アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2014/04/26 (Sat) キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー (映画館で鑑賞)

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー

原題   Captain America: The Winter Soldier
上映時間 136分
製作国  アメリカ

監督   アンソニー・ルッソ/ジョー・ルッソ
製作   ケヴィン・フェイグ
脚本   クリストファー・マルクス/スティーヴン・マクフィーリー
原作   ジョー・サイモン/ジャック・カービー

出演   クリス・エヴァンス
     スカーレット・ヨハンソン
     セバスチャン・スタン

あらすじ
 ブラック・ウィドウやニック・フューリーらとともに、国際平和維持組織「S.H.I.E.L.D.(シールド)」の一員として任務の数々にあたっていたキャプテン・アメリカは、仲間であるはずのシールドから襲撃され、誰が本当の敵なのかわからないまま逃亡者となる。そんなキャプテン・アメリカを最強の暗殺者ウィンター・ソルジャーが追いつめるが…





評価:4.5点


レビュー
 待ちに待ったキャプテン・アメリカの続編作。先日見た「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」は期待はずれだったが、キャップは素晴らしい結果を残してくれた。

 さて、そもそも「ウィンター・ソルジャー」はエド・ブルベイカーによる比較的新しいキャップのエピソードであり、発売当初は賛否両論だったらしい。だがその見事なストーリー構成や、現代風の味付けがなされても暗くなりすぎないキャップ像、そして後々のマーベル・ストーリーラインにおいて重要な展開であったことから、結果的には名作の一つに数えられている(私の主観も入っているが)。
 
 今回の映画はベースはそのコミック版「ウィンター・ソルジャー」であるが、内容は全く違う。むしろエッセンスだけ残されているぐらいのものだ。それでいて映画だけの魅力が感じられるのも今作の評価ポイントであろう。
 例えば、キャップとシールドの確執なども「ほどほど」になっている。原作ではくどすぎるくらい強調されるので、私はこちらの方が好みである。その他にもニック・フューリーの件など、原作を生かしつつ上手に調理ができていると感じられる場面が多かった。一つ一つ上げるとキリが無いので、ぜひとも原作版を読んでほしい。

 では、一つの映画として見るとどうなのか。結論から言うと、個々最近のアクションではピカイチの出来だ。
 前作のようにノホホンとした展開や、時代錯誤なキャラクターが取り除かれ、舞台が現代に移ったことで全体の締まりがぐっと良くなった。
 さらにメインキャストの多くも、以前よりキャラクターになり切れているように思えた。さらには自信の新たな側面を見いだすことにも成功している。スカーレット・ヨハンソンが良い例だ。「アイアンマン2」の頃の彼女は所詮添え物に過ぎなかったが、今回は本来の魅力を遺憾なく発揮している(脚本のおかげもあるだろう)。サミュエル・L・ジャクソンのニック・フューリーもグッと人間味が増した。前半は彼に見せ場が多いことも見所の一つだろう。

 そして何と言っても、クリス・エヴァンスのキャップ。ファンタスティック・フォーの馬鹿げた役回りとは大きく違う。周りの友達のほとんどが亡くなり、愛する人も今では自分の祖母と同世代。そんな彼が自分の信じるものを探そうとするからこそ、ウィンター・ソルジャーとの邂逅は悲しみに満ちている。もちろん、アクションも満載だが。

 今回は小ネタも上手く機能している。エンドロール後も次回作への期待を煽るのにばっちりだ。
 「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」が「アイアンマン」以来のマーベルの単独ヒーロー作品であることは間違いない。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<14年5月のオススメ映画 | TOP | 14年4月公開のオススメ映画>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/723-81c2c431

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント