アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2015/08/29 (Sat) 犬神家の一族

犬神家の一族


英題   The Inugamis
公開   1976年
上映時間 146分
製作国  日本

監督   市川崑
脚本   長田紀生/日高真也/市川崑
原作   横溝正史『犬神家の一族』

出演   石坂浩二
     島田陽子
     あおい輝彦


あらすじ
 製薬業で名を上げた、財界の大物である犬神佐兵衛が莫大な財産を残して亡くなった。互いに反目し合っている遺族たちは遺産をせしめようと、彼の遺言が公開されるのを今か今かと待ちわびていた。そんな中、かの名探偵金田一耕助が犬神家の調査を依頼され、犬神家の本宅のある那須の湖畔へと赴いた。しかし依頼人は何者かに殺害された後であった。さらに佐兵衛の長女松子の一人息子で、出兵していた佐清が顔に重傷を負って帰ってきた。親族が全員揃ったことで遺言状が公開されたが、そこには恐るべき内容が書いてあり、これが惨劇の引き金となったのである。




鑑賞日  8月28日
場所   家
評価   4点


レビュー
 恥ずかしいことに私は金田一耕助シリーズを何一つ読んだことがない。「横溝正史=子供には怖すぎる」という図式が出来上がったまま、気づいたら大人になっていた。よって原作との比較ではなく、あくまで映画としてのレビューとして書いていることに留意してほしい。

 映画を見たことがない人間でも知っているだろう、スケキヨの仮面や水面から突き出た死体の両足など、強烈なビジュアルセンスをあますことなく発揮している。予告編でも「新しい映像の創造」と謳われているが、新しいかはともかくとして、随所に美意識の感じられる映像の作りは見られる。上げたらきりがないが、特に私の目を引いたのは佐兵衛の遺影に向かって座る松子を映したシーンだ。佐兵衛という人間の狂気を、本人はただの遺影にもかかわらず、引きずり込まれるようなカメラワークで表現していた。
 ロケーションもいい。戦後すぐの那須を再現し、湖畔の風景や、今となっては見かけない独特の和洋折衷の様式もまた時代を良い意味で感じさせてくれる。市川崑自身の手によるリメイク版でも、オープニングで金田一耕助が歩く場面は今作の風景をそのままCG処理を施し合成しているというのだから、その影響がうかがえる。

 さて、上に挙げたようにこの映画はどうしても映像面に目が行きがちだが、実際のところ物語自体を引っ張っているのはキャラクターの妙である。自分の家族の利益だけをとことん追求する犬神家の面々や、序盤でしか登場しないのに強烈な印象を残す佐兵衛(三國連太郎が演じているから当然とも言えるが)、そして何と言っても主役の金田一耕助は外せない。
 一見すると彼がいなくても映画が成立するような気がするが、ストーリーのトーンや緩急をつけているのは彼の仕事だ。石坂浩二による、頼りなさげな風貌でいながら時折鋭い眼光を見せる金田一耕助は、コメディリリーフでもありまとめ役でもあるという難役を見事にこなしている。事実、この映画は恐怖描写のみならず、喜劇的なスタイルもまた魅力の一つとなっているのだ。

 しかし時代の流れを逆らうことはできないようで、いただけない部分も多分にある。その一つが時折挿入される風変わりなカットだ。なぜかスチール写真を用いたコマ割りになったり(これは映像が紛失したのかもしれないが、私は真相を知らない)、コントラストの激しいモノトーンの回想場面など、鮮烈な映像美というよりは単にくどい場面も多い。
 プロットにいまいち整合性が感じられないのもミステリーとしては褒められたものではない。これが横溝正史の原作から存在していたのか、映画にする際に翻案を行ったせいでこうなったのかは分からない。だがある登場人物の行動原理や、そのバックグラウンドなどが観客には理解しがたいものであった。

 とはいえ、私自身、最後の展開には驚かされてしまった。「スクリーム」などでも使用された脚本の捻りを70年代に行っていた点は驚嘆せざるをえない。日本人で知らないものはいないであろう「犬神家の一族」は、エンターテイメント性と上質な芸術性を見事に組み合わせた真の大衆映画と言える。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<15年8月公開のオススメ映画 | TOP | サマーウォーズ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/747-386f900d

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント