家に居候するカイルも、素人とは思えないほどの演技力を見せつける。無口で誰に対しても心を開かない少年が、少しずつ元気を取り戻していく。こういったキャラクターはありがちだが、彼が演じるとまったく新しいキャラクターになる。一人の少年の成長をここまで丁寧に演じられる人はいただろうか?怒りを表すときも、抑えた演技が逆に、全身にみなぎらせた憎しみを強調している。だからこそ彼の幸せを願わずにはいられない。
 他の出演者もいい。先ほど、マイクの友達テリーの演技がオーバーだと言ったが、それが悪いわけではない。むしろ映画の中のコメディ要素は彼が全てになっているようなものだから、ある意味安心できる存在だ。マイクの家族は文句なしに良い。娘役の女の子も愛らしくて、時折笑いを誘うが、何よりも母親役のライアンが良い。彼女も初めはカイルを嫌がるが少しずつ心を開いていく。彼女とカイルがスーパーで買い物をするシーンは私のお気に入りだ。
 しかしこの手”感動もの”にしてはクライマックスシーンがいまいちだ。最後まで感情がピークに達することはないし、幕切れもかなりあっさりとしている。それまでのプロセスが最高だったから余計に不満が残る。
 とはいえ、この映画のために2時間を費やすことはまったく損にならない。むしろ2時間別のことをするなら、いますぐこの映画を見に行って欲しい。これほど良質で心温まるコメディはなかなか見当たらない。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(1) |


<<ハンガー・ゲーム(映画館で鑑賞) | TOP | ダーティハリー(映画館で鑑賞)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/10/10 00:28 | [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/605-ff4fe7b3

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。