アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2012/10/28 (Sun) イン・アメリカ 三つの小さな願いごと(家で鑑賞)

イン・アメリカ 小さな三つの願いごと

監督 ジム・シェリダン
出演 サマンサ・モートン
   パディ・コンシダイン
   サラ・ボルジャー
   エマ・ボルジャー

あらすじ
 幼い息子をなくし、悲しみに暮れるジョニーとサラは、2人の娘クリスティとアリエルを連れ、アイルランドからニューヨークへ移り住む。幼い姉妹は、貧しいながらも新天地の生活に楽しみを見出し、同じアパートの住人でアーティストのマテオとの出会いから、家族は再生の道を歩む。

評価 5点5点中)

レビュー
 アメリカに渡ったアイルランド系移民の家族の話。彼らが移り住んだのはNYのはずれにある麻薬常用者などが住むアパート。大抵の人はこう聞いただけで陰鬱な映画を想像してウンザリするかもしれない。だが実際は、この映画はまったく正反対の代物だ。これほど力強く奇跡の力を訴えかける映画もそうそうない。
 基本的に物語は子ども達(主に姉のクリスティ)の目を通して描かれる。薄暗いアパートでさえも彼女らにとっては十分すぎるほどの遊び場だ。妹のアリエルは無邪気そのもの。うるさすぎて苛つくこともあるが、あくまで子供らしく、そんなシーンでも愛らしく見える。姉のクリスティはちょっと大人びている。子供の視点ながら、周囲の人々を見て、落ち着いた行動を見せる。
 それに反して、登場する大人は総じて不安定な人物ばかりだ。役者志望の父親ジョニーはオーディションに落ちてばかりで、普段は優しいが、時折溜まったフラストレーションを爆発させる。その妻サラも明るく快活な性格だが、事ある度に塞ぎ込む。しかし彼らは別におかしいわけではない。大人だからこそ、状況を理解することができてしまい、それに苦しむ羽目になるのだ。
 監督のジム・シェリダンはそんな家族の関係を様々なエピソードから、見事に紡ぎ出す。例えば4人が祭に行ったときのこと。E.T.の人形をほしがったアリエルのためにジョニーが夜店でゲームをする。何回もするが、なかなか取れない。初めは2人の娘のために、腕をふるって参加した父親も不安の色をぬぐえない。しまいには家賃まで掛け金にしてしまう父親を見る母親の目。楽しかったはずの祭が、父親の意地で後に引き下がれない状況となってしまう。
 結果は実際に見て確認してもらいたい。とにかく監督はこのように希望と失望を交互に描くことにより、移民の生活の苦しさを損なうことなく、心温まるタッチで映し出している。期待と不安が入り交じった数々のシーンは形容しがたいほど見事だ。
 こういった彼らの心情の背景には、幼い息子の死が影を潜めている。常に前向きな娘たちに対し、両親は死の存在を恐れるのだ。きらびやかなNYの町並みがコントラストとなって、その闇を一層際立たせる。そこに表れるのが「叫ぶ人」ことマテオだ。ここから物語は移民の日常を淡々と描いた物から、人間の生と死の意味を観客に向かって問いかける物となる。それも説教臭くて、わざとらしいものではない。ごくごく自然に、だが感情豊かに話しかけてくる。
 家族に新しい生命が宿ったと知ったとき、彼らはいままで秘めていた個々の思いをさらけ出す。動揺し、戸惑い、時には怒りを覚えながらも、今までの自分を乗り越えようとする。俳優たちの演技が完全に自然体だからこそ、心情を吐露するシーンは静かながらも圧巻だ。子供が大人を変えていくのも、子供だから成せる技である。
 最後の方は涙を抑えるので精一杯だろう。この映画の、観客の心を揺さぶる力は本物だ。映画が終わった後、希望が胸にあふれることは間違いない。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<11月公開のオススメ映画 | TOP | アウトレイジ ビヨンド(映画館で鑑賞)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/609-45462af2

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント