アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2012/12/12 (Wed) チキンとプラム あるバイオリン弾き、最後の夢(映画館で鑑賞)

チキンとプラム あるバイオリン弾き、最後の夢

監督 マルジャン・サトラピ
   バンサン・パロノー
出演 マチュー・アマルリック
   マリア・デ・メディロス
   ゴルシフテ・ファラハニ


あらすじ
 1958年テヘラン。著名なバイオリン奏者のナセル・アリはある時、妻のファランギースに大切なバイオリンを壊されてしまう。代わりを探そうとするも、目当ての物は見つからない。そして彼は死を決意し、その8日後に死んだ。その8日間、一体ナセル・アリは何を思ったのだろうか。実はそのバイオリンにはある悲恋の物語があった・・・。


評価 4.5点(5点中)


レビュー
 監督のマルジャン・サトラピ自身による同名グラフィック・ノベルの実写映画化である。原作がコミックなので、全体的にファンタジックな作りになっている。サトラピがイランに帰国せずフランスに在住しているため、町並みも全てセットで製作された物である。それが逆にストーリーと相まって、見事なほどに調和している。

 出演陣も素晴らしい。主演のマチュー・アマルリックは妙にぎょろっとした目で人を見つめ、ナセル・アリの失われた心をそのまま表現している。回想シーンと今現在の様子は見た目がほとんど変わらないのに、彼の目を見るだけでその2つが全く違うことが分かるのだ。

 そのナセル・アリは物語のかなり序盤で死ぬ。その死ぬまでの8日間を描いている。はじめは自殺しようとして、いくつか方法を考えるのだがこのシーンが最高にシュールで笑える。そこから1〜3日目ぐらいまでは人の死生観を皮肉ったような描き方をする。極めつけは3日目の時。結局いい死に方が思いつかず、彼はベッドでじっと死を待つことにするのだが、3日目にもなると暇でしょうがなくなるのだ。なんとも滑稽だが、それと同時に妙にぞっとする。このバランスがとにかく絶妙なのだ(6日目はそのピークだろう)。

 しかし、ナセル・アリの妻ファランギースのバックグラウンドが明かされると物語のトーンが変わる。彼女は普段の態度と違い、ナセル・アリを愛していた。そしてナセル・アリの愛を欲していた。なぜ愛されないのか理由も分からず、夫は空虚な目をするだけ。それでも彼女は彼を愛し続けた。初めは(その他の登場人物が言うように)ただのムカつく女だと思っていたのに、こんなエピソードを知ってしまったら、感動せざる負えない。この時点でやっとこの物語が「愛と死」の話だと判明するのだ。他に「愛と死」にまつわるエピソードで胸を打つのがナセル・アリとその母親の話。詳しくは言わないが、映画の中でも最も繊細で愛に満ちあふれている。

 そして映画はナセル・アリの引き裂かれた恋の話へと向かっていく。バイオリンがいったい彼の何を象徴していたのか、その意味が分かったとき間違いなく涙するだろう。惜しむべきは一つ一つのエピソードが丁寧なせいで、映画全体が少々散漫であること。それでも徐々に一つのストーリーへと収束していく様は見事としか言いようが無い。

 この映画の感動を文面で伝えるには限界がある。あなたの目で直接見てほしい。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<その夜の侍(映画館で鑑賞) | TOP | コンサート・フォー・ジョージが24時間限定で無料視聴可能>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/619-edf65e3a

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント