アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/03/31 (Sun) 名探偵コナン 水平線上の陰謀(家で鑑賞)

名探偵コナン 水平線上の陰謀

公開   2005年
上映時間 107分

監督   山本泰一郎
脚本   古市一成
原作   青山剛昌『名探偵コナン』

声の出演 高山みなみ ···江戸川コナン
     山崎和佳奈 ···毛利蘭
     神谷明   ···毛利小五郎


あらすじ
 コナンとその仲間たちは園子の計らいで、豪華客船「アフロディーテ号」の処女航海に招待された。一行はおおいにクルーズを楽しんでいたが、船内でのかくれんぼの最中に園子が何者かに拉致・監禁されてしまう。コナンの推理によって無事に助け出される園子。しかし今度は、八代造船の社長・八代貴江が何者かに刺殺され、会長の八代延太郎も行方不明になってしまう…。


評価:2点(5点中)


レビュー
 色々とツッコミどころはあるが、「名探偵コナン」シリーズにそういうのは野暮というものだろう。
 でも、一応レビューだから(笑)。

 まずミステリーとしてはかなり展開が甘い。どうでも良いシーン(少年探偵団のかくれんぼ、蘭の回想などなど)が多くて、事件の本筋がかなり荒くなっているのだ。犯人のバックグラウンドがほとんど描かれないのもマイナスポイントである。
 何よりもいらないのが、蘭の「助けて…新一…」のくだり。いや確かに「コナン」シリーズでは一つの重要な要素だし、メインに持ってくるのも分かる。大抵の場合見ていて苦笑するレベルだが、ファンは定番を求めているのだから、当然必要なわけだ。
 
 だが今回の脚本ではどう考えても不必要だ。なぜなら今回一番光っているのは「おっちゃん」こと毛利小五郎だからだ。彼が見せたどんでん返しは、この映画一番の見所であり、いつものおちゃらけた感じから一転、最高にキマってる。(まあ私が個人的に「毛利小五郎が活躍する回」が好きなのもあるが)
 だからこそ「新一…」は不必要であり、むしろ入れたことで終盤はグダグダになってしまった。誰だって蘭が助かることを知っているから、スペクタルも糞もない。

 とは言っても、見ている間はなんだかんだ楽しんでしまった。劇場版の中では意外性のある展開も含め、総合的にはまあまあな出来だと思う。
 そもそも見に行く人は一般的なミステリーを求めているのではなく、「名探偵コナン」を見に来ているのだからこれで良いのだろう。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<ザ・マスター(映画館で鑑賞) | TOP | 第4回スターリン賞 ノミネート発表>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/696-9a8ebe72

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。