アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/10/25 (Sat) 未来世紀ブラジル

未来世紀ブラジル


原題   Brazil
公開   1985年
上映時間 143分
製作国  イギリス

監督   テリー・ギリアム
脚本   テリー・ギリアム/トム・ストッパード/チャールズ・マッケオン

出演   ジョナサン・プライス
     キム・グライスト
     ロバート・デ・ニーロ


あらすじ
 20世紀のどこかの国。情報省に勤める下級役人のサムは、テロ容疑者の名前である「タトル」を「バトル」と打ち間違えたミスをなんとかするために試行錯誤していた。近頃サムは、夢の中でナイトの格好をして、美女を助け出すという夢を見ていたが、情報省に抗議に来ていたジルがその美女にそっくりだということに気づく。そして彼の身の回りでもおかしな出来事が起き始めて•••。





評価:5点(5点中)


レビュー
 最近モンティ・パイソンの再結成ライブが話題になったばかりだが、近頃のテリー・ギリアムは「映画監督の」という形容詞がつく方がしっくりするかもしれない。事実、「未来世紀ブラジル」は映画監督としての彼の全てが詰まった映画といっても過言ではない。

 ジョージ・オーウェルの「1984年」に多大な影響を受けていることは明らかだ。主人公はどちらもうだつの上がらない下級役人で、「体制側の人間が、気づいたらアナーキズムの世界に踏み入れている」というプロットも一緒だ。だが、悪趣味さという点ではテリー・ギリアムの方がはるかに上をいっているだろう。極彩色で色付けされた、不愉快なビジュアルはディストピア的な物語に完璧にフィットしているし、妙に格式張った情報省の建物とのコントラストとも相まっている。主人公のサムが見る夢もまた、監督の得意とする分野だ。巨大なサムライとの戦いなど、元パイソンらしいくだらないギャグも多分に含まれていながら、美しくもグロテスクな映像を作り上げている(「動く目玉」などカットされたシーンも多くあるのが残念だ)。

 だが特筆すべきはストーリーだろう。夢の中でしか見たことがない愛する人を助けるために奔走するという、ロマンティックアクションの体裁を取りながら、「自由」を手に入れることの困難さを描いた風刺の側面もある。しかも階層社会の矛盾やご都合主義なテロリズムの解釈など、今に通じる社会への批判が多く読み取れる点も、この映画を不朽の名作にした一つの要因であろう。
 アメリカで一度は変更されてしまった例のラストシーンも完璧だ。非常に後味が悪く、そして物悲しい。「1984年」が描かれた時代である40年代風のビジュアルや曲がその哀愁をさらに強めている。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<ベイマックス | TOP | その男、凶暴につき>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/730-3f2efaef

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。