アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/03/28 (Thu) アルマジロ(映画館で鑑賞)

アルマジロ

原題   Armadillo
公開   2010年(デンマーク)
上映時間 101分

監督   ヤヌス・メッツ
製作   ロニー・フリチョフ/サラ・ストックマン
撮影   ラース・スクリー

出演   メス
     ダニエル
     ラスムス(小隊長)
     ラスムス
     キム


あらすじ
 アフガニスタンの最前線アルマジロ基地に派遣されたデンマーク兵たちの7カ月に密着し、恐ろしい戦争の現実を映し出していくドキュメンタリー。2009年、アフガニスタン南部ヘルマンド州のアルマジロ基地に、デンマーク人の青年メス、ダニエル、ラスムス、キムらが派兵される。アフガニスタン駐留の国際治安支援部隊支援国として、デンマークはイギリスとともに最も危険なエリアを担当。タリバンの拠点までわずか1キロあまりという、死と隣り合わせの戦場での毎日。兵士たちは数回の戦闘で極度の興奮状態を経験したことで、戦争中毒に陥っていく。





評価:4点(5点中)


レビュー
 意外に知られていないのだが(というか私もこの映画を見るまで知らなかったが)、デンマークはアフガンの治安維持に積極的に参加する国の一つだという。徹底的なメディア規制を行っているアメリカなどでは撮影が許されるはずもない。デンマークという国だからこそ成立した戦争ドキュメンタリーだ。

 このドキュメンタリー映画の最も優れている点は、様々な戦争映画が個々に描いてきた要素をほぼすべて持ち合わせていることだ。「愛する人との別れ」「“刺激的でない”前線での毎日」「戦闘時の恐怖」「戦闘から得られる“実感”」。劇映画と違って、すべてが実際にあったことだ。だから一つ一つの、たとえ日常的などうでもいいことでも妙に生々しさがあり、言葉では語り尽くせない緊迫感がある。

 印象的なのは「前線での退屈な日常」と「戦闘の興奮」だ。前者はサム・メンデスの「ジャーヘッド」で取り上げられていたテーマだが、断然こちらの方がリアルだ。兵士たちの会話から、彼らがいかに戦闘を待ちわびているのか。そしてそれが「実感のなさ」から生まれたものだということが、克明に描かれている。
 後者は「ハート・ロッカー」など最近の戦争映画で好まれるテーマだ。兵士たちが互いにアルマジロ基地に来た理由を語る場面があるのだが、彼らに共通するのは「実感を得るため」。いや「ハート・ロッカー」のジェームズ軍曹ほどではないが、彼らもまた戦闘時の興奮を期待している。
 逆説的だが、彼らがそう考えるのは戦争がリアリティを失っているからだ。この映画では兵士のヘルメットにつけられたカメラで、意図的にミリタリーゲームのような映像を作り出しているが、まさにそれだ。劇中、デンマーク軍が敵をはっきりと目視する場面は皆無であり、戦闘のほとんどは遠距離からの射撃だ。ドキュメンタリーなのに「リアルでない」戦闘の事実を映し出しているのだ。
 しかし戦いの後の興奮は本物だ。タリバン兵を撃ち殺し、相手を打倒したという勝利の実感。幾人かの兵士は負傷したことで、死の存在を認識し呆然としている場面もあったが、数日もしたら彼らも元通りだ。そんな兵士たちを見ると、恐怖に勝るその感情はどこから出てくるのか問いたくなる。「アルマジロ」で描かれるのは外面的な事実のみであり、兵士の内面の変化には迫ってこない。

 この映画自体、矛盾を孕んでいる。劇映画的な演出をしているのにも関わらず、個々の兵士はあくまで一例としてしか取り上げられないから、監督の主張が見えてこない。感覚が麻痺し切った戦争を「これが事実だ」として見せられたとしても、多くの観客は発展した考えを持てないだろう。当然、ほとんどの人は戦地を経験していないのだから。

 とはいえ、この映画は戦争ドキュメンタリーとしては歴史に残るものだ。誰の側に立つこともなく淡々とカメラで追い続けることで、善悪の境界を曖昧にしている。その最たる例は、瀕死のタリバン兵に追い討ちをかけたかどうかを描いたことだ。もちろん国際法で禁止されているが、彼らの言う通り戦闘時にそんなことは考えてられない。「生きるか死ぬか」の世界では一瞬の油断が命取りだ。かといって、死体を粗雑に扱う彼らの姿は褒められたものではない。事実、このシーンが戦争の異常さを最も良く表していた。戦争は人を麻痺させる。それだけをリアルに映し出したドキュメンタリーだ。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<愛、アムール(映画館で鑑賞) | TOP | 世界にひとつのプレイブック(映画館で鑑賞)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/691-169383dd

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。