アクセス数

ブログ内検索

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カレンダー

リンク

アンケート

ランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2017/07/19 (Wed) 千と千尋の神隠し

spirited_away.jpg


英題    Spirited Away
公開    2001年
上映時間  125分
製作国   日本

監督    宮崎駿
脚本    宮崎駿

声の出演  柊瑠美
      入野自由
      夏木マリ


あらすじ
 10歳の少女、千尋は両親とともに引越し先へ向かっていた。途中、森の中にあったトンネルを抜けると、そこは人間が来てはならない八百万の神が集う温泉街であった。気づくと両親は豚に変えられ、元の世界へ戻ることができなくなった千尋は、ハクという名の少年の力を借りながら、「油屋」という湯屋で働くことで両親とともに帰ろうとする。





鑑賞日   17年7月14日
鑑賞方法  DVD
評価    5点


レビュー
 この映画が世に出てから既に16年が経とうとしている事実に驚く。それほどに、『千と千尋の神隠し』は色褪せることのない傑作なのである。

 少女の一夏の冒険という、青少年ものとしては定番の形式を持ちながらも、この映画は細部に至るまでオリジナリティに満ち溢れている。唯一無二の世界観や多彩なキャラクターの造形、言葉に頼りすぎない語り口。映画の中では千尋を中心に描かれているものの、彼女が存在していた周囲以外にも世界が存在していることを実感させてくれる。実写でなく、アニメーションで描くことの意義について深く理解しているからこそ成し得る熟練の技だろう。

 構造上のストーリーは意外にも単純であり、子供にも十分理解できるものである。しかし、そこに隠されたテーマ性を垣間見ることのできる年齢に達すれば、大人でも深く頷くような叙情性に気づくだろう。終盤の展開など、この映画のためだけに一冊の本が出るほどに様々な解釈がなされているが、そういった細かなロジックが大事なわけではない。本当に重要なのは、感覚でしか掴むことのできない「成長」を的確に描けている点だ。確かに明確な理由付けがされることなく進んでいるエピソードが多いが、宮崎駿はこれを感覚的な整合性をとることでなんら破綻なく展開できることを知っているのだろう。「説明できない何か」を文章ではなく映像に託すことを理解している人間のみ、この映画を作ることができるのだ。

 現存している多くのアニメとは違い、この映画は観客に媚びることがない(いくつかの憎らしいほど可愛らしいキャラクターを除けば)。各要素がどのように組み合わさり、どのように作用するのか。一人の人間がそれらをコントロールしたのだとすれば、これほど驚異的なことはない。
 エンディングロールが始まるたびに、私も千尋と同じように後ろ髪を引かれる思いで一杯になる。だが彼女と違うのは、この映画がある限り、何度でもあの不思議な世界に私たちは戻ってくることができるのだ。

関連記事
スポンサーサイト

レビュー | trackback(0) | comment(0) |


<<メメント | TOP | 不眠症>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://cubeisstrangenerd.blog111.fc2.com/tb.php/756-6e308883

| TOP |

プロフィール

レビュー評価別(クリックで点数別のページへ)

レビュー評価の基準

5点=最高
4.5点〜3.5点=面白い
3点〜2.5点=微妙
2点〜1点=駄作
0.5点〜0点=ゴミ。 

カテゴリー

最新記事

最新コメント