アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2013/04/07 (Sun) シュガー・ラッシュ(映画館で鑑賞)

シュガー・ラッシュ

原題   Wreck-It Ralph
公開   2012年
上映時間 101分
製作国  アメリカ

監督   リッチ・ムーア
製作   クラーク・スペンサー
脚本   フィル・ジョンストン/ジェニファー・リー

声の出演 ジョン・C・ライリー    ···“レック・イット”・ラルフ
     サラ・シルバーマン    ···ヴァネロペ・フォン・シュウィーツ
     ジャック・マクブレイヤー ···“フィックス・イット”・フェリックス・ジュニア


あらすじ
 ヒーローにあこがれる人気ゲームの悪役を主人公に描くディズニー・アニメーション。アメリカで長年親しまれているアーケードゲーム「Fix-It Felix」の悪役キャラ、ラルフは、嫌われ者の悪役を演じ続けることに嫌気がさして自分のゲームから飛び出し、お菓子の世界で繰り広げられるレースゲーム「シュガー・ラッシュ」に出ることに。そこでラルフは、仲間はずれにされているヴァネロベに出会い、孤独な2人は友情を深めていく。しかし、「シュガー・ラッシュ」にはある秘密があり…





評価:4点(5点中)


レビュー
 最近はピクサー製作の映画ばかりがヒットし、本家のディズニーも“ピクサーっぽい”アニメ映画を作るようになった。今回もその例に違わず、いかにも今時の3Dアニメーションに仕上がっている。だが「シュガー・ラッシュ」はそこに“ディズニーらしい”ウィットやストーリーを盛り込むことに成功した。

 そもそも題材からして興味をそそられる。ゲームの世界を舞台としたアニメはありそうでなかった。こういう“人間が見ることのできない世界”というものの設定などは見ているだけでも面白い。ゲームセンターの筐体から筐体へプラグの中を移動し、開店時間には持ち場につく。仕事が終わると、他のゲームの住人と呑み交わし、また次の日に備える。非常にユーモア溢れるストーリーだ。

 主人公のラルフはそれらのゲームの一つ「Fix-It Felix, Jr.」の悪役である。仕事柄、周囲の人からのイメージも「悪役」であり、不器用なものだから何をしても空回り。典型的な「憎めないやつ」である。この序盤で特筆すべきは、ラルフがなぜ「ヒーロー」になりたいのか、自分でも正確に説明できない点だ。とにかく表面的な勝利主義に走りがちな人々を、(ユーモアに富んでるが)辛辣なジョークでさりげに批判している。

 細かい点では数々のゲームへのオマージュに溢れていることが見ていて楽しかった。ドット画の2Dゲームから、高解像度の3Dゲームまで。ありとあらゆる場面・キャラクターが登場するのに、それぞれが違和感なく共存し合うところも良くできていた。
 何回か舞台が変わるのも、(少々忙しい気もするが)視覚的な楽しさに貢献している。「シュガー・ラッシュ」というカラフルなゲームがメインに来ていることもあり、3D効果も存分に発揮されていた。

 問題点を挙げるなら、「シュガー・ラッシュ」に入ったばかりのところで展開が少しもたついているようにも感じた。ラルフとヴァネロペの交流は確かに重要だが、実際に2人が仲良くなるのはその後だから、もう少し省略できたのではないだろうか。
 それでも別々のストーリーを上手く一つにまとめあげていたのは上手かった。様々な敵が存在していると、大抵ストーリーがごちゃごちゃになるが(「カーズ2」はその典型例)、「シュガー・ラッシュ」はその点完璧であった。

 キャラクターも好感が持てるし(大王にだけはイライラさせられる)、子供も大人も楽しめるアニメ映画の見本のようだ。
 でもそこに込められたメッセージは、大人向けの極めて現実的なものだ。ネタバレになるから言わないでおくが、これほどしんみりとしたエンディングもなかなか見られない。

シュガー・ラッシュの前に公開された短編のレビューも。

紙ひこうき
紙ひこうき

原題   Paperman
公開   2012年
上映時間 7分
製作国  アメリカ

監督   ジョン・カース
製作   クリスティーナ・リード

声の出演 ジョン・カース    ···ジョージ
     カリ・ウォールグレン ···メグ
     ジェフ・ターリー   ···ボス


あらすじ
 冴えないサラリーマンのジョージは、ある日駅で魅力的な女性メグと出会う。仕事に集中できない彼が会社の窓の外を眺めると、向いのビルにメグの姿が!ジョージは紙ひこうきを飛ばしてメグに気づいてもらおうとするが…。





評価:4.5点(5点中)


レビュー
 今年のアカデミー賞短編アニメ賞を受賞した作品である。

 全編ほとんど台詞が無く、舞台設定が(おそらく)40年代ぐらいのニューヨークだから映像も一部を除いてすべてモノトーン。それなのに忘れがたいほどユニークでロマンチックだ。

 まず映像がすごい。セル画と3Dアニメーションのハイブリッドでできているのだが、その映像感が新しく、2Dアニメの生き生きとした感情表現と3Dのリアルな映像感を良いとこ取りしている。台詞が無いために、人物の感情を動きで表現する必要があり、それが逆にストーリーに躍動感を与えている。

 そしてなんと言っても筋書きが素晴らしい。「ファンタジア」にも通ずる曲の使い方と、古典的なラブストーリー。新しいものと古いものを見事にミックスした、まさにディズニー・マジックである。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<リトル・ダンサー(家で鑑賞) | TOP | メッセンジャー(映画館で鑑賞)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/701-2d59b911

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント