アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2017/07/07 (Fri) ハクソー・リッジ

hacksaw_ridge.png


原題    Hacksaw Ridge
公開    2016年
上映時間 139分
製作国   アメリカ/オーストラリア

監督    メル・ギブソン
脚本    ロバート・シェンカン/アンドリュー・ナイト

出演    アンドリュー・ガーフィールド
      ヴィンス・ヴォーン
      サム・ワーシントン


あらすじ
 1940年代、ヴァージニア州で生まれ育ったデズモンド・ドスは、国が太平洋戦争に揺れる中、自らも軍へ志願する。しかしながら敬虔なキリスト教徒であるデズモンドは、「汝、殺すことなかれ」という聖書の言葉を信条としており、銃に触れることができなかった。周りからの理解が得られずに葛藤する中、沖縄戦の激戦地である「ハクソー・リッジ」への出兵が決まる。





鑑賞日  17年7月7日
鑑賞方法 映画館
評価    4点


レビュー
 世の中の話題となった事件を起こして以来、すっかり表舞台に立たなくなってしまったメル・ギブソン。とは言っても、『エクスペンダブルズ3』などのアクション映画にはちょくちょく顔を出していましたが。そんな彼の完全復帰を印象付けることになったのがこの『ハクソー・リッジ』です。

 物語の構成自体はオーソドックスな戦争映画と同じです。「幸せに暮らしていた主人公がある日戦地に行くことを決意し、訓練で厳しい上司にしごかれる毎日を過ごしていたが、いざ戦地に行って見るとそこはさらなる地獄だった」というあらすじを基本に、主人公から銃器を取り上げればこの映画の完成になります。
 取り上げる、と書きましたが何も脚本のために創作したと言いたいわけではなく、むしろこの映画は史実にかなり正確に沿って作られたそうです。生前のデズモンド・ドス本人は自らが英雄視されることを望まず、映画化・書籍化の話を幾度となく断ってきたようですが、死後に製作されたこの作品でも彼の遺志は受け継がれています。現に、ドラマチックにするために改変されたエピソードはあれど、彼の行動原理や信条はアンドリュー・ガーフィールドの手によりそのまま息づいています。『パッション』や『アポカリプト』では、自分自身の思想を反映しすぎているとして批判されたメル・ギブソンにしてはこの点が非常に評価できるポイントなのではないでしょうか。きっとここ数年で心情の変化があったのでしょうね。

 とはいえベースが比較的定石通りなので、特に序盤はホームドラマばりのクサい場面の連続です。妻となるドロシーとの出会いの場面などはスパイダーマンの前日談でも見せられているかの気分に陥ること間違いなしです(しかも当時まだ看護師ではなかったドロシーをわざわざ改変してまで描いています)。また、そういった導入部が以外にも長いせいか、セブンスデー・アドベンティストであるデズモンドのバックグラウンドや特殊性は思いの外に掘り下げられないため、あまり宗教に慣れ親しんでいない人にはそれこそ彼がただの頑固者に見えるかもしれません。神への信心と一人間としての心情のぶつかり合いがこの映画のメインテーマであるにもかかわらず、内面的な動きよりも、史実を追うだけの部分があるのは非常に勿体無いでしょう。

 しかしながら、いざ戦地での場面に移ると、メル・ギブソンの監督としての腕がまったく衰えていなかったことに多くの人が気付かされること請け負いです。それどころか、より磨かれていると言っても過言ではないでしょう。あまりにも生々しい戦地の描写は、見ているだけのこちら側も思わず息をするのを忘れるほどの臨場感を持ち、それでいて以前のような過剰な暴力描写は鳴りを潜め、ここぞという場面で不意に画面いっぱいに広がります。それが余計に、戦地という現場の無情さ、苛烈な戦闘で次第に押しつぶされる人間性を克明に描き出し、非暴力を貫いたデズモンドの鋼の精神と明確なコントラストを浮かび上がらせるのです。そしてそれらがリアリティを持って描かれるからこそ、彼のとった行動の素晴らしさを実感し、それが事実であることに再度驚かされます。

 敵味方関係なくできる限りの命を助けたデズモンド・ドスは、真に偉大な人間であり、死後10年以上経った今も、彼の心は宗教をも超えて人々を感服させるのです。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<ジョン・ウィック:チャプター2 | TOP | プーさんとイーヨーのいち日>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/752-86131540

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。